忍者ブログ   
HOME ∥∥ admin
  元FF11アレクサンダー⇒シヴァで活動するLS『LittleBrownJug』所属・Choro(シヴァではChoroc)の不定期更新日記です。 2013年9月より、FF14フェンリルサーバー「ChoroCalico」でのプレイ日記になりました。
                       
   
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   
   
   
                       
   
2:00〜5:00のメンテがあった。メンテ明けといえば普段縁のないHNM達が一斉にPOP対象になるチャンスである。前にもこのチャンスでロランベリーのシムルグを狩った事があるLBJ。今回はベヒーモスの縄張りにいるベヒーモスにチャレンジしてみよう、という事になった。

ベヒーモスの縄張りは大勢がHPの拠点としているジュノから非常に近く、さらに初期に実装されたHNMでありレベル75が最高の現在では少人数でも狩れる事から多くの人が挑戦しにくる敵である。ジョブの構成によってはかなりの少人数で狩れるらしい。今回はメンテ前にログインしたのが遅く、既にほとんどがログアウトしてしまった後にログインしたので、メンテ明けなんか狩ろう〜と呼びかけることができなかった。なのでリアフレであるDekuとPorojr、Choroの3名で忍吟赤、というジョブ編成で現地でログアウトしたのだ。

少人数で狩れるらしい、とは言うものの、チョロはベヒーモスとなんて戦った事はない。かろうじてあるのが「キングベヒーモス」が実装された時にその場にいる人全員で救援要請を出して倒したお祭りに参加したくらいである。唯一Porojrだけが以前友人に手伝いを頼まれて3人で倒した事があるらしい。その時の構成は忍白吟(←Porojr)だった、というのである。ただし、この時Porojr以外の二人はHNM狩りに慣れまくっている二人だった。

今回はDeku忍(初めて)Choro赤(初めて)Porojr吟(2回目)という面子。大丈夫なんかよ・・・と不安に思いながらも全員サポ戦で挑発で釣ることに決めていた。ベヒーモスとの戦いは釣りに勝てるかどうかが勝負といっても過言ではないからだ。

ところで、このベヒーモスのような24時間POPのHNMは前回死んだ時間の3時間前から死んだ時間までに沸くと決まっている。そしてメンテ明けだけはログインできるようになってから3時間以内に沸くのである。でも、いつ沸くかはわからない。シムルグの時も挑発連打に飽きた面子は池で釣りをしたりモルボルを倒したりして遊んでいた。ずっと挑発を押しているのはしんどいし、3時間もやってられるわけないよー!というのがHNM狩りの印象だったのだが、今回画期的な情報をゲットしたのだ。

3時間以内に沸くのはそのままだけど、なにやら30分おきにPOP判定がある、というのだ。メンテ明け以外なら前回死んだ時間の3時間前から30分おきに3時間以内に沸く。つまり7回のPOPタイムがあり、他の時間遊んでいられるというのだ。3時間ずーっと挑発連打していないといけないと思って萎えていたのが、30分ごとに一瞬だけ緊張して挑発連打していればいい、という事がわかってかなり気楽になった。

ところで今日はメンテ明け。前回死んだ時間=サーバー稼動スタート時間、である。そこでなされた会話はこんなものだった

P「デクちん何時に入れた?」
D「4:50くらいかなー」
C「チョロはいってすぐデクちん入ってきたよ」
P「じゃあ4:45くらいからカウントやな!」

こうして4:45を基点として30分ごとに挑発連打しよう、という事になったのだ。メンテ明けで少しズレがあるだろうから5~10分くらいは頑張って挑発連打しよう、となって残りの20分は休憩タイムとなった。ベヒーモスの縄張りには雷エレが沸くので、狩りたくてウズウズしていたチョロはこの休憩タイムに張り切ってエレ狩りをしていた。

ログインしてきたMyfavoritething(吟) Obsidian(狩) Bibby(赤)も加わって1PTが完成していた。そして挑発連打タイムが終わって20分の休憩タイムに入ったので、端っこのほうに沸いていた雷エレをMyfavoritethingが1匹、チョロが1匹それぞれ狩っていた。Porojrはお腹が痛いと言い出してトイレへ行っていた。Obsidianはエレ狩りに加わりに端の方へ走ってきていた。Dekuは元の位置のまま休憩していた。Bibbyはその前から全くしゃべっていなかったので寝ちゃったのかな?とか言っていたその時、BibbyのHPがなんか少し減ったな〜とチョロは思った。あっちにもエレ沸いたのかな?でもこっちに2匹いるのにもう1匹沸くんだっけか?とか思って「ビビーなにと戦ってんの?」とタイプしている最中に・・・・・・・・・・・・

B「つった」


B「連続魔 クマ出現!」

えっ?えっ?

ベ、ベヒモス沸いた・・?え?休憩じかn・・え?え?

C「デクちーーーん!

C「ポロー!沸いたー!ビビーが釣ったよぅ〜〜!はよ戻ってー(リアル)」
P「えっ・・ちょっ・・・・(リアルトイレから)」

こうして、勝手に決めたサーバー稼動時間からカウントしていた勝手に決めたポップ時間は見事にはずれ、一人頑張って挑発連打をしていたBibbyが見事ベヒーモスを勝ち取ったのだ。周りにはかなりの人数が同じようにスタンバイしていたのにPTメンバーが全員遊んでいたLBJのBibbyが釣り勝ったのだ!

チョロまだエレと戦闘中・・・どどどどうしよう!魔法で急いで殺さないと・・・BibbyのHPがモリモリ減っては回復している。連続魔で仲間が駆けつけるまでの窮地をしのいでいる。

D「とれた」

離れた所にいたDekuが気づいて急いで駆けつけてタゲをBibbyからはがした様子。チョロは慌ててストーンを連打してエレを倒して現場に向かった。

と、横と見たら赤ネームの雷エレが追ってくる。
チョロのは倒したはずなのに〜。さてはMyfavoritethingがララバイで寝かせてそのまま現場に向かったな?!

現場には大勢の人がいた。ベヒーモスは見事に赤ネーム!Bibbyすごい!!!

C「ね、ねえエレどうしよう」
P「チョロソロで倒してきて」
C「わかた」

エレの始末へ向かおうと思ったら、エレはいつの間にかピンクネームになっていた。どうやらララバイしたMyfavoritethingがベヒーモスへターゲット移動をしたから黄色ネームになって誰かが取ってくれた様子。助かった、ありがとう〜〜!

そこからは本当に必死で戦った。Dekuにヘイストだけは切らさないようにして、弱体はBibbyが完璧にかけてくれていたので任せる事にして撃たなかった。たまにグラビデだけ撃ったけどBibbyのがちゃんと入っていて、効果なしのログがむなしく流れていた。


Obsidianにタゲがいくとあっという間に真っ赤になる。いくら格下になったHNMとはいえ、油断はできない。そしてHPがめちゃくちゃ多い!吟遊二人で歌を4曲かけてDekuが避ける避ける!中々安定した戦いが繰り広げられていた。でも、なんかめっさ重いよ〜〜〜!

C「重くない・・・?」
P「周り人多いw」
D「なんかカーバンクル呼び出してる人とかおるやんけー」

なんで戦ってるベヒモスに重なるようにして立つ人が多いのか!そしてそこで召喚獣を呼ぶ意味はなんなのかー!落とそうとしてるのか?とか悪い方に勘ぐっちゃうじゃないかよ〜ヽ(`Д´)ノ

HNM狩りの厳しい現実を見せ付けられながらLBJは頑張った。そしてベヒーモスのHPはジワジワと減り、とうとう地面に崩れ落ちたのだ!

「やったー!」
「初めて戦った!」
「ビビーえらいぞー!」

そして初めて戦ったベヒーモスがだしたのは、両手槍(名前忘れた)とベヒーモスの皮2枚だった。槍は安いらしいので適当にロットして、皮は売り上げをワリカンすることになった。ジュノに帰って早速相場チェック。

「うわあああああああああああ」
「ちょっとちょっと、1枚400万うわーーーーーーーーーーー」
「ひ、ひとりいくらっすか?!」
「100万こえるキャーー!」
「在庫ない!在庫ない!」
「と、とりあえず1枚出すわ・・・」
「な、なんか買おうかな!最近何でも値上がりばっかだし・・・」←チョロ

−−−−− 興奮した雑談で5分経過 −−−−−

「皮売れてるわけですg」
「えっ?」
「はえーーーー!!!!」
「風魔買っちゃった(*'-')」←チョロ
「そっちもはえーーwwww」

「落としたのさっき現場にいた人だ」
「そこにいてるやん。とりあえずお辞儀しとけって」
「ありがとうありがとう」

こうしてチョロは風魔の脚絆を購入した。今モンクのレベルが32なのだけど、夢想阿修羅拳目指してモンクをあげてみようかな、と思っているからである。モンクの先輩に聞くと「落人はAF1とどっちを選ぶかは個人の趣味。だけど風魔は一生装備」と聞いたからだ。落人も風魔もDekuが「貸してあげるよ」と言ってくれているが、一生装備を借りる事はできないのでいつか買おうと思っていたものだった。

それにしてもベヒーモスを釣った瞬間のBibbyの対応には本当に感心した。見る見るうちに減っていくHPを見てチョロは慌てるばかりだったが、Bibbyは即連続魔を発動して自分の体制を整えていた。あれが出来ていなかったら、きっとBibbyはすぐ死んでしまってベヒーモスは黄色ネームになって取られてしまっていただろう。チョロにはあんな判断は出来ない。きっとDekuが立っていた場所へ向かって慌てて走るのがオチである。

連続魔、チョロはまだ一度も「上手に使えた」と思う使い方をしたことがない。メインが黒だから、赤で出撃する時はどうしてもヒーラー寄りな事が多いチョロだけど、赤が出来る事の可能性はチョロの今の知識より、きっともっともっと広く大きい物なんだろうな、とBibbyを見ているといつも思う。最近やっと赤でソロ活動を楽しむ事が増えてきたので、赤の時は赤として最高の動きができるようにいつかなりたい。Bibbyの行動はいつもお手本でありチョロの憧れである。でも、まず治すべきはチョロの中の人のテンパり性だったりして・・・・(;'-')

初めてのベヒーモス討伐。慣れている人には雑魚なHNMかもしれないけど、とても楽しかった。とりあえずお約束の円陣勝どきをあげて、今日のチョロ・ログアウト。
PR
   
   
            
この記事にコメントする
   
name
title
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
  
        
         
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
   
        
  
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

FF11-漂流者
神の声
  • 第六百七十五話:書くよりログイン
    ちょろ(11/13)
  • 第六百七十五話:書くよりログイン
    どら(07/27)
  • 第六百七十四話:表示しない、という選択
    tokiwa(12/19)
  • 第六百七十四話:表示しない、という選択
    次郎(11/19)
  • 第六百七十三話:鋭利すぎる杖
    Kag(11/16)
  • 第六百七十三話:鋭利すぎる杖
    次郎(11/15)
  • 第六百七十二話:ギルドひきこもごも
    次郎(11/10)
  • 第六百七十一話:激闘!カッターズクライ
    Bafo(11/07)
  • 第六百七十一話:激闘!カッターズクライ
    白蘭(11/06)
  • 第六百七十一話:激闘!カッターズクライ
    third(11/05)
リンクについて
当Blogはリンクフリーです。

リンクしてくれた場合、報告してくれるとすごくウレシいです!
報告はコメント、非公開コメント共に大歓迎ですが、極度の照れ屋さんはメールフォームがサイドバーの一番下にあるので是非ご利用ください。
秘密の儲け話も大歓迎(*'-')

↓はバナーです。ご自由にお持ち帰りください!

チョロのヴァナ・ディール漂流記 チョロのヴァナ・ディール漂流記 チョロのヴァナ・ディール漂流記 チョロのヴァナ・ディール漂流記

Special Thanks!
ミスラ吟遊詩人日記:ヨーデル様
バナー作成有難うございました。
TBP


Powered by BlogPeople















チョロにメール
ブログ内検索
コミュニティサイトリンク
  
       
+++ Powered By 忍者ブログ +++
Copyright (C) チョロのヴァナ・ディール⇔エオルゼア漂流記 ++ Template Designed BY (C) Pavloba
+++ 忍者ブログ [PR]
 +++