忍者ブログ   
HOME ∥∥ admin
  元FF11アレクサンダー⇒シヴァで活動するLS『LittleBrownJug』所属・Choro(シヴァではChoroc)の不定期更新日記です。 2013年9月より、FF14フェンリルサーバー「ChoroCalico」でのプレイ日記になりました。
                       
   
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   
   
   
                       
   
プロマシアミッション第四章『礼拝の意味』に関する日記です。

最近チョロはモンクのレベルを張り切ってあげている。この日もログインして装備を整え、ジュノへ行ってPTを作成しようと準備を進めていると

Bati「今からPM行ける人挙手〜〜」

という声がLSに響いた。BatiはチョロとPM進行速度がちょうど同じ相手である。次のPMは前のPMが終わった後に少しだけ礼拝堂を探検しに行った時に出会ったあの教授である。このPMに必要なアイテムをチョロは丁度持っているし今日はモンクはお休みしてそっちに参加しよう、と参加希望を表明した。その時LSに居て集まったメンバーはギリギリ6名だった。

Gyaban(ナ)
Bati(シ)
Bibby(赤)
Porojr(吟)
Gapuel(白)
Choro(黒)

「ナシ吟赤白黒」
「最強くさいね」
「Quin、これで行けるよね、行けると言っておくれ!」




Q「逝ける逝ける!(´∀`)」

QuinはPMを大分先まで進めているメンバーで、いつもネタバレ未満のアドバイスをくれる相手である。そのQuinからのこのPMに関するアドバイスで珍しく何度も言っていたのが

Q「悪い事は言わないから視線は消しておけ」

というモノだった。視線というのはプロマシアエリアにいるフォモルタイプの敵を倒すとたまるもので、ジラートでいうトンベリの恨み、みたいなモノである。トンベリの恨みはクエストでお金を払って解除できるが、この視線はミザレオ(ルフェーゼでもいいのかな?)の獣人を倒すことで解除できるというモノだ。自分に視線があるかどうかはタブナジアの町にいるNPCが教えてくれる。

今回のPMメンバーは視線の解除の為に獣人狩り、なんてしたことないメンバーだったので当然視線たまりまくり、の予定だった。ところが!先日ミザレオで畳盾のNM6連戦をしたときにTPをためるために巨人を狩りまくっていたのが幸いして全員視線がない状態だったのである。ヤッター!手伝うよ〜、と言ってくれる経験者のメンバーもいたが、せっかく未クリアだけでこれだけの人数が揃ったので未クリアのみで手探りで進んでみたくてお断りする事にした。

礼拝堂で全員の到着を待っている間にChappie(暗)Deku(モ)Obsidian(狩)もログインしてきた。
DekuとChappieはこの間の畳盾に参加していたので偶然視線がなかったが、Obsidianはつい先日友人のサブリガ取りを手伝ったらしく視線がたまっているとのこと。でも5時が限界のメンバーもいたのでObsidianは視線を持ったまま赤で来てもらい、スニを切らさず戦ってもらうことにして急いで出発した。(到着したObsidianは赤の準備をしていると相当な時間がかかってしまうので結局狩人で来ていたのだが、この時Obsidianが狩人で来たのは神の啓示だったのかも知れない事件が勃発する)

Obsidianを待つ間、先に行っていたメンバーは教授の取り巻きの骨を倒して強さをみたり、箱を発見して開けたりして教授の部屋の寸前で遊んでいた。そしてObsidianが礼拝堂に突入した時の曜日はソロではみんなと合流できない曜日だったのだ。

タウロスを倒さないと合流できないのでPorojrが迎えに行った。Gyabanも一緒に行った。残りのメンバーは取り巻きの骨のところでおしゃべりをしていたのだけど、Obsidianを迎えに行ったPorojrのHPが見る見る減って行く。隣の画面を見るとなにやら色々リンクしている・・・。

「耐えて〜〜」
「ララバイで耐えてー!」

みんな一斉に助けに行ったが途中でPorojrが死んでしまった。ララバイを失った現場は即全滅だった。生命感知の敵ばかりなので掃除をしようとそこにいたホネと戦闘を開始したら・・・・

盾のいないPT、全員のHPを白に保つことは難しく後ろにいたホネがリンク。ララバイがないので寝ない寝ない・・・寝ない!!!慌ててPorojrにレイズして衰弱のままララバイを歌うPorojr。衰弱でリキャストが長くなっているので1回のレジストであっという間に死んでしまう。

「影縫いで」
「みんな離れて〜」
「抜刀解除!」

Obsidianの影縫いで貴重な時間を稼いで、Porojrのゾンビアタックでホネを寝かす。何とか1匹は倒したものの、蘇生が中々うまく行かない。MPが足りなくてホネ相手最強のモンクのDekuがすぐに死んでしまう。現場のすぐ後ろには見破るタウロスが徘徊し、少し先には生命感知、さらに聴覚感知のゲイザーまで近所にいる、というキツいキツい戦闘だった。一時は全滅かと思われるほどの状態だったが、長い長い時間をかけてなんとか蘇生に成功し、Mummy討伐に成功した。ここ最近で一番熱い戦い戦いだった。

「やったあああ!!!」
「勝てた!!!」
「これでもうPMクリアでええやろ〜〜」
「初期のイフ釜くらい熱かった・・・」

この礼拝堂のミッションに吟遊詩人はあまり役に立てない、なんて噂を事前に聞いていたがあえて言おう!PM礼拝の意味、LBJが行く場合は吟遊必須!!!!吟遊が役に立てない噂の理由は礼拝堂を徘徊する敵のフォモルに歌がレジストされやすい事から囁かれている噂だが、今回に関しては本当に吟遊必須だった・・・。

こうして一行はやっと本番に向かった。取り巻きのホネはあっけないほど弱く、そしてあの熱い戦闘の後に緊張してはじめた教授との戦いを終えてわかった事は


「口ほどにもないな」
「よし、これでハッキリわかったことは、Mummy>>>教授ってことやな」
「間違いないね」

戦闘シーンの解説を書く気にもならないほどあっけなく教授は沈んだ。なにやら魅了を何回かして来ていたが特にピンチになる事もなくあっさり勝ってしまった。こんな事ならMummyに2hアビを使えばよかった!


教授から手に入れたカギと、事前に取っておいたカギの2種類のカギを持って鍵穴が2つある扉へ向かう。鍵穴に紋章の種類が書いてあるのでおなじ種類のカギを使うとドアが開いた。この辺りにはフォモルがウジャウジャいるのでObsidianのスニだけは絶対切らさないように気を付けて進んでイベントが発生。Bibbyが違う扉へ行ってしまってそこはタウロスだらけだった、という救出劇もあったが何とか全員イベントを見終えた。

チョロはこのミッションの目玉は教授との戦闘だと思っていたのだけれど、何やら続きがあるような展開である。毎週ミラテテの為にチョロが回っている6つの部屋全てにあって「何だろう?」と思っていた???の謎が今日解けそうな感じ。

???に入っている物を取ってこないといけないという話の流れになって探しに行く。この6つの部屋にはフォモルがめちゃくちゃたくさんいるのでObsidianの精神的緊張はMAXになっていた。

1つ目の部屋:ナシ
2つ目の部屋:ナシ
3つ目の部屋:ナシ
4つ目の部屋:敵登場


オバケ登場!!!なんかたくさん。チビオバケとでっかいオバケ!とりあえずでっかいオバケに集中して戦闘開始。Obsidianだけはスニを切らすと部屋中のフォモルが大集結してしまうのでスニは絶対切らさないようにしながら状況報告をしてくれていた。


このオバケ、戦っているといきなりワープするのでタチが悪い。スリプガもしてくるのでみんなで分けた毒薬をガブガブ飲む。仲間と同じ姿をしたフォモル達がウロウロしているのでターゲットするときに間違いそうになってしまう。バラードを聞きに行きたくてもバインドだったり、と中々うまく動けない。


そうこうしているうちに、突然フォモルたちが動き出した。うわ・・・誰か誤爆したか?!と思ったがObsidianのスニが切れてしまった様子。Obsidianは速やかに端っこで死亡しそのまま戦闘は続いた。

MPが相当きつい戦闘だったが何とか撃破!急いで???を調べてObsidianの蘇生である。生命感知がキツいので距離を測りながら2度目の蘇生で成功。

「急いで〜〜」
「この???調べてー!」
「うお・・・」
「ちょ・・・・・・」
「まじかよーw」

この時チョロは部屋の外でヒーリングしていた。何が起こったのか・・・?

「見つけました!Old Professor Mariselle」

な、な、なにぃ〜〜〜〜!!!!!
蘇生に少し時間がかかってしまったからなのか、一度部屋を出てしまったからなのか、トラクタでエリアチェンジした扱いになってしまったのか、理由はわからないが、とりあえずまた敵が出てしまったのである!

2hアビもさっきの戦闘でほとんど使い果たした、MPも蘇生作業でスカスカ、心の準備皆無、の状態で

「やるしかねーだろう!!!」

Batiの号令の元、熱い戦闘が再び始まった。もう毒薬もない。とりあえずObsidianのトラクタを完了させ、周りが安全な時に蘇生をした。毒薬がないから敵との距離に気を付けてギリッギリの戦いを繰り広げた結果、絶対無理だとぶっちゃけ思っていたが勝ててしまった。


「オブさんもうすぐ!部屋入ってきて〜」
「やばい、衰弱なおりそう・・・」

部屋の中で衰弱が治ってしまうと生命感知でオダブツである。ダッシュで机の???を調べてダッシュで部屋の外へ!部屋をでてすぐ衰弱がなおり、本当にギリギリだった。

G「もう10分ももたない・・・落ちる」

Gapuelが弱弱しい声をあげた。トラブル続きで相当な時間がかかっていて時間は既に5時を過ぎていた。眠さ限界である。

「次のイベントで最後だから!」
「頑張れーーー!一人だけ未クリアなんてイヤだぁぁ〜」

コールでGapuelを激励しながら次のイベントを見るために進んだ。Obsidianの生命感知が治った時に部屋の外で絡んできたフォモルを1体倒したので、全員が視線アリの状態になっていた。スニをかけて慎重に移動。

そして扉を開けて・・・イベントを見て・・・・・

波乱万丈なPM『礼拝の意味』コンプリーーート!礼拝堂最強の敵は「Mummy」である、と言うことが確定した日だった。

各自それぞれ続きのイベントを見に行ったり、その場で崩れるようにログアウトしていったりした。最後に絡まれたフォモルから必要アイテムである『珊瑚の紋章のカギ』が1つドロップしたので、次にこのPMをやるメンバーがもしお手伝いを募集していたら持参することが出来る。EXRAREアイテムだけど、誰が取ったか忘れちゃったな、この日のメンバーの誰かが1つ持っているはずである。

未クリアメンバーへのお土産も出来たし、1つ1つのミッションを思い出たっぷりにクリアしていっているな〜と感じてとても楽しい1日だった。終わってから「チョロ、日記に書き切れないな」と笑われた。そして書きながらかなり色々な場面を端折ったつもりなのにでもこの長さ。でもこの長さこそが自分楽しんだ証だと思うと自分は幸せモノだな〜とウレシくなる。

とっても楽しくてそして心地よく疲れたので、次のイベントは明日みることにして今日のチョロ・ログアウト。
PR
   
   
            
この記事にコメントする
   
name
title
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
  
        
         
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
   
        
  
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

FF11-漂流者
神の声
  • 第六百七十五話:書くよりログイン
    ちょろ(11/13)
  • 第六百七十五話:書くよりログイン
    どら(07/27)
  • 第六百七十四話:表示しない、という選択
    tokiwa(12/19)
  • 第六百七十四話:表示しない、という選択
    次郎(11/19)
  • 第六百七十三話:鋭利すぎる杖
    Kag(11/16)
  • 第六百七十三話:鋭利すぎる杖
    次郎(11/15)
  • 第六百七十二話:ギルドひきこもごも
    次郎(11/10)
  • 第六百七十一話:激闘!カッターズクライ
    Bafo(11/07)
  • 第六百七十一話:激闘!カッターズクライ
    白蘭(11/06)
  • 第六百七十一話:激闘!カッターズクライ
    third(11/05)
リンクについて
当Blogはリンクフリーです。

リンクしてくれた場合、報告してくれるとすごくウレシいです!
報告はコメント、非公開コメント共に大歓迎ですが、極度の照れ屋さんはメールフォームがサイドバーの一番下にあるので是非ご利用ください。
秘密の儲け話も大歓迎(*'-')

↓はバナーです。ご自由にお持ち帰りください!

チョロのヴァナ・ディール漂流記 チョロのヴァナ・ディール漂流記 チョロのヴァナ・ディール漂流記 チョロのヴァナ・ディール漂流記

Special Thanks!
ミスラ吟遊詩人日記:ヨーデル様
バナー作成有難うございました。
TBP


Powered by BlogPeople















チョロにメール
ブログ内検索
コミュニティサイトリンク
  
       
+++ Powered By 忍者ブログ +++
Copyright (C) チョロのヴァナ・ディール⇔エオルゼア漂流記 ++ Template Designed BY (C) Pavloba
+++ 忍者ブログ [PR]
 +++