忍者ブログ   
HOME ∥∥ admin
  元FF11アレクサンダー⇒シヴァで活動するLS『LittleBrownJug』所属・Choro(シヴァではChoroc)の不定期更新日記です。 2013年9月より、FF14フェンリルサーバー「ChoroCalico」でのプレイ日記になりました。
                       
   
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   
   
   
                       
   
火山の奥にトロールの王がいる。

ビシージに来る事で有名らしいが、LBJはビシージで出会う前にコイツに火山の奥で会っていた。

1回目は発見⇒即特攻
ボコボコにされる、という表現がこれほどしっくり来る事もないんじゃないか、というくらいボコボコにされた。

何度かリベンジしているが、結果は全て敗退。
でも過去に1度だけ、「惜しい」と思える戦いをした事もあった。
その時は王のHPあと1cm以下まで減らすことができた。

トロル王は『@1cm』になっても「後少しだ」とは思えないほど固く厳しい相手である。
だから「もう少しで倒せた」のではなく「惜しい」という感想だった。
体勢が崩れずにあのまま続けれたら倒せたかもしれないのに…そんな感想だった。




そしてこの前、裏LS:LOSTexpの面々とトロル王に会いに行ってきた。
その日は裏のエリアが全て埋まっており、どこのエリアにも突入できないという事態だった。
その日の活動をどうするかをLSメンバーにアンケートをした結果

「なんかNMボコりにいこう!」

に決まって、有志でトロル王に会いに行く事になったのだ。

一旦白門に集まり、道に詳しい人の引率で火山の奥へ。
王がいる門を開けるカギは、前回のリベンジで既に取得しており、カギを持たされていたタクちゃんは

Takuro「やっと使える…」

と喜んでいた。

トロル王070325-1ちなみに王のいる門は、入り損ねると内側からは開けれない。
入り損ねたら『死』⇒『トラクタ』が待っている。

全員の点呼をして、ドアオーポン!


いたいた…。
いつ来ても誰に狩られる事もなく鎮座しているトロル王。

今までの経験で得たコイツとの戦いの知識は

・精霊ダメージ&連携ダメージ吸収のアビがある。
・上記のアビは結構頻繁に使ってくるので、基本的に精霊攻撃禁止。
・釣ったら側近4人を呼ぶ。しかも倒してもまた沸く。エンドレス。
・石化のアビがある。
・範囲のなんかスゲーウザいアビがある。(色々状態異常)
・スタンが通らない。
・ボスの台座の下にいる雑魚もめっちゃ強い&見破り。



って感じ。
なのでボス班と側近マラソン&雑魚殲滅班に分かれて戦う。

下の雑魚を全て掃除するとなると相当な人数が必要。
今回の人数だと全て掃除はしきれないだろう、という事で向かって右側だけを掃除して、左側は一切使わずマラソンすることとなった。

トロル王070325-2最初の釣りは、数ヶ月ぶりにFFに復帰したQuartz。
いきなりのスパルタリバビリである。

普段はカレーパンマン鎧を愛用している王子も、この時は白い鎧に身を固めていた。


こうしてトロル王リベンジ作戦スタート!

トロル王との戦いは、忍耐の連続である。
たくさんの状態異常。
連携を封じられているので大きくHPバーが減る様子を見る事もない。
ひたすら耐えて、ジリジリ、ジワジワと削るだけである。

盾ジョブ達は仲間のケアルを一身に受けて、ひたすら耐える。
30人弱の人数がいるというのに、誰も言葉を発する事がない。
みんな必死である。

チョロはこの日は赤でボス班に参加。
盾の強化、補助に張り付いていた。
敵を見ないで、画面を壁に向け、出来るだけ重くならないよう、出来るだけすばやく動けるようひたすら盾を守っていた。

こうしてジワジワ削っていき、半分を超え、これはもしや、とみんなの心に希望が灯りだした頃、マラソン&掃除班の悲痛な声が聞こえてきた。

「そっちはダメー!」
「絡まれたらそこで死んでー!」
「あぁぁああぁああぁあ!」
「寝かしちゃった…」
「これはマズい」
「もう無理ー!」
「ヘルプください」


使用しない予定だった、向かって左側の雑魚トロルに絡まれる事件発生。
ボスの台座はうっかりすると左側に落ちてしまう造りな上に、王には強烈なノックバック攻撃がある。
範囲をくらって左側に落ちてしまったのかもしれない。

『左側を使わない』という作戦はボス班には伝えられていなかったので、落ちた人はそのまま殲滅班に助けを求めた。

トロル王070325-4助けを求める仲間を見殺しにする訳にもいかず、左側の雑魚の掃除も兼ねる事を余儀なくされたが、すでに何名かの衰弱者を抱えながらの戦闘だった殲滅班は、殲滅班の戦力が足らなくなってしまった。


メイン部隊のうちの1PTが殲滅班に移動。
戦力が薄くなったボス班は、削るというよりは『なんとか持っている』だけの状態となってしまった。

続々と衰弱が増えていく。
側近のマラソンが追いつかず、ボス班の後衛にタゲが移る。
各自が必死に自分の出来る事をしていた。

チョロも側近のうちの1人のタゲをとってしまったのでマラソン開始。
テンパって走り回っていたら、今度は自分もまんまと左側に落ちてしまった…。

下には他にも落ちて動けなくなっている人が何名か衰弱回復を待っていた。
前線に戻る道の真ん中に仁王立ちする雑魚トロル(とてとて)達。

トロル王070325-3「ダッシュするから、その隙に通って!」
何名かの衰弱は治り出していたので、囮として走って、その隙に『落ちちゃったチーム』を前線に誘導することに成功。



しかしどちらの班も壊滅っぷりがひどく、王のHPは@5mm以下の状態で既にキープも不可能な状況になってしまった…。
悔しいぃぃいいいいぃいいぃぃぃぃ(´;ω;`)


今度は…今度は言える。

「もうちょっとだったのに!!!!!!!」

今回の敗因は、双方の班の作戦を全員に通達、浸透させていなかったこと、かもしれない。
『左に落ちちゃったらトラクタで引き上げ』
もしくは
『レイズができて、かつ殲滅班に影響のない場所で死ぬこと』
を徹底していたら、殲滅班の壊滅はなかったかもしれない。

いやでも…、後半のトロル王のアビは非常にウザく、範囲静寂やヘヴィなどを連発してきていた。
仮に殲滅班のトラブルがなかったとしても、まだまだ恐ろしい展開が待ち受けているのかもしれない。

でも、戦い方は間違っていないはず!
殲滅班にもう少し人数を割く事が出来る人数が集まれば、より楽になれる。

「早くリベンジしたい!」
「また裏にいけない週があったら来ようか!」
「来週行く!」
「……w」
「裏も行こうよ…」


全エリア埋まっちゃって裏に行けないのは、とっても胃が痛い事なのだけど、なんだかちょっとだけ次の機会が楽しみになって、今日のチョロ・ログアウト。
PR
   
   
            
この記事にコメントする
   
name
title
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
  
          
 
無題
分かりやすい実況中継どうもどうもです!
そんなに大人数でも大変なのですね〜

一度くらい経験してみたいです!
倒すと何かすごいドロップとかしたりするんでしょうか?
やんぼう URL 2007/04/10(Tue)08:24:28 コメントの編集
     
              
 
無題
ほんっとコイツだけは!
やりごたえありますよ〜!

ドロップについては全然知りません…w
トロルNMはどうせ炎クリじゃね?とか思ってます(´∀`)
ちょろ URL 2007/04/10(Tue)18:22:12 コメントの編集
     
              
 
無題
いつも楽しく拝見させていただいております。
グーフールーはビシージでしか見たことないのですが、
ノーマル状態でも鬼ツヨなのですね……

あと、重箱の隅を突付くようですが、
設定上、そいつはいわゆる「王」ではないようですよ。
百人隊長とか。本当の王はどんな強さ((((;゚Д゚)))
通りすがりさん 2007/04/11(Wed)09:54:22 コメントの編集
     
              
 
無題
はじめまして!
ほんっと鬼ツヨなんですよ〜。

ていうか、王じゃなかったんですか!
もう私たちの間では「トロル王」って呼んじゃってるのにぃ〜!
しかも百人隊長って…w
一体どこに王がいるのか、恐ろしいですね〜(・_・;)
ちょろ URL 2007/04/11(Wed)18:37:11 コメントの編集
     
            
         
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
   
        
  
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

FF11-漂流者
神の声
  • 第六百七十五話:書くよりログイン
    ちょろ(11/13)
  • 第六百七十五話:書くよりログイン
    どら(07/27)
  • 第六百七十四話:表示しない、という選択
    tokiwa(12/19)
  • 第六百七十四話:表示しない、という選択
    次郎(11/19)
  • 第六百七十三話:鋭利すぎる杖
    Kag(11/16)
  • 第六百七十三話:鋭利すぎる杖
    次郎(11/15)
  • 第六百七十二話:ギルドひきこもごも
    次郎(11/10)
  • 第六百七十一話:激闘!カッターズクライ
    Bafo(11/07)
  • 第六百七十一話:激闘!カッターズクライ
    白蘭(11/06)
  • 第六百七十一話:激闘!カッターズクライ
    third(11/05)
リンクについて
当Blogはリンクフリーです。

リンクしてくれた場合、報告してくれるとすごくウレシいです!
報告はコメント、非公開コメント共に大歓迎ですが、極度の照れ屋さんはメールフォームがサイドバーの一番下にあるので是非ご利用ください。
秘密の儲け話も大歓迎(*'-')

↓はバナーです。ご自由にお持ち帰りください!

チョロのヴァナ・ディール漂流記 チョロのヴァナ・ディール漂流記 チョロのヴァナ・ディール漂流記 チョロのヴァナ・ディール漂流記

Special Thanks!
ミスラ吟遊詩人日記:ヨーデル様
バナー作成有難うございました。
TBP


Powered by BlogPeople















チョロにメール
ブログ内検索
コミュニティサイトリンク
  
       
+++ Powered By 忍者ブログ +++
Copyright (C) チョロのヴァナ・ディール⇔エオルゼア漂流記 ++ Template Designed BY (C) Pavloba
+++ 忍者ブログ [PR]
 +++