忍者ブログ   
HOME ∥∥ admin
  元FF11アレクサンダー⇒シヴァで活動するLS『LittleBrownJug』所属・Choro(シヴァではChoroc)の不定期更新日記です。 2013年9月より、FF14フェンリルサーバー「ChoroCalico」でのプレイ日記になりました。
                       
   
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   
   
   
                       
   
過去戦績NM:北グスタベルグに突撃した。(のは今から数週間前…。)
実装されてから、素材がウハウハであることやオーグメントが想像以上に良いことから結構流行っている過去戦績NMだけど、この北グスタの情報だけが異常に出てこなかったのだ。

デスを使う敵がでる、という事だけわかっていて、その他の情報は戦利品も含めて全然出ていなかった。
コレは行くしかない!という事で、グスタがバス支配になった週に速攻でトライ。(したのは今から数週間前なので、今は色々情報がでておりますよ!)




場所は過去北グスタの滝の上。
OPSテレポで飛んで、崖を登って町がある方のマップの北の方だ。
随分眺めの良い場所で、滝の迫力が満点!

どんな編成が良いのかわからなかったので、精霊、青魔法、遠隔、物理が全部いて、回復と補助に赤と白、というメンツで挑んだ。

出てきたのはピクシー。
スリプルもララバイも効くには効くけど、すんなり通るという感じではなく、レジストもチラホラ。
で、ボスは全く寝てくれない。
さらにボスには、名前を忘れたけど、範囲技でせっかく寝かせているお供をまとめて起こす技がある。

だから出来るだけボスと離れた位置でお供を寝かしたいんだけど、問題点がある。
過去戦績NMはBCではなく通常のエリア上で戦うため、POP地点を中心に戦闘可能エリアが設定されている。
そこから出てしまうと警告がでて、一定時間内に戻らないと戦闘権利が無くなってしまうのだ。
で、この北グスタのNMは戦闘可能範囲がめちゃくちゃ狭い。
これはこのNMと戦う上で、ボスが使うデスよりも厄介な問題となる。

敵のPOP地点が滝の真上で、崖のギリギリの位置。
これにより、普通なら戦闘可能範囲が下の図の緑で囲んだ範囲のように円形で存在するところが、崖、川などにはばまれて緑で塗りつぶした範囲でしか戦えないのだ。
これが本当に狭くて辛い。




ボスから離して寝かそうと少し離れるとあっと言う間に戦闘エリア外になってしまうのだ。
だからボスからお供を離す事が難しい。
ボスの範囲睡眠起こしをくらいながらの戦いとなる。

最初の悲劇は割と序盤に起こった。
お供との戦闘の間ボスを引いていたPorojrが、ボスの攻撃で死亡。
そしてそれが戦闘エリア外での死亡だったのだ。

死んだ瞬間警告がでる⇒起きる⇒あんたもう戦闘参加ダメー!という表示がでて愕然…。
こうして戦力を1名失った。

それでもなんとかボスを引きながらお供の殲滅に成功!
ちなみにお供がいる間はボスはデスを使ってこない。
いや、攻撃したら使ってくるのかもしれないけど、少なくともマラソンで引いている間は使ってこなかった。

いよいよボスとの戦闘になり、デス避け合戦がはじまった。
デスは詠唱が見えてから超絶反応でダッシュで逃げれば回避することができる。
魔法とか唱えてたら絶対回避は無理なので、諦めて1でも多く削る努力をしたほうがいい。




そして超絶反応で逃げた場合にも罠が存在する。
逃げ切れたらいいのだけど、逃げてアウトだった場合。
これがまた戦闘エリア外で死にやすいのだ。

デス⇒ダッシュ⇒あーーダメだった⇒デスで死亡⇒起きる⇒アンタもう戦闘参加ダメー。

これが続出!
なんせ、死んだ時に戦闘エリア外でしたーが本当に多いのだ。
しかも死んでから言われるもんだからどうにもできない。

こうして、1人また1人と参加できる戦力を失っていって、とうとうボスと戦えるのは3名ほどになってしまった。
結局初トライはそのままデスに1人ずつ殺されて敗退。
悔し涙を飲んだ。

でも、わかった事がたくさんあった。
まずはこの戦闘エリア外対策をする事。
そしてピクシーは筋肉祭りで戦う相手だということだ。

魔法があんまり効かなくて、物理がすごくよく通る。
侍/踊で来ていたタクちゃんは脅威の粘りと削りを見せていた。
この日は筋肉はタクちゃん1人だったので、筋肉をもっと集めれば絶対勝てる!というのがみんなの感想。
次回は筋肉大集合で来よう!と決めてその日は終了した。




そして後日、筋肉編成でリベンジ!
自分ももちろんモンクで参加。

デスも、少しでも反応が遅れたら諦めて死んで起きた方が戦闘権利を失うよりよっぽどいいので、むやみに逃げる事はしないで戦った。




その結果、かなり余裕で勝つ事に成功!
もちろんデスをくらいながらなので死者はでるけど、おきながら戦っても十分いける。
物理はW衰弱がないしね!


戦利品の報告もまだ全然ない時期だったので、かなりドキドキしながら箱をあけた。
出てきたのは、なんかショボいオーグメントがついたエボニーワンド。
ガッカリ……(´;ω;`)




自分達は、この北グスタの過去戦績NMは、てっきり戦闘がすごくキツくて勝てないから報告がないのかと思っていた。
だから「何回負けても勝つまでやるぞ!」とめちゃくちゃ燃えていたんだけど、こんなにアッサリ勝ててしまった。

つまり、報告がなかったのは単にこのエリアが人気なかっただけなのね…。
このエリアが人気ないというより、75制限エリアの装備や素材がすごく良いから、流行っているのはそれらのエリアだけで、過去戦績NM全般が流行っていたわけではなかった、という感じか。

でも今はネット上で、この北グスタのNMからシルククロークに【INT+5 MND+5 リフレシュ+1】というオーグメントがついた装備が出たという報告がある。

付加ステもさることながら、リフレつきというのもかなり良いんじゃないの?!
しかし【リフレシュ+1】とは微妙な表示。
+1ってなんやねん?
この胴単体でリフレ性能があるんじゃなくて、魔法のリフレを貰った時に通常より1多く回復するって意味だったら泣けるなぁ…。

【+1】表記の謎を解明するためにも、やっぱりまた北グスタにトライせねば!と思いつつ、今日のチョロ・ログアウト。
PR
   
   
            
この記事にコメントする
   
name
title
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
  
          
 
無題
北グスタの所にそんなのがあったんだ~
そうゆうの疎いから知らなかったな~
女将 2009/05/14(Thu)16:46:00 コメントの編集
     
              
 
無題
滝のことかしらん?
この滝は現代もあるよ~。

ダングルフを抜けていくとめっさすごい滝みれるよ!
ちょろ 2009/05/15(Fri)04:35:17 コメントの編集
     
              
 
無題
初めて滝の裏側に行ったときの感動をもう一度!
らぞー 2009/05/16(Sat)20:41:08 コメントの編集
     
              
 
無題
まだ1回も行った事がない人とか、いそう!
ちょろ 2009/05/17(Sun)20:56:46 コメントの編集
     
            
           
  
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

FF11-漂流者
神の声
  • 第六百七十五話:書くよりログイン
    ちょろ(11/13)
  • 第六百七十五話:書くよりログイン
    どら(07/27)
  • 第六百七十四話:表示しない、という選択
    tokiwa(12/19)
  • 第六百七十四話:表示しない、という選択
    次郎(11/19)
  • 第六百七十三話:鋭利すぎる杖
    Kag(11/16)
  • 第六百七十三話:鋭利すぎる杖
    次郎(11/15)
  • 第六百七十二話:ギルドひきこもごも
    次郎(11/10)
  • 第六百七十一話:激闘!カッターズクライ
    Bafo(11/07)
  • 第六百七十一話:激闘!カッターズクライ
    白蘭(11/06)
  • 第六百七十一話:激闘!カッターズクライ
    third(11/05)
リンクについて
当Blogはリンクフリーです。

リンクしてくれた場合、報告してくれるとすごくウレシいです!
報告はコメント、非公開コメント共に大歓迎ですが、極度の照れ屋さんはメールフォームがサイドバーの一番下にあるので是非ご利用ください。
秘密の儲け話も大歓迎(*'-')

↓はバナーです。ご自由にお持ち帰りください!

チョロのヴァナ・ディール漂流記 チョロのヴァナ・ディール漂流記 チョロのヴァナ・ディール漂流記 チョロのヴァナ・ディール漂流記

Special Thanks!
ミスラ吟遊詩人日記:ヨーデル様
バナー作成有難うございました。
TBP


Powered by BlogPeople















チョロにメール
ブログ内検索
コミュニティサイトリンク
  
       
+++ Powered By 忍者ブログ +++
Copyright (C) チョロのヴァナ・ディール⇔エオルゼア漂流記 ++ Template Designed BY (C) Pavloba
+++ 忍者ブログ [PR]
 +++