忍者ブログ   
HOME ∥∥ admin
  元FF11アレクサンダー⇒シヴァで活動するLS『LittleBrownJug』所属・Choro(シヴァではChoroc)の不定期更新日記です。 2013年9月より、FF14フェンリルサーバー「ChoroCalico」でのプレイ日記になりました。
                       
   
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   
   
   
                       
   
ZNM:雄魂のブーボーロー。
こいつとやる事になったのは、既にその日別のZNMに2つも行った後の午前3時。
それまでフルアラで遊んでいたんだけど、何名か落ちてフルアラちょい欠けくらいの人数だった。

せっかくまだ人数がいるからもう1個くらいステップ3に挑もうか。
でも、時間も時間だし、弱そうなのがいいよね。
ステップ3に弱いのなんているのかな、なんて話をしながら、どれに行くかを選んでいた。

「ラミア、オサーン、アンコウ、ワモ」
「どれも一癖ありそうだなーw」
「あ、トロルもいける」
「トロルにすっかー?」
「トロル、筋肉だし、単純そうだもんね」
「うんうんw」
「脳筋だもんな。」
「んじゃステップ3トロルいくから、みんなハルブーンにワーポね~」


こんな軽い気持ちで挑んだのだ。
ちなみにこの日一緒に遊んでいたのは、LBJと、山楽のところで佇んでいたところを無言で拉致ったウンババ、白門にソロでいるという理由だけで無言拉致のユキトシさん、暇してるとのことで序盤から一緒のニョッキ、コルセアAFクエをしにいくところを捕獲されたyocとシファさん、途中でyocが捕獲してきたハチさん、深夜にログインしてきてまんまと拉致されたタクちゃんなど、色々な友達が入り混じったアラだった。

場所はハルブーンの高架になっている所。
メリポPTが対象にしそうな強いトロルがうじゃうじゃしている。
しかもフィールドなので倒しても5分ポップ。
なので、絡まれたらその時の状況によっては寝かせてキープしよう、という事になっていた。

高架の隅っこの、とりあえずトロルが沸かない場所で戦闘する事に決めて、いざトレード!

ボワワワワワワシュバ!

((((゜Д゜;))))ギャーー!!
本体以外に雑魚がいっぱい沸いたよーーー!!!

無駄に長い名前のボス以外に、3匹の雑魚が同時にポップ。
雑魚はそこまで強くないけど、でも弱いわけでもない。
とりあえずボスは盾にまかせて雑魚から処理するものの、倒しても倒してもあとからあとから沸いてくる。
しかも、寝ない!

ボスと盾を引き離して処理しようとするけど、もちろん普通の雑魚も沸いて来てaddしてくる。
普通の雑魚は寝るので、寝かせて対処するけど、とてもとても追いつかない!
マラソンしたいけど、高架を降りても雑魚トロルだらけの場所。
どどどうしたらいいんだ!!!

ボスの方は、攻撃の追加効果にスタンがあるとのことで、盾が悲鳴をあげている。
かろうじて西に雑魚トロルがポップしない一帯があったので、雑魚トロルはそっちへ持っていて寝かし続け、衰弱はさらにその裏でヒーリング。

そんな事を続けていたんだけど、もうジリ貧。
順番に盾が没り、他のメンツで何とか保っている間に盾復活⇒また没、の繰り返し。
睡眠を担当する魔道士たちも、MPが枯渇してきて思うように動けない。

そして半壊。
NMはタゲが切れてポップ地点へノソノソノソ…。
えーーい、消してなるものかーー!!!と無謀にもバイオを入れ走り出し、洞窟に差し掛かった所で後から殴られて没。
しかし、そのすぐ後で、Porojrの得意の影縫い⇒衰弱マラソンが実行され、NMは遠くに連れ去られた。

Porojr「ゼオルム一周してやる!!!」

NMは洞窟を抜けて遥か彼方へ。
その間に衰弱を治そうとみんなで休んでいたんだけど、Porojrの悲鳴が…。

Porojr「あああまちがえたああああああああああ。」

一気に0になるPorojrのHP。

Porojr「ケルベロスの方きてもたああああ」

NMはきっとタゲがきれてこっちに戻ってくるだろう。
しかし、さっきの場所は雑魚が絡みすぎてどうしようもない。

「この洞窟前で戦ってみようか」
「洞窟の中に入るとスライムがいるけど、さっきの場所よりはマシかもね」


こうして、戦いの場所は洞窟前の狭い一画に移された。
確かにさっきよりはマシだけど、少し下がると雑魚トロルはウジャウジャいるし、洞窟にはスライム。
画期的に良くなったワケではなかった。

タゲがきれて戻ってくる間に、当然NMのHPは満タンまで回復してしまっていた。
チクショー!
でも、めげない!!!

今度は召還トロルが沸いたらすぐにスタンなどでタゲをとってバインドしてみた。
タゲを持ったまま、後の雑魚に絡まれないように距離をとってみる。
しかしあいつらの大砲ザッカーラ(?)は、自動追尾機能がついている様子。
角を曲がって着弾してくる。
それでもストンスキンを張っていれば2発くらいは耐える事が出来るし、張替えも無理ではない。
そうして3つのうちの1つのタゲを持っている間に、誰かももう1つのタゲを持ってくれて、残りの1つは盾以外で全力で倒す、という感じで過ごしていった。

でも、この方法だとNM本体を削る事がほとんどできない。
維持に精一杯になってしまう。
さらに後の雑魚もaddしてしまったりしてジリ貧となり、1人、また1人と倒されていってしまった。

もう何回目か数え切れないほどの半壊。
半壊というか、みんなリレ完備すぎるから全滅しないだけで、衰弱まみれのアライアンス。

「食事もリレグッズも全部尽きてもーた…」
「おなじく…」
Porojr「これは…諦めるしかないのか…」


筋肉Pからもこんな発言が飛び出す。
自分の心が折れているわけじゃない。
でも、周りの心が折れているんじゃないだろうか、という不安が飛び火する。
既に死んだまま寝落ちしている人も数名いる。
みんな色々限界なんじゃないだろうか…。
そんな想いが「諦める」という選択肢に近づいていく。

今思うと、きっとみんなが「自分はいいけどみんなはもう辛いんじゃないかな」と思っていたんじゃなかろうか。
だって、実際は誰の心も折れていなかったんだから!




色んな意味で危機的状況だったのを打開したのは、ハチさんから飛び出した一言だった。

ハチさん「赤なら召還トロル1つ引けると思う。」

ハチさんはこの時は黒で来ていた。
でも、赤に着替える事が可能だから、行って来ると言う。
言うがはやいか白門に戻っているハチさん。
諦める気などサラサラないこの言葉と行動に勇気付けられた一行は、にわかに活気を取り戻す。

再びPorojrによるゼオルム1周マラソン開始!
Uluzが併走しながら周りの状況を克明に実況している。
今度は道を間違えない。

Porojr「こんなとこまで引っ張ってこれた~~。ここなら他のが絡まない。みんなここにきてー!!!」

それは、火山マップの一番東にある、L-6のペンギン広場。
ペンギンはノンアクだから、雑魚トロルにビビルことなく、大きく場所を使って召還トロルをマラソンできる。

問題はマラソンする赤魔道士の数だ。
盾を放置するわけにはいかない。
うーんうーん、と唸っていると

Porojr「チョロ赤とかどうなの」

という言葉が飛んできた。
あ!忘れてた。赤になれること(;゜д゜)

普段のチョロだと「でもマラソン自信ない……」と発言するところだ。
しかし、このときの自分はなんの根拠もなく強気だった。
OKと二つ返事で白門に飛んで、赤に着替えて戻ってきた。

ハチさんは先に着替えて火山に舞い戻り、現地へ着く前にイモムシに絡まれていた……。
カッコいいんだか悪いんだかわからないヒーローである。
だがそこがいい!
そしてハチさんは、周りを巻き込まない位置で死んで、すぐにHPに戻っていった。

「ちょ、ハチさんHP戻ったの?」
「みんなもうすぐつくのに~」
ハチ「待ってる時間がもったいない!」


なんというマゾ気質勇者。
ハチさんとは今までも数回一緒に遊んだ事があったけど、これまで以上にプレイスタイルの共感を覚えながらみんなペンギン広場に到着!

「うわ、エレがいる……」

広場に浮かぶ土エレ。
エレがいたのでは魔法を詠唱できない。
なんてこった……ここまできて……!!!
と思ったけど、天候はすぐに変わり、土エレは消えてくれた。
流れはこちらにあり、ということか!

召還トロル3匹を、Porojr、Choro、ハチさんの3名でマラソンし、残りは全員でNMに総攻撃!

「イイヨーー!」
「これまでになく削れてる!!!」


召還トロルは、マラソンしていても再召喚される。
するとマラソンしているのは消えてしまうので、再度本体の所にそれぞれトロルを取りに行ってマラソン、という感じで順調に進んでいった。

しかし、簡単には終わらせてくれなかった。
今まではたぶん狩人タイプだと思う召還トロルだった。
でっかい大砲ばっかり撃ってきていたから。
だからこそ、チョロ赤でのマラソンも余裕だった。

しかし、突然召還してくるトロルのタイプが明らかにかわったのだ。
物凄く大きな武器を両手でもっている。
こいつ、ビシージでみたことあるよ!!!

「ちょ、明らかに強そうなのが…」

コイツの攻撃が強烈だった。
ハンマーゴーラウンドというなじみのない技を繰り出してきて、さらにヘイトがなんだかおかしい。
間違いなく自分をタゲって走っていたはずなのに、突然違う方向へ行ってしまう。
なんかの技にヘイトリセットでもあったのかなぁ。

そしてドロップハンマーという攻撃がめっちゃくちゃ痛い。
ランナーが続々と没り、本体の赤と激しく入れ替わりの指示が飛び、必死のマラソンが続く。

「ああああああああやべえええ、夜うううぅ」
「オバケーー!!!!」
「段差上にオバケわいたあああ」
「気をつけてー!段差上アウトねーー!」


この局面でオバケが沸くとは…。
しかし段差上を使わなくても広場は十分に広かったので、元気なメンツで何とかマラソン&攻撃!

そして戦闘開始からおそらく3時間以上が経過した朝6時すぎ…。
雄魂のブーボーローは地面に崩れ落ちた。

やったあああああああああああああああ!!!!!!!!!

znmトロル080629-1.jpg


3時間以上も戦っていたのに、SSが勝利後に慌ててPorojrが撮影したこの1枚しかないという事実が、どれだけ怒涛の戦闘だったかを物語っている。

ドロップアイテムは
■アイスグリップ
20HPをMPに変換 氷属性魔法命中率+2
Lv70~ All Jobs

■オラクルグローブ
防18 HP+15 MP+25
弱体魔法スキル+5 ヒーリングMP+2
Lv72~ 白黒吟召


上記の2点。
両方とも、中々に良いもの!
悩みに悩んで、チョロはオラクルグローブの方にロットインし、ゲットすることができた!
アイスグリップはクレさんの元へ!

今まで黒の弱体装備に手の着替えはなかったので、これで1つ強化された。
しかしスリプルマクロの行数が足りないぞ!うれしい悲鳴である('∇')

みんなグッタリなはずなのに、興奮さめやらぬ状況で色んな話をした。
ペンギン広場に出てからは、かなり安定した戦闘だったので、次は最初からあの作戦で行けば随分楽になりそう!

そして誰かが言った。

「トロル筋肉だから、楽そうって言ってたよね…」
「ドキー!!」
「言ってましたね!w」
「だ、だってみんな同意してたじゃん!!!」


そう、「トロル筋肉だから」発言をしたのは自分である。
でもほら!「単純」だったのは間違ってなかったでしょ!!
ただ、ポップ地点の場所が悪かっただけなんだ…、ね?

戦いながら有効な作戦が見付かっていく感覚は本当に楽しい。
今回のハチさんの一声は、作戦を生み出しただけでなく、みんなの気持ちや状況も一変させた鶴の一声だったと思った。

「トロルは楽そう」発言から逃げる為に、光の速さでコロセウムに逃げ込んで、今日のチョロ・ログアウト。
PR
   
   
            
この記事にコメントする
   
name
title
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
  
          
 
無題
暇してたので言誘い【やったー!!】って感じでした!
気付いたら目の前にクォさんが立ってたのでビックリしましたがw

前半戦は久しぶりにちゃんと盾役をやったなって気がしました。
雑魚召喚をしっかり抜いてもらえてたので、防御ダウンの後なんちゃらとかいうでかい蝉貫通技で1600ダメとか来なければがっちりキープ出来たんですけどね~!
ご丁寧に技前にしっかり「ためる」もやってるしorz

アプカル広場に場所を移してからの後半戦は逆にタゲが取れずエル爺役立たず…w
でもまぁ倒せてよかった!楽しかったです。また機会があったら是非お誘い下さいね:-)

Yukitoshi 2008/07/03(Thu)09:00:59 コメントの編集
     
              
 
無題
ちくしょ~( iдi )
あの後こんなことになっていたのか・・・
くやしいです。
A級寝落ち戦犯ニョッキです。
4時半までの記憶しかなかった・・・あの日。
最後まで頑張りたかったなw 
アイテムよりなによりその場にいたかったw
とにかくおめでとうでしたъ(`ー゜)
ニョッキ 2008/07/03(Thu)09:43:03 コメントの編集
     
              
 
無題
わぉー
かなり厳しいんだねー
宝くじの券が無くなったから花鳥風月できるじぇw
女将 2008/07/03(Thu)12:21:38 コメントの編集
     
              
 
無題
3時間の激闘で終わったのが6時って・・・
みんないつ寝てるのよ!(論点はそこk

垢でマラソンはやってみたかったけど
3時間とか先に心が折れるな、私の場合は

なんにせよ撃破&オラクルグローブゲットおめでとう!
魔法命中+4のゴリアードカフスよりちょい上なのかな?弱体に関しては
hmp+2はスバラシイ性能なのでウラヤマシス
ジェラ 2008/07/03(Thu)13:38:49 コメントの編集
     
              
 
無題
■ユキトシさん
前半戦の盾役の壮絶っぷりはやばかったですね…!
しかし、タゲを取れないから役立たずなんてこたーないのです!
私自身は、後半戦は走りっぱなしだったので、実は本体の様子は全然知らなかったりします…w

また行きましょう!
無言誘いするけど、居留守禁止ね!(´∀`)

■ニョッキ
あんな時間だしね!
仕方ない。

他にも寝落ち戦犯はたくさんいたのでお気になさらず~!
またあそぼー!

■女将さん
いや、戦い方がわかればそこまで厳しい相手でもないとおもうよ!
わかるまでが楽しい、ともいいますが(*'-')

■ジェラさん
この日は土曜日(戦闘開始は日付的には日曜日)だったので、みんな眠い目こすって必死に頑張ってくれたのかも?
私は元々生活スタイルがドラキュラの明け方プレイヤーなので、この時間帯は普通にゴールデンタイムですけどね!

こんな長時間の激闘は、今だけじゃないかな~。
戦い方がわかるまでの貴重な体験でしたw

ゴリアードシリーズは持ってないのでちょっとわからないけど、手の弱体は今まで所持してなかったのでウレシイです!
しかし、この装備、赤は装備できないのですよ~~。
黒用の弱体装備として活躍中です!
ちょろ 2008/07/03(Thu)19:23:25 コメントの編集
     
              
 
無題
祝、五百話です(*'ω')ゞ

毎回ちょろさんの冒険はスケールでかいので、最近超ライトプレイヤーな私には、新鮮です。
六時間とか…気力がもたないかも(苦笑)

これからも頑張ってくださいな。
最終ステップまで早くいけるとよいですねo(`▽´)o
すのう 2008/07/04(Fri)07:32:03 コメントの編集
     
              
 
無題
ああああああああああああああああっ!!!!!

ごごごごご五百話ああああああああああ!!!!

言われて思い出した。
毎回100話おきに「思ひ出〇」という記事をかいていたのにいいいいいいい。
やっべ、マジ忘れてて普通に過ぎてしまった~~。

スケールがでかい、ように書いているだけなので、実際はただの死体祭りですよ!w
ちょろ 2008/07/04(Fri)10:36:40 コメントの編集
     
              
 
無題
…やっぱり忘れてたんだ…(´д`)ぼそっ

お疲れっぽいですからな…あんな内容の後ですし…

五百一話、楽しみにしておきます(笑)
すのう 2008/07/04(Fri)12:13:38 コメントの編集
     
              
 
無題
( ´∀`)書きたいことがいっぱいで
500話もスルーしちゃったんだな、そうだなっ

熱かったね~!
経験値をあれだけロストしたのは、たぶん初めてだった!
なんの情報もない状態からの攻略は
だれかの一言が勝因につながることって多いよね!
その場にいない人の素朴な一言とかw

そしてわたしも、ss1枚もないという不思議
yoc 2008/07/04(Fri)21:45:07 コメントの編集
     
              
 
無題
■すのうさん
いやーほんと「第五百話」ってタイトル書いてるときも思い出さないって重症ですなー。
SSこまめにとって(自分の中では)こまめに更新するようになってから、100話が早くて…それがきっと原因だ!(言い訳)

■yoc
なにっ!
あのロスト初めてだと?!

じゃあこれから無言で誘われたら9割あんな感じだから、覚悟しとくように!( ̄ー ̄)

ハチさんの一言は、ちょろホントに感動したんだよ!
作戦を思いついたとか、その内容とかじゃなくて、あの場の空気を変えてくれたことに!

またいこうね。居留守使うなよ。
ちょろ 2008/07/05(Sat)08:10:50 コメントの編集
     
              
 
無題
おー!
【両手】装備おめでとう(゚∀゚)
最近毎日花鳥風月のシャウト聞くようになったし、随分流行っているのかのぅ

しっかし、その【グリップ】全属性存在するのかなw?
属性杖と属性グリップで袋いっぱいじゃねwwwwwww
オプチのトリガみたいに1個に合成できればいいのになぁw

れい 2008/07/05(Sat)16:54:46 コメントの編集
     
              
 
無題
グリップ、全属性あるんですよ……。
すごく良い性能だからウレシイんだけど、こういう属性関係全部集めちゃうと、杖8本、グリップ8個、帯8個とか無理だよバカーーーッ!

なんでカバンって容量が増えても増えてもすぐいっぱいになるんでしょうね?w
ちょろ 2008/07/06(Sun)20:32:09 コメントの編集
     
              
 
こっそり(´ー`)
激しく亀コメ。
オヒサデス。
たまたま参加させてもらった戦闘が記事になってたので、読んでたら、ヒーロー扱いされててウレシハズカシ。トリガー失う寂しさは何度味わっても慣れないからねぇ('Д')

でも、マラソンの可能性を見出したのはPoroとChoroの二人の行動と言動なのは間違いなし。そしてめげなかったみんなのお陰~。(ねみーのに余計な事イウナヨって反応があるかドキドキしてたのはナイショダヨ?)

経験値では計れない経験ができたのはうれしかったですよん。また機会があったら遊んでねー(´ー`)ノシ
蜂の人 2008/07/17(Thu)13:37:27 コメントの編集
     
              
 
無題
おおぅ!
見に来てくれたとは感激デス!

時間もすごくかかってて、さらに明け方で、もう諦めねばならないのかな…と弱気になったとこであの大逆転は、本当にうれしかった!
またあそぼー!!
ちょろ 2008/07/17(Thu)19:07:50 コメントの編集
     
            
           
  
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

FF11-漂流者
神の声
  • 第六百七十五話:書くよりログイン
    ちょろ(11/13)
  • 第六百七十五話:書くよりログイン
    どら(07/27)
  • 第六百七十四話:表示しない、という選択
    tokiwa(12/19)
  • 第六百七十四話:表示しない、という選択
    次郎(11/19)
  • 第六百七十三話:鋭利すぎる杖
    Kag(11/16)
  • 第六百七十三話:鋭利すぎる杖
    次郎(11/15)
  • 第六百七十二話:ギルドひきこもごも
    次郎(11/10)
  • 第六百七十一話:激闘!カッターズクライ
    Bafo(11/07)
  • 第六百七十一話:激闘!カッターズクライ
    白蘭(11/06)
  • 第六百七十一話:激闘!カッターズクライ
    third(11/05)
リンクについて
当Blogはリンクフリーです。

リンクしてくれた場合、報告してくれるとすごくウレシいです!
報告はコメント、非公開コメント共に大歓迎ですが、極度の照れ屋さんはメールフォームがサイドバーの一番下にあるので是非ご利用ください。
秘密の儲け話も大歓迎(*'-')

↓はバナーです。ご自由にお持ち帰りください!

チョロのヴァナ・ディール漂流記 チョロのヴァナ・ディール漂流記 チョロのヴァナ・ディール漂流記 チョロのヴァナ・ディール漂流記

Special Thanks!
ミスラ吟遊詩人日記:ヨーデル様
バナー作成有難うございました。
TBP


Powered by BlogPeople















チョロにメール
ブログ内検索
コミュニティサイトリンク
  
       
+++ Powered By 忍者ブログ +++
Copyright (C) チョロのヴァナ・ディール⇔エオルゼア漂流記 ++ Template Designed BY (C) Pavloba
+++ 忍者ブログ [PR]
 +++