忍者ブログ   
HOME ∥∥ admin
  元FF11アレクサンダー⇒シヴァで活動するLS『LittleBrownJug』所属・Choro(シヴァではChoroc)の不定期更新日記です。 2013年9月より、FF14フェンリルサーバー「ChoroCalico」でのプレイ日記になりました。
                       
   
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   
   
   
                       
   
Conron「もう交換した、後にはひけん、ひけんぞー!」

明け方、PTは6名。
わんこ(Conron)がZNMステップ2の【アナンタボガ】のトリガーを交換した。
なんでこの敵を選んだんだったかなぁ。
とりあえず「やったことないやつ」というという選択理由だったと記憶しているが、なんせステップ2。

過去にステップ2にはそこそこ苦戦させられている上に、アイテムの説明を見ると、出て来るのは明らかにドラゴン。
全く歯が立たないんじゃないか、という不安があったのだけど

Conron「ちょっとみてしまった。たぶんいける」

という情報の内容を明かさない謎の言葉を発し、6名での特攻を決めた。
これは楽しい戦闘になりそうだ!
わんこの発言はきっとネットで何らかの情報を見たという意味だろうし、それを見た上で6名でもいける、と確信ができたんだ、とこの時みんなが思っていた。
内容を言わないのは、言ってしまうとつまらないと考えたんだろう。
事前に伝えておかないと勝てないというほどの情報ではないと判断したからだろうな、という事で誰も内容については質問しなかった。




現場には案の定雑魚(?)赤ドラが2匹。
ドラ同士はaddしないだろうとは思うけど、普通に絡まれるので危険な場所。

Conron「それじゃいきまーーーーー」

赤ドラ登場!
赤ドラは負の歌を歌った。


「ぎゃーーーーーーーーーーーー」
「あぁ、これがあった」
「忘れてた!!!」
「知らなかったわ!!」


いきなり窮地に追い込まれる6名。
幸いエリアが近いので、一人を残してみんな一旦エリアで回復。
そこにはソロでワモラ王子を狩っている黒さんがいたんだけど、エライ騒ぎですいません!!

赤ドラは詩人の様子。(出てきた瞬間わかったけど…)
ひっきりなしに歌を歌うので、足は遅い。
マラソンは可能だけど、歌う歌がきつすぎる!
かといってサイレスをいれてしまうと、今度は歌わないので足が速く攻撃が痛い…。
歌わせてマラソンか、歌を封じて一斉攻撃か、究極の2択…。
相手の強化を消したり、こちらの回復を待ったり、と全く削る余裕がないままなんとか衰弱を乗り切ったところで……

「うおあああああああああああ」
「ちょ、ちょっとおお魅了ーーー!!!!」


ヴィルレーを歌う赤ドラ。
魅了されるメンバー。

「魅了されたー!寝かせてーーー!!!!」

正直開始1分で「これは無理じゃないか」と思った。
しかし、マラソンが有効な相手は、これまでことごとくなんとかしてきたので、必死で現状打破の解決策を模索し『私達【エリアジャンプします】大作戦』が決行されたのだ。
エリアが近い、これがこのZNMとの戦いの、最大のキーポイントとなった。

ドラznm080623-1.jpg


自分は黒だったので、エリア⇒精霊⇒エリアの繰り返し。
しかしこれも石化やボディプレスを食らうとひとたまりもないので、確実に安全とはいえない。
ターゲットコールを頻繁に流して、自分の名前が出ている場合はエリアもしくはみんながいる方とは逆走!

みんながこれを繰りかえし、洞窟前でギャーギャーやっている横で、ソロの黒さんは淡々とワモラ王子を狩っていた…。
マイペースな方でよかったわ(´∀`)

エリア作戦が確立されてからは、割と順調に削れていった。
運悪くブレスに巻かれない限りは、ダメージはよく通る。
そして、開始1分で絶望した赤ドラZNMになんとか勝利したのだ!

アイテムはトリガーアイテムのみのスカだった。
でも、素晴らしい達成感!!!
しかし、気になる事がある………それは

「ねぇ、わんこ」
「なんだ」
「情報みてしまった、って言ってたやろ」
「う、うん」
「いったい何を見てきたんだよ!!!!」
「真っ先に驚いて真っ先に弱音吐いてたじゃねーか!」
「wwwwwwwwwwww」


開幕で負の歌を歌われた時、真っ先に「ええええええええええええ????」と言ったのはわんこ。
ヴィルレーで魅了されまくりの絶望的状態になったとき「これはだめだなああああああああ」と真っ先に弱音を吐いたのもわんこ。
明らかに「これ、俺知ってたけど言ってなかっただけ」という反応ではなかったぞ!!!

何をみて何を確信して特攻を決めたのかは未だに謎だけど、ものすごく楽しかった(´∀`)

エリア作戦が確立されたし、この赤ドラの難易度は結構低い感じがする。
チョロも火山のステップ1の大事なものを持っているし、また挑んでみようかな!

ZNMは、初回は阿鼻叫喚だけど一度行くと有効な作戦がみつかるものが多く存在するように思う。

しかし、その初回の楽しさがプライスレス!
1回こっきりの貴重な楽しさ。

しかし、ZNMのドロップは結構いいと思ってたのに、最近スカが多いなぁと思いながら、今日のチョロ・ログアウト。
PR
   
   
            
この記事にコメントする
   
name
title
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
  
          
 
無題
>>「真っ先に驚いて真っ先に弱音吐いてたじゃねーか!」
このフレーズで思いっきりフイタww
しかし、なんだかんだで勝っているのがすごいねー

それにしてもヴィルレーはPCサイドだとダメダメなのに
モンスが使うと凶悪だよね
そのために実装したのだろうか・・・
ジェラ 2008/07/10(Thu)23:06:59 コメントの編集
     
              
 
無題
ほんっと、マジでなに見てきたんだよ、と問い詰めたんですが吐きませんでした。

負けてる回もありますよ!
例によって記事にできてませんが、この前はラミアEXに惨敗しました…。
マラソンできない相手にどうも弱いですw
ちょろ 2008/07/12(Sat)14:15:03 コメントの編集
     
            
           
  
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

FF11-漂流者
神の声
  • 第六百七十五話:書くよりログイン
    ちょろ(11/13)
  • 第六百七十五話:書くよりログイン
    どら(07/27)
  • 第六百七十四話:表示しない、という選択
    tokiwa(12/19)
  • 第六百七十四話:表示しない、という選択
    次郎(11/19)
  • 第六百七十三話:鋭利すぎる杖
    Kag(11/16)
  • 第六百七十三話:鋭利すぎる杖
    次郎(11/15)
  • 第六百七十二話:ギルドひきこもごも
    次郎(11/10)
  • 第六百七十一話:激闘!カッターズクライ
    Bafo(11/07)
  • 第六百七十一話:激闘!カッターズクライ
    白蘭(11/06)
  • 第六百七十一話:激闘!カッターズクライ
    third(11/05)
リンクについて
当Blogはリンクフリーです。

リンクしてくれた場合、報告してくれるとすごくウレシいです!
報告はコメント、非公開コメント共に大歓迎ですが、極度の照れ屋さんはメールフォームがサイドバーの一番下にあるので是非ご利用ください。
秘密の儲け話も大歓迎(*'-')

↓はバナーです。ご自由にお持ち帰りください!

チョロのヴァナ・ディール漂流記 チョロのヴァナ・ディール漂流記 チョロのヴァナ・ディール漂流記 チョロのヴァナ・ディール漂流記

Special Thanks!
ミスラ吟遊詩人日記:ヨーデル様
バナー作成有難うございました。
TBP


Powered by BlogPeople















チョロにメール
ブログ内検索
コミュニティサイトリンク
  
       
+++ Powered By 忍者ブログ +++
Copyright (C) チョロのヴァナ・ディール⇔エオルゼア漂流記 ++ Template Designed BY (C) Pavloba
+++ 忍者ブログ [PR]
 +++