忍者ブログ   
HOME ∥∥ admin
  元FF11アレクサンダー⇒シヴァで活動するLS『LittleBrownJug』所属・Choro(シヴァではChoroc)の不定期更新日記です。 2013年9月より、FF14フェンリルサーバー「ChoroCalico」でのプレイ日記になりました。
                       
   
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   
   
   
                       
   
ヌンというZNMがいる。
アラパゴ系のステップ3の敵だ。
アラパゴステップ3と言えば、思い出すのは過去に2回戦って敗退⇒辛勝のラミアEX。
ヌンは過去に1回やった事があるんだけど、本当に弱かった。
負けてしまった1回目のラミアの前に行ったんだけど、漂流記の記事にする気も起きないほどの雑魚。
なにか気をつけることがあった記憶もなく、ただ殴り倒した印象。
LSでも

「ヌンはまじウンコだな」
「適当でいけるね」
「なんであれがステップ3なんだろ?」
「ステップ2のサマリリと立場変えたほうがいいよね」


とボロクソに言われていた。
そして先週、ビビーが集めてるステップ4キマイラのトリガを取るべく、またヌン⇒ラミアのコースへ挑む事にしたのだ。

最初に殴子とタクちゃんのトリガでザリクル先生をしばいた後、みんなで移動してヌン⇒ラミアへ。
前回辛勝しているラミアに向けて、3人ほどジョブを変えに一旦街に戻っていた。
ヌンのための編成なんて、誰も必要だと思ってなかったし、誰も言い出さなかった。
気をつけたのは、ポップする部屋にはインプが沸くから、通路に引っ張ってからやろう、って事くらいだ。

ヌンとラミアのエリアに行く為にはカギが必要なドアを1つ抜けないといけないので、Porojrがドア番をして着替え組を待ち、待ってる間に他のメンバーで適当にヌンでもやっとこうぜー、という完全にナメきった態度で2回目のヌンを沸かせたのだ。




ヌンが登場し、サクっと予定の通路へ引っ張った。
さぁ、やっちまうかー。

ヌンはヒプニックランプの構え。

「あ、寝ちゃったー」
「起こして~」


ぶっちゃけこの時点では「こんな攻撃もあったのか~」程度の気持ちだった。
しかしそれが、恐怖のゾンビアタックの幕開けだった…。

油断してたから魔道士も寝ちゃってて、起こす作業が思うように進まない。
コツコツケアルで起こしている所へ

ヌンはおくびの構え。
ヌンはおくびの構え。
ヌンはおくびの構え。

ヌンはおくびの構え。
ヌンはおくびの構え。
ヌンはおくびの構え。

ヌンはおくびの構え。
ヌンはおくびの構え。
ヌンはおくびの構え。


おい……。
おい?????(;゜д゜)

な、なんなの、なんなのーーーーー!!!
おくびは静寂と悪疫を同時にくらう嫌な技。
「こんな攻撃あったのか、パート2」である。
しかも、とんでもない連発。
3回セット+それを何度も何度も何度も…。
やまびこを飲んでも飲んでも追いつかない!
んでもって、これってTP技ではないの?
なんでこんなに連発?
通常攻撃してきてないんじゃないか、ってくらいずーーーっとおくびしかしてこない。

そして…

ヌンはセイズミックテールの構え。

「えええええええええええええ???」
「ちょ、なにごと」
「な、なんなのこれ!!!」


強烈な範囲攻撃で、筋肉PT丸々1つが一瞬で全滅。
おかしい、おかしいよ。
前はみなかった攻撃ばかり。

ぬん080914-2.jpg


ドア番をしていたPorojrも

Porojr「ちょ、だ、だいじょうぶ?」

と焦っている。
その頃、着替え組はアラパゴで絡まれながら迷子になっていた…(・_・;)

想定外の強さにビックリして、急遽マラソンに切替!
幸い通路は敵がいなくて、その先にはエリア切替があった。
セイズミックテールの範囲攻撃が恐ろしすぎるので衰弱は全員エリアの向こうへ。

エリアの先に魔道士が待機して、やまびこが切れた人へのサイレナマン&ウイルナマン。
みんなの衰弱が治るまで、スリップだけ入れながらゾンビマラソンを開始した。

そしてみんなの衰弱がなおって、さぁリベンジ!!!

ヌンはセイズミックテールの構え。

(;゜д゜)……。
おいいいいい????

いや、セイズミックテールが来た事に対する驚きではない。
その被ダメにビックリ!

殴子「1万超えみたぞwwww」

範囲で8000~10000以上のダメージ。
ありえん。
ありえんだろう!!!!
マジでなんなのよ、これ……!

ヌンはナッシュの構え。

「あ、これだ」
「そうだ、前はこればっかりだった」


やっと見たことがあるWSが登場。
でも、ナッシュばっかりになったワケじゃなくて、範囲睡眠のランプも、強烈範囲のセイズミックテールも、おくびも全てランダムで使ってきていた。
そして、全く攻撃できていない状態のマラソンでも技連発だったので、TP技ではないのは明らか。

ぬん080914.jpg


ジョブチェンジ組が到着し、やっとこ攻撃⇒エリア切替作戦が安定して機能しだしたけど、それまではもう死にながらキープしているだけだった。

黒で参加していたチョロは、序盤は精霊弱体とバイオを打ち込んで、後はレイズとケアルと状態回復に奔走していたけど、後半は精霊⇒エリアで攻撃に参加。

「ラミア用の髪飾りなくなたwwwww」
「ていうか、やまびこきれーたーーーーー」


この後恐怖のラミアが待ち受けているというのに、まさかヌンでこれほど苦戦するとは……。
そして開始からどのくらいだったかな~。
1時間以上は絶対やってたと思うなぁ。
なんとかヌンを倒す事ができたのだ。




しかし、本当に謎だらけ。
前のあの雑魚っぷりはなんだったんだ?

「ヌンのこと、ウンコウンコ言い過ぎて怒ったのかな…」

いやほんと、そうとしか思えない!
この前のパッチでZNMには時間経過によるハイパー化が実装されているけど、この戦いはむしろ後半の方が楽だった。
ポップ直後がハイパー状態で徐々に解除されていった、と言われた方が納得できる。
いやもちろんポップ直後にハイパー化していたワケじゃないんだけど、感覚的にはそう感じるくらい最初のおくび連発には驚かされた。

「でも、ホントにおかしいよね」
「前回は運がよかった、では納得できないよ~」
「違う敵みたい」
「なんかやっちゃいけないことやったとしか思えませんね~」
「このままじゃ、ヌンも非告知で行かないとダメになるな!」
「ほんまになーーー」


ヌンの情報の中には「寝かせると強くなる」というものもある。
そして今回の戦いではエスさんから「ララバイを1回試した」という証言があったけど、いつララバイしたのか聞くの忘れちゃった…。
でも、開幕いきなりララバイする理由がないから、開幕ではなかったんじゃないかな~と思うんだよねぇ。
つまり、戦闘開始直後におくび連発、ランプ連発、テール連発だった理由がさっぱりわからん!

そして途中はナッシュも使っていたし、ヌンが使うと言われている攻撃は全部みた感じがする。
(あ、デスナッシュだけ見てないかも。)




う~~~ん、ほんとになんだったんだ…。
戦い始めたのが水曜日だったので「水曜日は強いのか?」と途中で言ってたけど、曜日が変わって変化した印象はない。
全然納得できなくて、色んなキーワードでヌンの挙動について検索してみると、コチラのブログに到着。

⇒鉄火日記(仮) ~アッピルなどしていない~ 変態?いいえ、神です。崇めて下さい。

こちらの『花鳥風月』カテゴリの2ページ目『きんぺかぺっかーん』という記事にヌンの挙動に対する興味深い考察が。
(該当記事への直接リンクURLが見当たらなかったのでカテゴリから行ってみてください!)

『寝かせると強くなる』という情報の関係でララバイが一番アヤシイと思ってたんだけど、このブログにあった
我々が討伐する前に1グループがヌンをやっていたが、
その時にリポーズを連発していた。
しかし強化は見られなかったのでこれは違う。

という部分で、エスさんのララバイが犯人説がなくなった。

記事の中で最終的に一番アヤシイとされていたのは水属性の攻撃。
しかし、開幕に水属性の攻撃ってなにがある…?
ウォータは撃ってない。
精霊弱体はバーンショックチョークのセットを撃ってたし、そもそも撃ち始めたのは大暴れでバタバタになった後だ。
弱体魔法のポイズンか…?
赤の誰かが撃ったかな…?

しかし、これも否定報告があるとのことで確定ではない。
他にも色々な考察がなされていたけど、最終的な〆の言葉は
確定情報が無いのと、発狂報告が極めて少ないので
原因を特定しにくい。
とりあえず発狂したら死ぬ気で頑張れ。

というものだった……。

つまり、『ヌンは、なんかやると発狂する』というのが現時点での答え。
こえぇよ!!!!!

ポップからヌンが最初のランプを使うまでのメンバーの行動一覧が欲しい…。
そんなものある訳ないけど、もしそれが見れたらそこから原因を探せるのに!!!
このままじゃ何がダメなのかわかんないから次もやっちゃうかもしれないじゃんかー!




そしてその後やったラミアは、前回の反省を踏まえて作戦をたてた。
・まずはみんなで攻撃
・側近がでたらボスはブンちゃん(忍者)がキープ
・側近赤にタゲられた人は報告
・側近赤にタゲられた人にシファさん(赤)が大ケアルしてタゲ取る
・側近赤は弱体と強化しかしないので、シファさんが何とかして耐える
・側近その1(侍)をポロ(狩)がどうにかしてキープ
・側近その2(侍)を全力で撃破
・側近その1⇒側近赤の順で倒す
・側近が死んだら全員ボスに背を向けて魅了回避

この作戦が見事にハマり、ものすごいデキる集団みたいな感じで撃破する事ができた!
ホネがaddしてブンちゃんが死んだり、タゲ取ってた殴子が魅了されたり、ボスのタゲは実はあちこちに移動してて、みんな必死で蝉張替えしてたり、シファさんが連続死したりなどトラブルはあったけど、フォローしあえる範囲だった。
もうラミアは雑魚だな(´∀`)

ヌンの挙動の検証がしたいけど、そんな余裕ねぇよなぁ…と思いながら、今日のチョロ・ログアウト。
PR
   
   
            
この記事にコメントする
   
name
title
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
  
          
 
無題
イヤァースイマセーン。
こんなヘタレの記事なんかを取り上げて戴いてありがたいです(-人-;)(;-人-)

ウチがやった時は情報も出きっていないような初期だったので、
「こいつ強すぐる…」
というイメージが定着したものの、ほんと発狂例は稀っぽいですね(´・ω・`)

もしかしたら リポーズ○ララバイ× という可能性も…。
ほんと開幕から無茶苦茶暴れてログ漁る暇もなくて(´д`)
一応「デスナッシュ」も使ってきたので全てのWSを連打するっぽいですね。

でもセイズミック撃った後しばらく大人しくなるんですが、
また暴れだすのは何かある…!

 
カテゴリ整理しておきます(´・ω・`)
らぞー 2008/09/16(Tue)16:36:00 コメントの編集
     
              
 
無題
わざわざご訪問ありがとうございます!

いや、ほんといろんなキーワードで検索したけど、発狂例について書いている所が全然なかったんですよ。
考察がすごく興味深くて!

たしかに光属性ひとくくりではなく、ララバイ単体でアウトの可能性もありますね。
いつララバイしたか今度聞いておきます!
ちょろ 2008/09/16(Tue)17:44:35 コメントの編集
     
            
           
  
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

FF11-漂流者
神の声
  • 第六百七十五話:書くよりログイン
    ちょろ(11/13)
  • 第六百七十五話:書くよりログイン
    どら(07/27)
  • 第六百七十四話:表示しない、という選択
    tokiwa(12/19)
  • 第六百七十四話:表示しない、という選択
    次郎(11/19)
  • 第六百七十三話:鋭利すぎる杖
    Kag(11/16)
  • 第六百七十三話:鋭利すぎる杖
    次郎(11/15)
  • 第六百七十二話:ギルドひきこもごも
    次郎(11/10)
  • 第六百七十一話:激闘!カッターズクライ
    Bafo(11/07)
  • 第六百七十一話:激闘!カッターズクライ
    白蘭(11/06)
  • 第六百七十一話:激闘!カッターズクライ
    third(11/05)
リンクについて
当Blogはリンクフリーです。

リンクしてくれた場合、報告してくれるとすごくウレシいです!
報告はコメント、非公開コメント共に大歓迎ですが、極度の照れ屋さんはメールフォームがサイドバーの一番下にあるので是非ご利用ください。
秘密の儲け話も大歓迎(*'-')

↓はバナーです。ご自由にお持ち帰りください!

チョロのヴァナ・ディール漂流記 チョロのヴァナ・ディール漂流記 チョロのヴァナ・ディール漂流記 チョロのヴァナ・ディール漂流記

Special Thanks!
ミスラ吟遊詩人日記:ヨーデル様
バナー作成有難うございました。
TBP


Powered by BlogPeople















チョロにメール
ブログ内検索
コミュニティサイトリンク
  
       
+++ Powered By 忍者ブログ +++
Copyright (C) チョロのヴァナ・ディール⇔エオルゼア漂流記 ++ Template Designed BY (C) Pavloba
+++ 忍者ブログ [PR]
 +++