忍者ブログ   
HOME ∥∥ admin
  元FF11アレクサンダー⇒シヴァで活動するLS『LittleBrownJug』所属・Choro(シヴァではChoroc)の不定期更新日記です。 2013年9月より、FF14フェンリルサーバー「ChoroCalico」でのプレイ日記になりました。
                       
   
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   
   
   
                       
   
海の大将、LOVEとの戦闘が行われた。
コイツと戦うのは2回目である。

初めて戦った前回は、全てが試行錯誤だった。
今回だってまだ2回目だし「慣れた」なんて口が裂けてもいえない。
集合時間少し前、人数がかなり厳しく、デジ部長がロストメンバーにヘルプ要請を繰り出し、ササミネさんとモリヲさんが駆けつけてくれた。

その後ログインしてきたメンバーもあり、結果的には前回よりも一人多い28名。

LOVE本体アラ 16名

ナ:Kiryu Quartz
赤:Bibby シファさん
吟:Porojr エスさん ナルトさん
白:Gapuel
召:Kujya
黒:Asali Bati Leevy Quin あしこ モリオ Choro


召喚アラ 12名

ナ:タクちゃん
忍:Deku(LOVE最終時点でシーフにチェンジ)
戦:Dge レナさん ササミネさん
侍:Uluz
暗:Chappie
青:Conron Hakuran
コ:Alevia
白:Bobu Aimimi


前回、ガー魔法がめちゃくちゃ痛かったことを踏まえて、本体アラにはなんと魔法攻撃に強い(予定)のビビーを赤盾として導入。
今回はナナ赤の3枚盾となった。

「LOVEのクラゲの傘の外縁付近にタゲもって立つと、使ってくるWSが絞られていいらしい」

という新たな情報を携えて、2回目のLOVE開始!




始まってみると、盾はビビーの赤盾がずーーっとタゲを持っている。
これは戦い終わってから聞いた事だけど、噂の『クラゲの傘の外縁』の立ち位置だと、通常攻撃がなかったらしい。
ガーと、召喚の時に抜いて貰えるまでボコボコにされるくらいで、その他は大した攻撃はなかった、というのだ。

魔法でドンドンヘイトを稼げるので、結果的にビビーがずっとタゲを持っている結果となった。
LOVEのターゲットコールは常にビビー。
すごい!

でも、ビビーがタゲを持っているところからキッカリ90度に折れた地点で、フラッシュ、挑発、ガーにバッシュと、ヘイト行動を欠かさず続けるナイトの姿があった。
TPを貯めないように普段は離れて、ガーが詠唱されたらすかさず駆け寄って交代でバッシュ。
そして可能な限りの方法で地道にヘイトを貯めていた。

love080601-3.jpg


黒たちは最初からパワー全開!
前回は最初は2系からジワジワとヘイト具合を確かめていたけれど、今回は最初から4系、古代2をバンバン連射。
召喚士もデビルマンをバリバリ召喚!
前回は戦闘開始からかなり経過しないと減りださなかったLOVEのHPが、最初から少しずつ削れている。

love080601-4.jpg


召喚してくる敵の抜きも鮮やか!
前はアーンを間違って抜いてしまう事件が多発していたけど、今回は一度のミスもなし。

でも、このまま順調に終わるワケはなかった…。
後半戦に突入して少したったころ、召喚された『Ru'phuabo』3匹がPOPした瞬間にフロウが発動されたのだ。

Ru'phuaboはエリアルコリジョンの構え。
Ru'phuaboはエリアルコリジョンの構え。
Ru'phuaboはエリアルコリジョンの構え。


これ以上ないくらい安定していたのに、一瞬で0になるビビーのHP。
しかし、ビビーの立ち位置は他の人とは対角に位置していたので、フロウ自体の被害は最小限で済んだ。
LOVEのフロウは、召喚が出ていなければ発動しないし、召喚してくる敵もかなりのスピードで撃破していたのに、再召喚の瞬間フロウ発動とはなんという運の悪さ…。

崩れるんじゃないかと思った。
調子に乗ってバリバリ攻撃していた黒に、次々にタゲが移って壊滅するんじゃないかと思った。
でも、ならなかった。

ずっとずっと脇でヘイトを貯め続けたナイト達が、ビビーの倒れた後のLOVEのタゲをかっさらっていった。
地道に続けていた行動が輝いた瞬間だった。
最初はキリュがメインで入り、離れてフォローするクオたん。
キリュが崩れるとすぐにクオたんが近づいて交代でフォローしあっていた。

さすがに途中で黒にタゲが移る場面もあったけれど、落ち着くまでは精霊も少し控えるよう指示が飛んで、崩れたというほど崩れずに突然の盾死亡の事態は乗り切ることができた。

闇属性時のスリプガや、土属性時の石化も、LSにドンドン声が出ていていい感じ!

そうして落ち着いたかのように見えたのに、突然黒にフラフラっとタゲが寄って、黒集団がガーを被弾。
こいつはマズい…、そう思ったとき

love080601-1.jpg


Bibby「連続魔('(ェ)')クマ出現!」

衰弱が治ったビビーのクマスリプルⅡが発動!
一度死んでしまったら、もう赤盾は無理かと思っていたのに、ここからまたビビーがタゲをキープ。
赤盾が輝く相手で、ナイトと赤のとても見事な連携プレーを見ることが出来た。
アンタ達、なんかカッコいいぞー!

この日実行する事が出来た『クラゲ傘の外縁戦法』は、実はナイトは赤よりさらに楽にこなすことが出来るという話も後から聞いた。
どういう理由でかは自分はナイト1歳なので分からなかったけれど、この戦法が確立されたことで、今後のLOVEの編成により幅が出来たんじゃないのかなぁ!

2度目のタゲキープの奇跡を起こしたビビーが安定し、このままイケると思ったところへ、またも召喚⇒フロウ即発動の悪夢再来。
なんでーー!!!!

しかしここでもナイト2名の鮮やかなフォローで、結局LOVE本体が大幅に崩れることは一度もなかった。

LOVEのHPが後数mmとなったころ、召喚アラに所属していたDekuがシーフに着替えて登場!
LOVEにトレハンを乗せるためにやってきたのだ。

love080601-5.jpg


Deku「ちょっと叩きますよ

本体にはシーフはおろか、サポシさえいないので、LOVEに乗るトレハンはDeku一人のもの。
シーフ的にこれ以上のプレッシャーがあるだろうか…。

そして戦闘開始からどのくらいたったかなぁ?
1時間かかったかなぁ?
前回より大幅に戦闘時間を縮小し、LOVE撃破!!!
やったー!!!

love080601-6.jpg


ドキワクのドロップはこの3種。
LOVEの戦利品は全部で4種類なのに、そのうち3種が出るという快挙!
しかしDekuは

Deku「トルクが……」

と嘆いていた。
3つも出ているのになんと贅沢な!!!
自分が欲しいものが出ないトレジャーハンター、さすがである。
■ラヴハルバード
D60 隔396 DEX+7
ヴァルチャストーン装備時時々2回攻撃
Lv73~ 侍竜

これはQuinの元へ。
■ノーヴィアピアス(貪愛の情念)
回避+7 敵対心-7
Lv75~ All Jobs

これはConronの元へ。
■ノーヴィオピアス(溺愛の情念)
魔法攻撃力アップ+7
Lv75~ All Jobs

自分はもちろんこのノーヴィオピアスにロットしたけど、残念ながらロット負け。
先日黒75になり、目下黒をメリポで育成真っ盛りな上に、好む装備の傾向は魔攻、というBatiの元へ転がりこんだ。
これ以上ない黒育成へのモチベーションになったんじゃないだろうか!

Quinは先日裏の配置変更で竜になったばかりだし、きっと裏でこの槍を振り回してくれることだろう。
Conronは、普段にましておかしいテンションでウレシそうだった。
ジョブを選ばず最高の敵対心マイナスを得れるこのピアスは、獣と青をジョブに持つわんこにとって、大変活用度の高い装備らしい。
3人とも、おめでとう!!!

そして……。
ロットインの最中は外部アラからロット希望の人を本体アラにいれることにテンパっていて全然気づかなかったんだけど……。

SNFのメンバーが全然ロットしていなかったヽ(`д´)ノ

前回のLOVEが終わった後から、海部の活動はSNFと一緒にやるようになっていた。
だから今回のLOVEはLBJ+SNFの合同企画。
前みたいに、LBJで集めたトリガーでSNFにロット権なしのド厚かましいお手伝いを頼んだワケではない。
トリガー取りでも毎回壮絶なゾンビ戦を繰り広げ、『一緒に協力して集めたLOVEトリガー』だって事は、SNFメンバーだって実感してくれていると思っていたのにぃー!
今回はロットはみんなでね!って言ってたのに!!!
なんでーーー!!!!

LSでその事をギャーギャー言っても

シファ「海のアイテムよくわからなかったw」

なんて答えが返ってくる。
んなわけない!
ドロップした後、性能もログで流しているし、わかんないワケないんだー!
いらないワケがない。
SNFからも色々なジョブの参加があった。
特にピアスは大変な人気アイテム。
いらないワケがないんだ!

それが彼らの特性なんだろうな…。
このお人よし集団め!!!

でも、次はぜーーたいダメだかんね!
殺してでも奪い取るくらいの勢いでロットしてくれないと、ダメなんだからね!!

LOVE戦終盤と、LOVE終了直後に、課金切れで赤玉になって消えていったタクちゃんとクオたんを海に置き去りにして、今日のチョロ・ログアウト。
PR
   
   
            
この記事にコメントする
   
name
title
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
  
          
 
無題
はゃぁートルク出なかったか~
私も海LSに通っているけど、LOVEの戦略は慣れてくると12人でも出来ますよ(´ω`)
Dinomaさんも来てるので戦略聞いてみては?w
私は説明下手っぴなので^^;
女将 2008/06/08(Sun)13:27:16 コメントの編集
     
              
 
無題
出なかった~!
やっぱりトルクっていいものなのか。
前回初回で出たのはラッキーだったのかな!

LSによって色んな戦略あるから面白いね~!
ちょろ 2008/06/08(Sun)19:08:10 コメントの編集
     
              
 
無題
熱いです!!かっこいいです!!
海NMはなかなかチャレンジできないコンテンツだけど、やはり憧れてしまいますよね~♪
自分もシーフでトレハン担当とか呼ばれるのでぷれっしゃーを感じる気持ちは良くわかります^^;
自分のLSではトレナイハンターの称号をもらってますけどね。・゚・(ノ∀`)・゚・。
巡回者 2008/06/08(Sun)19:20:30 コメントの編集
     
              
 
無題
おおー、赤盾仲間のビビーさん、すげーなー
私は海NMには縁がないのでLoveの盾がどれくらい大変か実感がわかないけど
なんだか板についてきた感じがしますね!
【よくやった!】【惚れた】
と、伝えておいてくだせぇ
ジェラ 2008/06/08(Sun)20:48:38 コメントの編集
     
              
 
無題
すごいドラマですね!
海NMには縁が無いですけれど、
戦いはものすごく大変ですよね。
そして、それを様々な戦術を駆使して
撃破するというのもFFの面白さ。
LSの皆さんには心よりおめでとうと伝えたいです♪
イワッチ 2008/06/08(Sun)22:56:29 コメントの編集
     
              
 
無題
■巡回者さん
言う側としては軽いノリのつもりでも、シーフさんたちの感じる重圧はこっちの想像より遥かに辛いモノらしいですね…(・_・;)

海NM、モノによっては少人数やソロで出来るものもあったりするので、是非是非トライしてみてください!

■ジェラさん
ビビー曰く、LOVEの盾はとてもやりやすかったらしいです。
惚れたって…本当に伝えていいんですか……。
知りませんぜ…。

■イワッチさん
カンタンに倒せる、となってしまうと楽しみも半減してしまうように感じるのは私だけじゃないですよね!

海のNMは挙動が特殊で面白いものが多いので、ぜひ機会があればトライしてみてください!
ちょろ 2008/06/09(Mon)01:22:15 コメントの編集
     
              
 
無題
( `ェ´)イイネイイネ!
アルタユ経由でタブる途中だったから見学してたけど
ほとんど危なげなかったね~!
たくちゃんとtellしてたら、課金わすれておちてったw

範囲で死にかけたから
殺してでも奪い取るくらいの勢いでロットすればよかった!
yoc 2008/06/10(Tue)13:29:56 コメントの編集
     
              
 
無題
ラヴのフロウは、
3匹召喚>エリアルだったような
確かエリアル撃ったあと、
消えると思いましたし
amachan 2008/06/10(Tue)14:51:11 コメントの編集
     
              
 
無題
■Yoc
なにぃ!
必死すぎてきてたの知らなかったぞ!
LOVEの範囲って無差別なのか…。
いやほんと、殺してでも奪い取る精神、SNFメンバに叩き込んどいて!

■あまちゃん
むむ、そうなの?!
前にやったときはフロウは完封してたような記憶があったんだけど、偽りの記憶かしらw
ちょろ 2008/06/11(Wed)15:31:55 コメントの編集
     
            
           
  
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

FF11-漂流者
神の声
  • 第六百七十五話:書くよりログイン
    ちょろ(11/13)
  • 第六百七十五話:書くよりログイン
    どら(07/27)
  • 第六百七十四話:表示しない、という選択
    tokiwa(12/19)
  • 第六百七十四話:表示しない、という選択
    次郎(11/19)
  • 第六百七十三話:鋭利すぎる杖
    Kag(11/16)
  • 第六百七十三話:鋭利すぎる杖
    次郎(11/15)
  • 第六百七十二話:ギルドひきこもごも
    次郎(11/10)
  • 第六百七十一話:激闘!カッターズクライ
    Bafo(11/07)
  • 第六百七十一話:激闘!カッターズクライ
    白蘭(11/06)
  • 第六百七十一話:激闘!カッターズクライ
    third(11/05)
リンクについて
当Blogはリンクフリーです。

リンクしてくれた場合、報告してくれるとすごくウレシいです!
報告はコメント、非公開コメント共に大歓迎ですが、極度の照れ屋さんはメールフォームがサイドバーの一番下にあるので是非ご利用ください。
秘密の儲け話も大歓迎(*'-')

↓はバナーです。ご自由にお持ち帰りください!

チョロのヴァナ・ディール漂流記 チョロのヴァナ・ディール漂流記 チョロのヴァナ・ディール漂流記 チョロのヴァナ・ディール漂流記

Special Thanks!
ミスラ吟遊詩人日記:ヨーデル様
バナー作成有難うございました。
TBP


Powered by BlogPeople















チョロにメール
ブログ内検索
コミュニティサイトリンク
  
       
+++ Powered By 忍者ブログ +++
Copyright (C) チョロのヴァナ・ディール⇔エオルゼア漂流記 ++ Template Designed BY (C) Pavloba
+++ 忍者ブログ [PR]
 +++