忍者ブログ   
HOME ∥∥ admin
  元FF11アレクサンダー⇒シヴァで活動するLS『LittleBrownJug』所属・Choro(シヴァではChoroc)の不定期更新日記です。 2013年9月より、FF14フェンリルサーバー「ChoroCalico」でのプレイ日記になりました。
                       
   
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   
   
   
                       
   
1週間の帰省から帰った翌日、2007年初の海部活動があった。

上質なユブヒ器官というのがトリガーの『Jailer of Faith』というNMである。

5箇所のポイントを15分おきに移動する???にトリガーをトレードしてポップさせるのだけど、この???のある場所がそれぞれかなり離れている&ほとんどの人がマップがない&道もわからない。でも早くトレードしないとまた???が移動してしまうから急いでトレードしないといけない、というNMとの戦闘以前に問題山積みのNMなのだ。

このNMには初夏に1回、夏に1回、その後に1回、と過去に3回戦った事がある。 その後に1回は『Jailer of Fortitude』という別のNMでした。カンチガイ…(・_・;)

初めての戦いは、集まったメンバーが全員ポップ地点に集合する前に全滅。夏の戦いは壮絶で、ほぼ全滅からスタートし、数時間をかけてなんとか倒して初勝利をもぎとった。3回目の戦いは海部に参加できる人も増えたからか人数も多く、割合楽に倒せた記憶がある。上でも訂正しましたが、別のNMでした…


フェイストルク
Rare Ex MND+5 格闘スキル+7 射撃スキル+7 Lv73〜 All Jobs



これが、このNMからドロップする射撃スキルもち垂涎の代物らしく、さらに他のNMへのトリガーも落とすとの事で海部長Dgeと射撃バカBatiがこのNMとの戦いを頑張って企画しているのだ。

こいつはブレクガやストンガ3を連発してくるので、マラソン+遠隔攻撃がメインになる。でも、いつも「その時集まったメンバー」で突撃するLBJ。この4回目の戦いに集まったのは

戦:Dge
シ:Deku
暗:Chappie
狩:Bati
狩:Porojr
青:Hakuran
白:Kujya
コ:Alevia
黒:Choro


の総勢9名だった。

5箇所のうち4箇所の地点に散らばって???を探そうとしたのだけど、4箇所に散らばる前にPorojrの地点に???が沸いた。早い!

早速集まってスタートしたのだけど、NMのポップ地点にいる雑魚敵と、近くにいる敵が最初に絡み、それの処理の間に崩れた体制を立て直す事が難しく、かなり粘った末の戦略的撤退!この時点で人によってはリレゴルや蘇生の髪飾りが1個なくなるくらいのロストっぷりだった。

グラビデがないと話にならん、という事で、1戦目の途中でサポ白だったチョロはサポ赤に着替えに戻る事に。着替えてから合流までの間に、ツボ抜けをミスって絡まれ⇒リレ起き即死のコンボでHPに戻らないといけないという大幅な時間のロス・・・。この間に1戦目の戦略的撤退が決まった。合流していればもしかして・・・という悔しさが募る。

その後???探しから再スタートなのでポップ地点の1つに行くまでの道のりで5回も死ぬチョロ。戦闘以外で無駄に髪飾りを消費してしまった(´;ω;`)もったいない。やっぱりマップなし、道わからず、であそこで一人で行動するのはアカンなぁ・・・。

2回目の???探しは結構苦戦したけど、色々しゃべりながら過ごして寝落ちも出ないまま???がチョロの持ち場にポップ!全員がスムーズに合流する事ができた。NMポップ地点にいる敵はPorojrの囮で釣ってNMとの戦いがスタートした。

「逃げて!⇒ Porojr」
「逃げて!⇒ Chappie」
「逃げて!⇒ Alevia」


敵が誰をタゲっているのかのマクロをBatiが作って何度も何度もコールする。タゲられている人はひたすら走る!走る!

戦うのはドーナツ型の広場で、ブレクガもストンガもものすごく範囲が広い。でも完全に対面の通路なら壁際を走っていれば詠唱範囲外になる事ができるのだ。

ブレクガ⇒ストンガで衰弱続出の間は生きてる人が何人かでゾンビマラソン。こうして「必ず数名が衰弱中」状態で、各自が出来る事を必死で繰り替えず壮絶な攻防が繰り広げられていた。


みんなバタバタ死ぬのでNMのヘイトはものすごく薄い状態。衰弱から治って自分をケアルするだけで敵が飛んでくる。Kujyaは可能な限りリジェネで回し、W衰弱の人はPTから抜けて範囲攻撃の被弾を防ぐ。
海部フェイス070106-1


不意打ち+遠隔でジワジワヘイトをあげてマラソンを続けるDeku。

生きてる方がスリップ魔法を入れるべく声を掛け合うチョロとChappie。ポイズンだけは青のHakuranが担当してくれた。

一瞬のチャンスを生かすために、衰弱のまま挑発をしてくれるDge。そのおかげで詠唱完了できる、という場面が何度もあった。

グラビデは印があれば100%入ったけど、印なしだとレジられる時もあった。それでも黒のチョロの弱体装備でそれなりに入っていたから、割合入りやすい方なのかな?Dekuが調べてきた情報では、グラビデ耐性はつくけど、しばらくすると耐性が消えて入るようになり、また耐性がついて、の繰り返しとの事。

グラがあるとないでは大違い。着替えてきてよかった・・・!NMが魔力の泉を使うと、古代2を唱える。その時がアタックチャンス!

長い長い戦いだった。同じ5分待つならWになってから衰弱待ちをした方がいい、とばかりに1回死んだらとりあえずリレして精霊1発撃ってから死んで、PTを抜けて衰弱回復を待った。

マラソンしながらヒーリングする余裕がない。殴子のロールが欲しい、と泣きつく。命がけのエボカーズロールを発射して即死する殴子。コルセアのロールのヘイトって高いんだな、と実感する戦いでもあった。ひたすら蘇生作業に従事するKujyaの姿を横目で見ながら必死のマラソン&攻撃。

みんなしゃべるヒマもない。必要事項を伝える叫び声だけが響く。みんなの蘇生アイテムが底を尽きていく。まだ残っている人の蘇生アイテムを使いまわす。

アラのほとんどが死体、という絶望的な状況にもなった。地味に、でも着実に繰り広げられる蘇生作業のおかげでジワジワ戦力が復活し、また死んでいく、の繰り返し。それでもNMのHPは少しずつ減っていった。

もうあと少し!!!という所まで行った時、アラの蘇生アイテムはほとんど底を尽きていた。その時丁度精霊を1発撃って死んでいる状態だったチョロ。まだダブルじゃない!起きて1発は精霊を撃てる!

みんなもう起きれない。ここまできて負けるのはいやだー!!その時チョロは、自分の髪飾りはとっくに尽きて、Hakuranから貰った蘇生の髪飾りをPorojrを共用で使っていた。でもPorojrはその時W衰弱でPTを抜けて、少し離れた小部屋に待機していた。

蘇生の髪飾りを借りに行くまでの道のりにNMがいる。たどり着くまでに死んでしまったら・・・もう起きれない!その時のチョロには起きてすぐにPTを抜けて行けばいい、なんて考えが浮かぶ余裕はなかった。

テンパったチョロは起きてすぐに精霊を発射!撃ち終わる前に死ぬという惨劇はなかったものの、速攻でタゲが来て即死してしまった。当然リレはない。

最後のリレ有りのChappieが死んで、PTで生きているのが白のKujyaだけ・・・。これは・・・これはマズイ!!!もう敵のHPは1mm以下なのに、ここで・・・ここで負けるのか?!

ふと隣の画面を見るとPorojrが衰弱回復している。でもPTを抜けた状態である。

「くじゃきちー!PT抜けてポロとPT組んで!」
「衰弱でPT抜けてたからポロと組んでー!」
「リーダーどっちも死んでるから誘えない!」


みんな口々に叫んで、KujyaはPTを抜けた。ポロがドーナツ広場に出てきた。

Bati「ポロいけやああああああああああああ」
Porojr「イーーーーーーーーーーーーーーーーーー」
Porojr「ゴーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー」



無駄にshoutでマクロを組んであるPorojrのイーグルアイが発射!自分の場所とは対面にある遠くの方で、NMがハラリと下に崩れ落ちるのが見えた。
海部フェイス070106-2


「キターーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー」
「やったああああああああああああああ」
「うおううおううおううおううおう」
「やったよおおおおおおおおおおおおおおお」


歓声が沸き起こるPT(全員死体)

「うれしいいいい!!!」
「やったか?やったのか?」
「おめでとう!!!」


PTを抜けたり入ったりしながらの戦いだったので、必要事項をLS会話で伝える事も多く、壮絶な様子がLSに筒抜けだった。

Bati「せめてドロップしててくれー!!」
Porojr「バグナウwwwwwwwwwwwwwwwwwww」
Bati「ウワーーーーーーーーーーーーんばかーーー!」


フェイスバグナウ
Rare Ex D+9 隔+113 MND+7 ヴァルチャストーン装備時時々2回攻撃 Lv73〜 モ忍



夏の壮絶な戦いでもこのバグナウが出た気がする。楽に勝てた3回目の戦いでトルクがドロップしていたのも覚えてる。誰が取ったんだったかな?だから別のNMだったんだってば(・_・;)出たのはフォーテテュトルクという噛みそうな名前のトルクでした。

検証結果:壮絶になればなるほどトルクはドロップしない。検証回数・4回。
このトルクは実は未実装!検証回数・3回。


この検証結果はきっと正しい・・・きっとね。
正しい訳ねーだろ、と…。

前の日、コリブリ島にみんなで経験値稼ぎに出かけて貯金が12000弱も出来たので、張り切ってメリポ設定にして海部に参加したチョロは、余裕のレベル74になっていた。もう75のジョブがないから75に戻った瞬間メリポになっちゃう!

他のみんなも同じくらいかそれ以上ロストしたはずである。この日の参加メンバーは9名。つまり10万近くの経験値が海に消えていった。

10万expのバグナウが誰のカバンに転がり込んだのか、覚えてないな・・・(・_・;)

それにしても、なんと熱い!なんと壮絶な!なんて面白い戦いだったんだろう!夏にも「かつてこんな戦いがあっただろうか・・・」なんて言ってた気がするけど、今回も同じ事を言っていた。

ヴァナには楽しい事がいっぱいあるけど、命がけの壮絶な戦いは格別である。

「もっと人を集めたりジョブを絞ればそのNM楽なのに・・・」と言われそうだけど、不向きと言われる構成で、何とか勝てた時の達成感と爽快感は何物にも変えがたい!

それにしても、LBJは不向きな構成で突撃する事が多いのは気のせいかな・・・(・_・;)トリガー取得の難易度にもよるけど、今回のNMのトリガーは比較的楽に取得できちゃう、というのが、不向きな構成でも突撃してしまう要因のひとつなんだろうな〜。

こんなに長い記事なのにSSが全然ないので、すごく見づらい新聞のような日記になってしまった(・_・;)

フェイストルクが出てないので、きっとまたLSメッセに「○月○日、○時から、海部ブレクガー!」という書き込みのある日が来るだろう。

その時は絶対にサポ赤でいこう・・・と心に決めて、今日のチョロ・ログアウト。

【追記】
記憶にカンチガイがあったので、数箇所打ち消し線で訂正しています。このNMに楽に勝ったことなんてかつて一度もありませんでした!
PR
   
   
            
この記事にコメントする
   
name
title
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
  
        
         
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
   
        
  
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

FF11-漂流者
神の声
  • 第六百七十五話:書くよりログイン
    ちょろ(11/13)
  • 第六百七十五話:書くよりログイン
    どら(07/27)
  • 第六百七十四話:表示しない、という選択
    tokiwa(12/19)
  • 第六百七十四話:表示しない、という選択
    次郎(11/19)
  • 第六百七十三話:鋭利すぎる杖
    Kag(11/16)
  • 第六百七十三話:鋭利すぎる杖
    次郎(11/15)
  • 第六百七十二話:ギルドひきこもごも
    次郎(11/10)
  • 第六百七十一話:激闘!カッターズクライ
    Bafo(11/07)
  • 第六百七十一話:激闘!カッターズクライ
    白蘭(11/06)
  • 第六百七十一話:激闘!カッターズクライ
    third(11/05)
リンクについて
当Blogはリンクフリーです。

リンクしてくれた場合、報告してくれるとすごくウレシいです!
報告はコメント、非公開コメント共に大歓迎ですが、極度の照れ屋さんはメールフォームがサイドバーの一番下にあるので是非ご利用ください。
秘密の儲け話も大歓迎(*'-')

↓はバナーです。ご自由にお持ち帰りください!

チョロのヴァナ・ディール漂流記 チョロのヴァナ・ディール漂流記 チョロのヴァナ・ディール漂流記 チョロのヴァナ・ディール漂流記

Special Thanks!
ミスラ吟遊詩人日記:ヨーデル様
バナー作成有難うございました。
TBP


Powered by BlogPeople















チョロにメール
ブログ内検索
コミュニティサイトリンク
  
       
+++ Powered By 忍者ブログ +++
Copyright (C) チョロのヴァナ・ディール⇔エオルゼア漂流記 ++ Template Designed BY (C) Pavloba
+++ 忍者ブログ [PR]
 +++