忍者ブログ   
HOME ∥∥ admin
  元FF11アレクサンダー⇒シヴァで活動するLS『LittleBrownJug』所属・Choro(シヴァではChoroc)の不定期更新日記です。 2013年9月より、FF14フェンリルサーバー「ChoroCalico」でのプレイ日記になりました。
                       
   
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   
   
   
                       
   
LBJはENMにハマっている。だって儲かるんだもん!!!

ENMには挑戦権を得るトリガーがあったりするから、自分で行くのは面倒だけど装備は欲しいお金持ちさんに良い値で素材が売れるのだ。

この日のENMは実は2次会だった。1次会はなんと!なんとあのヴィヴィアンからとうとう『ビビアンリング』をもぎとったのだ。NMを沸かす作業を頑張ってやっていたBibbyのカバンにそれは転がり込んだ。「沸かし頑張ってたしビビさんどうぞ〜^^」なんていう優しい方法で転がり込んだのではなく血なまこの大ロット大会で自分でもぎ取ったのだ。LBJ初のビビアンリングは「ビビーがビビアンからビビアンリングjでビビセクター」という素晴らしいオチに終わった。

ちなみに同時にブラックリボンもドロップしBaphometがロット勝ちしたが、「黒い装備」に目がないTokiwaに貸し出していた。

こんなお祭り騒ぎの2次会としてウルガランENMは決行された。総勢12名。誰がBCまで辿り着けるかな、という勢いだった。

トリガー未所持組もいるのでまずはトリガーから。そこそこ順調だったが、ヨルムンガンド広場で災難が続く。

エレがいるから魔法禁止の場所で、モレッチ(タウロスのつおい奴)に誰かがからまれ、超絶スリップの範囲毒攻撃の毒でHPがモリモリ減っていたChoroがその後の範囲攻撃でアッサリ死亡。

その後、誰かがエレに魔法感知されるが、Assamのスリプル&ログアウトで事なきを得た。

と、思ったらRiarisがヨルムンガンドに見つかり即死。


軽くこのくらいはこなしておかないとね。順調すぎるのはLBJとしては不安である。

そして崖の上で軽くボム祭りを開催した後に、いざ滑走となった。今回はトリガー所持組がいるので、その中のトラクタ詠唱可能者が滑走に成功するかどうかでその後の行動を決めよう、という事になった。

トリガー所持組のトラクタ詠唱可能者。それはTokiwa&Choro。あ〜・・・緊張する・・・。Obsidianの先導の元、必死で滑走する。そして奇跡的にトリガー所持組全員が滑走に成功する事が出来た。

よし、これで未所持組はトリガーを取る滑走にさえ成功すれば、最悪レイズ3&トラクタで全員がBCに行くことができる。ガンバレ!未所持組!

「うぁーー緊張するー」
「ポロさんタゲります」
「うわあああああぁぁぁぁぁ」


「あぶねぇ!!!」
「ポロさんタゲってたのに追い越しちゃって必死でムーンヲークしましたよ!」
「俺も追い越してムーンヲークしたw」

こうしてマイケルも真っ青の集団ムーンウォークの結果、信じられない事に未所持組も全員無事に滑走成功したのである。

本来ならば未所持組はここからもう1回雪山登山&滑走成功すれば正規のルートでBCに通じる穴に到着となるのだが、もうオネム間近の人もいるし、レイズ3もあるから、という事で崖下集団自殺が決行された。

崖下に集まる自殺集団につい上からケアルをしてしまって崖の上に敵が来たりする。下からタゲを取り返すと、敵はムーンウォークで下に降りていく。今日はムーンウォークの日である。


こうして12名全員がBC前に到着する、という奇跡が成し遂げられた。(やや反則だけど・・・)

2チームに分かれて突撃。いつもは2組同時に突入するけど、今日は初めての場所なのでランダムで負けた方から先に突入して様子を伺うことにした。でも、どっちかが負けたとしても戦利品はいつもの

・そのまま欲しい人がいたら全員でガチロットで、取れた人に欲しい人が交渉。
・全員売り目的は売りとばしてワリカン。

のスタイルを12名で行うことに決めた。

- Aチーム -
Baphomet(忍) Yumyu(黒) Porojr(吟) Riaris(白) Chappie(暗) Deku(シ)

- Bチーム -
Tokiwa(暗) Aoy(吟) Obsidian(狩)Gyaban(戦) Assam(白) Choro(黒)


前情報では、無敵状態と攻撃が入る状態があるらしい。後は「エレジーがないと空蝉2も唱えられないくらい攻撃は早いらしい」とか色々怖い噂もあったが、信じたくないので信じない方向で突入した。

Aチームいざ突撃!という時にRiarisまさかの回線切断。落ち着いて復帰を待って突撃した。

敵の攻撃速度は空蝉2が唱えられない、という程ではなく安心した。たびたび使ってくるマイティストライクの後に攻撃が入る。そしてなにやらヘイトリセット攻撃もある様子だった。Porojrの画面で見ていたが、全く危なげなく撃破。箱の中身は

・龍骨
・レイズIII

の2点だった。

様子を見させた後で負けるわけにはいかないBチーム。Aの戦闘で同じジョブであるYumyuさんが精霊でタゲをとってマラソンしているのを見たので、チョロも入ってしばらくMPを使ったらすぐHPをブーストしよう・・・と思っていた。

こちらも突撃!開幕からいきなり「ロウイン」という範囲悪疫を食らう。TPMP同時スリップ。サポ赤で回復補助もしてくれながら連携で削る役のTokiwaにはたまったもんじゃない攻撃である。

T「うおおおお、イレースをくれーーー!!!!」

SSはAチームの戦闘風景デス。


と叫ぶTokiwaに冷静にウイルナをかける。そして無敵状態が終わったので、INT装備に着替えてHPを満タンにして精霊を!水が弱点とのことだったが、とりあえず杖を持っているのでブリザドIIIを撃ってみる。

ギャーータゲキター!

やはりか。慌てて走るチョロ。ブリンクの幻影が1枚、また1枚とはがされていく。あぁ・・ブリンクなくなった。でもまだ無傷のストンスキンがあるから、それがはがれるまでにはタゲを取り返してもらえるだろう。

Apisの攻撃→Choroに450のダメージ。

?!ストンスキンの上から450?!なんじゃそら!

次の瞬間には地面に伏せていた。うわぁぁぁぁん、MPまだドッサリあったのにー!

すぐにリレイズで起き上がる。そしてすぐリレイズをかけなおす。とりあえずまたロウインでTPMPスリップしているのを治す補助にまわろう・・・。

ちょうど敵も無敵状態だったので、衰弱の間そうしよう、と思ったら攻撃可能状態になった。ObsidianとTokiwaの連携が始まる。あぁ・・・MBしたかったけど・・・衰弱でリレイズしたからMP全然ないや・・・。仕方ないな。

そして敵のHPが後わずかになった。ここは衰弱でも魔力の泉で精霊いく場面だね!Aoyの声が飛ぶ。

A「チョロさん古代いっちゃえーーー」

古代!そんな魔法忘れてた。おっしゃーいったるー!

Choroの魔力の泉!
ChoroはApisにフラッドを唱えた。

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ・・・・・・・・・・

相変わらずなげーなー、詠唱時間。でももうちょいだ!これで仕留めれるかも?

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ・・・・・・

TokiwaはApisを倒した。



・・・・・・・・・ええねん・・別に。泉とかさ、古代とか。そんなんでカッコよく活躍した事とかないし。ええねん・・・。

チョロの古代詠唱中にApisはTokiwaにトドメを刺されて崩れ落ちた。

T「ご、ごめん・・・あんなに効くとは・・・」
A「(;;´∀`)」

みんなの同情の視線を一身に受けながら箱があけられた。
箱の中身は・・・

・龍骨
・ギガントマント
・マーシャルボウ


キャーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!デーーターーーー!

ギガントマント:背 防4 HP+80 Lv70〜 All Jobs

競売でみたその日からチョロが憧れていたマントである。周りのみんなも大騒ぎ。HPはどんなジョブの人も、どんな種族の人も、万人が平等にそれぞれの理由で欲しいものである。こりゃーいいもんがでた!もう一つのマーシャルボウ、という弓は、TPボーナスのついた弓だった。

とりあえず龍骨2つとレイズIIIとマーシャルボウは全員一致で売り飛ばす事になった。売り上げを全員でワリカンである。そして・・・・・・・・・・・・・・

「ねぇ、どうする?このマント。ハァハァ」
「欲しい人挙手!」
「全員に決まってるw」
「ガ、ガチ?ガチロットなのか?ハァハァ」
「他のサーバーだとコレ1500万とか値段ついてるとこあるらしいよ・・・。ハァハァ」
「ママママジッスカ!!!!!ハァハァ」

みんな、マントの性能と売った場合の売り上げの多さの板ばさみになって悶絶していた。

「この間このマント800万で売りますサチコみたよ」
「え、それで?それでそれは売れてたの?!」
「いや、知りません・・・」
「ここはLSのタンクである俺に・・・」
「いやいや、ここはガルカに。スピすごいことになるよ!」
「いやいや、ここはタルタルの死亡率を下げる方向で・・・」
「こんなに悩むならいっそ捨てちまえ!」
「おっけー捨ててくるからちょっと貸して(´_ゝ`)」
「どこに捨てたか教えてね・・・・」

ややこしい探りあいの会話が続く。

このマントは欲しいけど、そんなに高く売れるなら売ってワリカンもいいな・・・きっとみんなそんな風に思っていたはずだ。ENMにはまた来るし、また出るかもしれないし!
またもし出たらそれは今度こそ装備として欲しい人でガチンコロットする、ってことで、この1つ目は売ってみんなでワリカンにしない・・・・?という空気が蔓延していた。でもHPが80も増えた自分を想像すると「売っちゃえ!」とハッキリ言えない複雑な精神状況がみんなを支配していた。

Porojrがアイデアを1つだした。

P「じゃあ、こうしよう!装備として欲しい人。売り目的じゃない人ね。その人だけでランダムして、勝った人が今日から毎日青サチコで売る。値段はみんなで決める。んで、売れるまではその人が装備しててオッケー!どう?」

「ソレダ!」
「それがいい」
「そうしよう」

一度は装備してみたい、そんな欲望も叶えて最終的には売り目的、という中々良いアイデアがでて、満場一致でソレに決まった。ランダムに勝利したのはBaphometだった。

B「HP1300超えたゼーーーーヒャッホーーーーーイ!」

ヒュームのHPの少なさに泣いて、ガルカに憧れている忍者のBaphometはとってもうれしそうだった。青サチコで売る値段は「一人100万ってどう?(*'-')」という意見で1200万Gという夢を追った値段に設定された。

いつかはチョロもあのマントを手に入れて死なない黒になりたい。HP80。それは数字でみるとちっぽけかもしれないけど、1でも残れば生き延びれて、死んだら何も出来ないこのヴァナディールでは、HPは1でも増えたらそれだけ貢献できる確率があがるのだ。

Baphometは早速青サチコを書いて、この日はジュノからバタリアに出た所で寝バザーをすると言って落ちた。

このマントに1200万Gの価値を見出してくれる勇者の登場を心待ちにしながら今日のチョロ・ログアウト。
PR
   
   
            
この記事にコメントする
   
name
title
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
  
        
         
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
   
        
  
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

FF11-漂流者
神の声
  • 第六百七十五話:書くよりログイン
    ちょろ(11/13)
  • 第六百七十五話:書くよりログイン
    どら(07/27)
  • 第六百七十四話:表示しない、という選択
    tokiwa(12/19)
  • 第六百七十四話:表示しない、という選択
    次郎(11/19)
  • 第六百七十三話:鋭利すぎる杖
    Kag(11/16)
  • 第六百七十三話:鋭利すぎる杖
    次郎(11/15)
  • 第六百七十二話:ギルドひきこもごも
    次郎(11/10)
  • 第六百七十一話:激闘!カッターズクライ
    Bafo(11/07)
  • 第六百七十一話:激闘!カッターズクライ
    白蘭(11/06)
  • 第六百七十一話:激闘!カッターズクライ
    third(11/05)
リンクについて
当Blogはリンクフリーです。

リンクしてくれた場合、報告してくれるとすごくウレシいです!
報告はコメント、非公開コメント共に大歓迎ですが、極度の照れ屋さんはメールフォームがサイドバーの一番下にあるので是非ご利用ください。
秘密の儲け話も大歓迎(*'-')

↓はバナーです。ご自由にお持ち帰りください!

チョロのヴァナ・ディール漂流記 チョロのヴァナ・ディール漂流記 チョロのヴァナ・ディール漂流記 チョロのヴァナ・ディール漂流記

Special Thanks!
ミスラ吟遊詩人日記:ヨーデル様
バナー作成有難うございました。
TBP


Powered by BlogPeople















チョロにメール
ブログ内検索
コミュニティサイトリンク
  
       
+++ Powered By 忍者ブログ +++
Copyright (C) チョロのヴァナ・ディール⇔エオルゼア漂流記 ++ Template Designed BY (C) Pavloba
+++ 忍者ブログ [PR]
 +++