忍者ブログ   
HOME ∥∥ admin
  元FF11アレクサンダー⇒シヴァで活動するLS『LittleBrownJug』所属・Choro(シヴァではChoroc)の不定期更新日記です。 2013年9月より、FF14フェンリルサーバー「ChoroCalico」でのプレイ日記になりました。
                       
   
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   
   
   
                       
   
お盆期間の金曜日、ひっさしぶりに氷河へ突入することができた。
実に8週間ぶり!
氷河は毎回ダイス勝負をしてもらっているんだけど、もう何回勝てていないか数えるのもやめたほど(´;ω;`)

Ajimaruのレリックが証待ち状態まで進んでいるので、今日は是非とも証を取りたいところ!
クリア狙いの人もいないので、証に向かって突き進むことにした。

以前は、ボスを倒した後でも証を1つ取れるくらいの参加人数だったけど、最近はめっきり少ない。
なので、ハイドラ方面へ向かう坂で二手に分かれる作戦を実行してみることにした。

・坂を登らず崖下の延長を取りに行く黒PT(黒4吟1コ1ナ1)
・坂を登ってハイドラ坂までを掃除しながら進む通常PT+釣り部。


虎ロードの敵は、先に釣り部が釣って通常PTへお持ち帰り。
これで、ハイドラ坂に通常PTが着く頃に、黒PTが崖下延長を取り終わって合流する予定だった。

しかし、現実は、黒PTが思いの他遅れる結果となってしまった。
崖延長までの敵は石1獣人2程度なので、黒PTでジワジワ倒しながら進んでいた。
で、崖寸前の回避不可能なちょっと多目の敵だけは、後から駆けつけた釣り部のポロが通常PTへお持ち帰りする予定だったのだ。

でも、そこまで進む間にも、通常PTからかなり悲鳴が聞こえてきていたので、黒で何とかできるんじゃない?ここでやっちゃおう!という事にしたのだ。
これがいけなかった…。

スリプガがたくさんあることを過信しすぎていた。
ここの処理にかなりの時間がかかってしまった。

本来はハイドラ坂の一番下から大マラソン大会の予定だった。
でも黒がモタついてるので、ただ待つなら少しでもAFだそうという事で、通常PTはやる予定ではない(やらなくても同じ作戦が実行できる)最初の坂のハイドラの処理を始めていた。

やっと合流できたのは、坂のハイドラ処理が終わる頃。
既に時間は後30分くらい。
ボスと15分延長の1つは今回は取らない(取れない)ので時間がない(´;ω;`)
焦る…。
そこから久しぶりの大マラソン大会を行った。

坂の上から、先頭Ajimaruの猛ダッシュ。
みんなはそれに続け!
万一絡まれちゃっても、起き上がって走って走って走りぬけ!!
目指せヌエ塔裏。
そしてヌエ塔の裏で死ぬように!

証とり070813-2全員がヌエ塔裏までたどり着けば作戦は成功。
たどり着けなかった人はHPへ戻って入りなおしてもらう。
何人がたどり着けるかな…。


結果は、途中で死んでしまってリレはあるけど起きるタイミングが掴めなくなってしまったロラさんと、眠かったというつばさの2名。
もっとたくさん脱落するかと思ったのに、みんなスゴイ!

つばさはそのまま落ちたので、ロラさんには申し訳ないけどHPへ戻って入りなおしてもらおうと思ったが、全ての敵が元の配置に戻ったらリレで起きれる位置だった様子。
無事にリレで起きれたので、一足先に外で時計を量産してもらうことにした。

証とり070813-1そしてこちらはヌエ塔のボス退治。
まずは裏まで押し寄せてきていた敵が戻るのを待って、みんなの衰弱を治す。
その間に作戦を再説明!


・釣り部がボスを釣って今度は今来た道を逆に走るので、ボスだけ抜いて戦闘開始!
・ボスを倒したらみんなで時計を捨てて、再突入。
・盾の証の塔まで進みながら衰弱を治して、証NMに挑む!!


時間がないので説明も駆け足。
でもみんなちゃんと理解してくれていた。

ギャーギャー言いながらボスを倒し終わった時点で残り時間約15分。
再突入の衰弱は10分かかる。
あぁぁぁああ時間がナイナイナイ!!

鬼ダッシュで再突入して、衰弱のまま塔の手前に1体だけいる敵を狩り、塔に到着したのが5分前。

塔に向かいながら証NMの作戦おさらいをしていたので、到着してすぐにNMを釣った。
TPを貯める時間もない。

みんな理解が深くて、誰もおかしな行動はしなかった。
でも、でも、火力が足りない…。

以前は戦闘開始さえすれば、危なげなく沈んでいた証NMが異様に強く感じる。
時間がかかっているから、引き離していた側近も戻ってきてしまう。
それでも、余力のある人が再度引き離し、みんなアビを解放し、必死で戦った。

証NM070826証NMのHPは残り1/5程度。
でも、全然削れない…。削る速度が遅い…。


チョロはというと、

MPを使い果たす→1回死ぬ→起きて泉を発動→その瞬間側近が戻ってきて、1発も撃てずに泉が無駄になる→W衰弱。

というダメダメっぷり。
怒りの矛先は自分しかなく、やるせなさにイライラしながら回復補助に徹していた。

そして証NMとの戦闘中に時間切れとなってしまった……。
氷河には中々入れないし、Ajimaruは既に証をすぐ使える状態まで強化を進めているというのに、こんなに悔しいことは無い。

滅多にないチャンスを逃してしまった。
時間切れの原因の一つは、間違いなく自分が所属している黒PTがもたついてしまった事。
過信したのは自分。ここでやろうという意見をだしたのも自分。
もう、ホントに、言葉が出ないくらい悔しかった。

あの時、たとえ悲鳴が聞こえていたとしても、自分を過信せずに、後ろへ流していたら…。
だって通常PTと延長の崖はすごく離れているし、崖の敵が到着する頃には現場は落ち着いていたかもしれないのに…。
坂のハイドラなんてやらないですむように合流できて、もっと早くマラソン大会を実行出来ていたら…。

色んな後悔が浮かんで吐きそうだった。
次に氷河に入れるのはいつになるのかなぁ…。

最近新たに入団してくれた仲間もたくさんいるし、次の氷河はクリアも狙いたい。
そういう意味でも、今回証が取れなかったのは本当に残念だった…。

頼むから複数LSが同じ裏エリアに入れるようにしておくれよ。
2LSでいいんだよ!
それだけですごくすごく道は開けるんだよ…。

裏へのテコいれパッチを今まで以上に欲しながら、今日のチョロ・ログアウト。
PR
   
   
            
この記事にコメントする
   
name
title
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
  
          
 
無題
裏氷河お疲れさま〜。

自分の提案した作戦で失敗しちゃうと、やっぱヘコむよね(・ω・)
でも失敗の経験もきっと次へ生かせるはず!がんば!
たるまじ URL 2007/08/27(Mon)12:05:17 コメントの編集
     
              
 
無題
ありがとぅ…。
いや、ほんと「また機会があるさー!」ってな場所ならいいんだけど、チャンスが少ないからかなり悔しかった…。
ちょろ URL 2007/08/27(Mon)18:59:10 コメントの編集
     
            
         
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
   
        
  
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

FF11-漂流者
神の声
  • 第六百七十五話:書くよりログイン
    ちょろ(11/13)
  • 第六百七十五話:書くよりログイン
    どら(07/27)
  • 第六百七十四話:表示しない、という選択
    tokiwa(12/19)
  • 第六百七十四話:表示しない、という選択
    次郎(11/19)
  • 第六百七十三話:鋭利すぎる杖
    Kag(11/16)
  • 第六百七十三話:鋭利すぎる杖
    次郎(11/15)
  • 第六百七十二話:ギルドひきこもごも
    次郎(11/10)
  • 第六百七十一話:激闘!カッターズクライ
    Bafo(11/07)
  • 第六百七十一話:激闘!カッターズクライ
    白蘭(11/06)
  • 第六百七十一話:激闘!カッターズクライ
    third(11/05)
リンクについて
当Blogはリンクフリーです。

リンクしてくれた場合、報告してくれるとすごくウレシいです!
報告はコメント、非公開コメント共に大歓迎ですが、極度の照れ屋さんはメールフォームがサイドバーの一番下にあるので是非ご利用ください。
秘密の儲け話も大歓迎(*'-')

↓はバナーです。ご自由にお持ち帰りください!

チョロのヴァナ・ディール漂流記 チョロのヴァナ・ディール漂流記 チョロのヴァナ・ディール漂流記 チョロのヴァナ・ディール漂流記

Special Thanks!
ミスラ吟遊詩人日記:ヨーデル様
バナー作成有難うございました。
TBP


Powered by BlogPeople















チョロにメール
ブログ内検索
コミュニティサイトリンク
  
       
+++ Powered By 忍者ブログ +++
Copyright (C) チョロのヴァナ・ディール⇔エオルゼア漂流記 ++ Template Designed BY (C) Pavloba
+++ 忍者ブログ [PR]
 +++