忍者ブログ   
HOME ∥∥ admin
  元FF11アレクサンダー⇒シヴァで活動するLS『LittleBrownJug』所属・Choro(シヴァではChoroc)の不定期更新日記です。 2013年9月より、FF14フェンリルサーバー「ChoroCalico」でのプレイ日記になりました。
                       
   
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   
   
   
                       
   
毎週参加する事は出来ていないけど、出来る限り参加して楽しんでいる火曜日の部活【リンバス部】【サルベージ部】
21時からリンバスへ行って終わったらサルベージ、という感じで行われている。

サルベージは、修正前にチョコチョコ遊んではいたものの、本格的な攻略とはほど遠いものだった。
最近はサルベージの攻略法もどんどん確立されていっているようで、白門にいるとたくさんのshoutを耳にする。

そんな中、サルベージ初心者軍団のLBJでサルベージの攻略を始めたのが今年の春。
当初は色々なエリアにいって、それぞれの特徴を見ながら楽しんでいたんだけど、最近ではバフラウ遺構のボス攻略に向けてずっと頑張っていた。

野良shoutでは1PT程度で攻略しているバフラウボス。
ジョブ構成もかなり限らているらしく、shoutを聞いているとかなりピンポイントで募集されている。
そんな中、LBJでは相変わらず【その日の参加メンバーで出来る構成】で攻略を行っていた。




最初はかすりもしなかったバフラウボス。
時間を残して到達する事もままならない時期もあった。
ずっと盾はナイトで挑んでいたけれど、MPがどうしても追いつかなくて忍盾に変更した時もあった。
15人くらいでの攻略になると開放に時間がかかり【どの程度の開放でストップするか】がとても難しい決断となっていた。

時間との戦い。
100分がものすごく短く感じるサルベージ。
毎回毎回少しずつ、少しずつ進歩していった。
本当に牛歩だった。
牛歩でしか歩めなかった、という方が正しいかもしれない。
全ての装備がなく、サポやステータスも制限され【普段当たり前に出来る事】が出来ない局面の中進んで行くのは、普段の遊びとは全く違った楽しさと厳しさがあった。

進行指揮者の味。
進行指揮者の右腕として走り回る釣り役デクちん。
装備開放指示者の殴子。
優先開放指定以外の魔道士たちは、序盤は箱の中身を一生懸命報告。
誰がどこまで開放されているか調べて報告する人。

参加を重ねるごとに必要な役割がわかってきて、必要な言葉が出るようになってきた。
中ではとにかく時間がなくて、言葉を発する余裕もない。
最初は遠慮が重なってパスしすぎていた開放アイテムたちも【流れるくらいなら積極的にロットして、使う前に一度周りに確認】の意識が広がるにつれて、徐々に上手くいきわたるようになってきた。

サルベ080814-1.jpg


最初はLBJだけだったけど、その時間にヒマそうにしている友達を誘っているうちに、この時間になるとソロで遊んで待っていてくれる人が増えてきた。
【リンバス後】という曖昧な時間設定のため、リンバスが早く終われば早く始まるし、待ちが出ればその分遅くなる。
明確に〇時からって伝えてあげれないのに、なんとなく毎週来てくれるフレンドたちができていってとってもウレシイ!




ボスには本当に苦労して、色んな作戦を試した。
ギアを全て倒すと弱体されるホーミングミサイルをどうするか、毎回違う事を試した。
予定としてはホーミングは完封なんだけど、万が一発動してしまった時のために、前の層のギアをやるかどうか。
完封作戦なのだから、失敗を想定するのはやめよう!という時期もあったし、少しだけやってみよう、という時期もあった。
今では、その他の層の進行に慣れてきて時間に余裕が出来てきた事と、10体全てをやった時のホーミングの弱さにビックリして、可能な限りギアは倒す事にしている。

そして挑んだ前回のバフラウボス。
盾は忍者の殴子とモンクの自分だった。
チョロは、その日によって赤か黒かモの足りないジョブで参加していたのだけど、この日はモンクで出動していた。
モンクでの出動は、サポ戦、サポ白を試して、バフラウボスではサポ白が一番いいような気がしていた。
なぜなら、それまでモンクで行った時は、ボスは全て気孔弾による移動大砲として頑張っていたからだ。
状態異常のフォローもできるし、MNDもあがるし、良い事ずくめだ!と思っていたのだけど、この日は行く前からボスでの盾役を指定されていた。
緊張しすぎて吐きそうになりながら、初めてのサポ忍で挑んでいた。

悩んだのは武器。
今までは、最初はデストロイヤーを使用し、遠隔開放があまり出したら貰ってフェイスバグナウに持ち替えていた。
4層のボス弱体戦車の時は、もう一度デストロイヤーに持ち替えて【猫足立ち】を使っていた。
そしてボスは麒麟棍を握っていた。

しかしボスの盾ではどうだ?
タゲを取るという意味ではフェイスがいいのかもしれないが、WSが多発してしまわないだろうか。
心配だったけど、それでもフェイスを使って、メンバーに感想を聞く事にした。

そしてこの時のボス戦。
過去に類を見ない削れっぷり。
もう勝ったと思える所まで削れたにも関わらず、MPが途中で切れてしまい、ズルズルと筋肉と盾が没り、後1mm以下のHPを残して時間切れとなってしまったのだ。

もう悔しくて悔しくて…。
そしてこの日の反省会でフェイスを使用した際のWS頻度についてみんなに感想を聞いたところ、色々な意味で問題ないとの答えを貰ったので、ボスの武器はフェイスで行く事に決めた。




サルベ080814-2.jpg


そして今回。
今度はボスの盾はチョロ1人で行く事になってしまった。
WSを二人被弾するのがもったいない、という意見。
しかし、HPが持つのか…?
バフラウボスには、蝉全消しのWSが複数あり、蝉が回るとか回らないとかの問題じゃないのだ。
でも、頑張るしかない!

サルベージでモ盾の可能性を伝えられてから、それまで弱体スキルをコツコツ強化していたメリポを中断し、ひそかにカウンターに振っていた。
でもまだまだMAX強化には程遠い…。
発動してくれるだろうか…?
ていうか、どうやってタゲとるの?!
通常攻撃で圧倒的にタゲ取れるようなモンクじゃないと機能しないんじゃ?!

ボス前の戦車の時点でもタゲは狩人張り付いていて、自分はタゲを取れていなかった。
こんなんでボスでタゲ取れるの…?
色々な不安を抱えて、この日のボスに挑んだ。

体力の薬を飲んで、時間の関係で4回だけためて、気孔弾でスタートした。
いきなりの麻痺に焦ったけど、持っている薬を全部飲んでひたすらWSを撃った。
張ったはじから蝉が消える。
麻痺で唱えれない。
「まひです~」と何度も言うけど、その文字を打つこともままならない。

Takuro「**************」

自分の回復を担当してくれているタクちゃんがなんか言ってる。
でももうログ流れちゃった。
過去ログ見てる余裕ない、どうしよう…。

Porojr「たくちゃんが、麻痺したら@って打って、って言ってるよ!」

リアルで怒号が飛んできて、そこからは「@」を連打した。
「開幕で百列いってもいいよ」っていう殴子の言葉を思い出したけど、王者の薬の効果が切れてからにしよう、と思っているうちに使うのを忘れていた。

前回はだまし討ちを貰えたからタゲがガッチリだったけど、今回はサポシのメンバーのサポ開放が叶わなかった。
開始前、だまし討ちなしでどうなるのか不安すぎたけど、本番中は不安が頭をよぎる余裕もなかった。

ホーミングを食らってもいいようにはしてあるけど、出来るだけ発動しないように必死で横に移動。
でも、半分くらい削れたところで、とうとうタゲが動き出してしまった。
きっと狩人にタゲが行っているんだろう。
でも、なにをしたらいいの?!
そこでやっと2hアビ未使用な事を思い出して、百列拳発動!

死亡ログがどんどん流れる。
でも誰が死んじゃってるのかみる余裕がない。
タ、タクちゃんは生きてるの??
それさえ確認する余裕がなかった。

もう、もう後ちょっと。
ボス@2mmくらい。
あぁ、忍具が切れた、たすきたすき!
あ~~~HPが削られる。
魔道士のMPは?
時間は後どのくらいあるの?????
お願い誰か、誰か~~!!!

もう自分に出来る事は蝉の張替えだけで、他に何が出来るのか思いつかなくて、なんだか他力本願な思考が頭をよぎった時

Alevia「キタキタキターーーー! (パーティメンバーがいません)」
Aleviaの明鏡止水。

見慣れたマクロが飛び込んできた。
チョロの後から殴子が走ってきた。
殴子、HPどんだけあるの?!
お願い、死なないで!打ち切ってくれよぉ~~~!!!

そして次の瞬間にはみんなの歓喜の声が聞こえてきていた。
序盤はここの攻略をしていたなかったとはいえ、ほぼ半年の歳月をかけてえ、やっとバフラウボスに勝利!!!!!!!

もう、感動で、感動で、本当にウレシくって。

進歩しているようで進歩してないんじゃないだろうか、って悩んだ事とか、

ナイトで盾をしながら進行指揮していた味が、必死で薬をガブ飲みしたら退出アイテムまで使っちゃったこととか、

野良サルベージに参加して戦術勉強しようと思いつつまだ一度も行けてないこととか、

攻略本を見ながら攻略してたら、本が間違ってたこととか、

攻略とアイテム取得の平行が難しすぎて、味が悩みすぎてハゲかけていたこととか、

もう、色んな事が思い出されて、マジで感動した!!!!!
終わって落ち着いてみたら、やっぱりタゲはちゃんと取れていなかったし、最悪な事に【回避】【集中】【かまえる】の全てのアビを使うのを忘れてた…(・_・;)
そして、バルチャストーンが途中で切れてたみたいで、遠隔スロットには何も装備していなかった…。
後半は、ただの間隔の長い武器を使っていたんだなぁ。

サルベージは、ボスを倒す事だけが目的じゃなくて、様々なNMからアイテムを取る事も出来る。
それに、ボス自体も4箇所あるうちの1つを倒しただけ。
まだまだまだまだ先が長いサルベージ。
それでも、1つ目のゴールテープを切った気がして本当にウレシかった。

SSを1枚も撮れてないのに、こんな長い記事書いちゃってどうしよ…と悩んだあげく、今回の攻略に全然関係ない過去の写真を盛り込んでみたけど、どうなんだろ…思いつつ、今日のチョロ・ログアウト。
PR
   
   
            
この記事にコメントする
   
name
title
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
  
          
 
無題
オォー(・д・)
バフボス倒せたのね~おめでとぉですぅ(☆▽☆)
場所によって開放アイテム中々出無いから辛いわよね;w;
うちは、開放するアイテムの順序をマクロで流しながらやってりゅ
女将 2008/08/15(Fri)03:58:29 コメントの編集
     
              
 
無題
まずは大きな、大変な戦いを乗り越えことに、おめでとうございます。いつも思うけど、皆で話し合って、大きな山を乗り越えるという、効率重視の戦いとは違った喜びが感じられますね。おいらも野良主催でサルベージに通い詰めた頃があったけど、その場合とにかく「負けない」事が大事になっちゃうんですよね。それはそれで緊張感があったけど、チョロさんたちの戦いの記録を見ると、「勝とう」という戦いの楽しさがあふれてると思います。

なかなかそれを続けて行くのはしんどい最近のヴァナの風潮ですが、これからも貫いてほしいと思ってます。次は銀海のボスとかどっすかねえ。すごいことになりそうな予感がしますが(笑)。
ヒゲエル 2008/08/16(Sat)08:19:42 コメントの編集
     
              
 
おめでとうございます!
いつもお邪魔させていただいております(〃▽〃)
感動して、おもわず書き込みしております・・♪

私もサルベは毎週通っております
始めたころは、同じようにバフボス相手に試行錯誤の毎日
@ちょっとが勝てない・・どうやって敵のTP技を抑えるか・・
タゲの固定は?後衛は十分?
いろいろ悩みが多い場所ですが、楽しみもまた多い!

文面を読んでいくと
初めてバフボスを撃破したときの感動がよみがえってきて
本当にじわ~んと涙がっ(´Д⊂
本当におめでとうございます!

まだまだチャレンジする敵・場所ありますが
少しずつオリジナルな攻略法を見つけながらがんばって下さいね
ヒゲエルさんも言われてますが「負けない」事ばかりではなく
「勝とう」とする楽しさ。それが一番だと思います(≧▽≦)
応援してますね☆
らいる 2008/08/16(Sat)10:37:03 コメントの編集
     
              
 
無題
サルベでモンク盾は今は多いようですが、決して楽なモノではないですよね。
挑発がデフォで使えないのはもちろん、サポ忍の恩恵を得られないジョブでもありますし(格闘はステの扱い等は片手武器扱いなのに、肝心なサポ忍での二刀流係数アップは格闘への効果はなし)。
削りに関してもサポ忍だと持ち味を発揮しにくいジョブのひとつです。
それでも壁を越えることができたのは見事な事だと思います!


通りすがり 2008/08/17(Sun)07:51:26 コメントの編集
     
              
 
無題
バフ攻略おめめと~ん

ちょろ達がどんなルートで進行しているのかわからんけど、
一度、1層+4層+ボスか1層いなかった場合は
2層+4層+ボスをやってみるとイイヨ。
4層のギア全撃破をやってホーミングの威力を抑えると、
きっと全然違ったボスを見れますよw

ツッコミどころとオチだらけなちょろに萌え( ゚Д゚)
そのままの君でイテクダサイ。
ぴんこ 2008/08/17(Sun)09:43:37 コメントの編集
     
              
 
無題
■女将さん
ありがとぉ~!
開放アイテムの偏りはいったいなんなんだろうねぇw
呪われたかのように1つの種類ばっかり出る時とかあって、悩ましいです。

あまちゃんから、女将さんたちも最近バフボス撃破したって聞きましたよ!
おめでとう!ありがとう!

■ヒゲエルさん
ありがとうございます!!
野良の方法も参考にはしたいんですけど、中々潜入するチャンスがなくて…w
撃破した今でも、「でもshoutみてると、野良は6人とかでコレクリアしてるよねぇ。すげーな、信じられーん」とみんなで話してました。

これからも自分達らしく楽しみたいと思ってます!
次はドコをやるのかな、ホント楽しみ!
最後の行から察するに、銀海ってトコは辛いんですね!
燃えます燃えます!(´∀`)

■らいるさん
ありがとうございまっす!
本当に後半が辛くて…倒せた時はマジで感動でした!
思い出がよみがえるなんて言ってもらえると、書いた甲斐があります、感激です('∇')

サルベージのほんの一部をクリアしたにすぎない事実はわかってるので、まだまだたくさんいる強敵たちに会うのが今から楽しみです!

■通りすがりさん
な…そうだったんですか!
二刀流には他のジョブだとそんな恩恵が…。
敵の技が蝉を消しまくるので、サポ忍に意味あるんか…?と悩んだこともありました。

というか、撃破した今でも「モンク」である必要がどこにあるのかはよくわかってません(・_・;)
戦士でも竜騎士でも侍でも暗黒でも、アタッカー前衛ならどのジョブいいような…でも、他のジョブではなくモンクの盾が流行る理由が何かあるんだろうとは思うのですが、それは何なんだろう、と不思議です。

開幕で百列をすることで一気にヘイトを稼ぐ事が出来るからなのかなぁ?(自分は忘れてたけど!)

盾経験皆無な自分にとって、本当に大きな1歩でした。
ありがとうございます!

■ぴんこ
1層いなかった場合とはなんぞや。
NMかい?
うちらは途中のNMは一切狙ってないよー。
ボスを倒す事だけに命かけてました!
慣れた人からみたらボス倒すだけに100分かけるなんてヘボいんだろうけど、NMとボスを同時に狙うのは今の自分達にはまだ無理だなぁ。

うちらは、階層を進みながら装備やステを開放して、4層のギアを全部やって、戦車をやって、ボスをしていたよん。
層を飛ばすっていうのがどういう意味かもよくわからんが、どの層でも敵と戦ってなんらかの解放をしています。

野良募集や通い詰めている人のブログをみると、随分少人数みたいだけど、うちらは12~15人くらいで行く事が多いから、全員がサルベージでの戦闘を楽しめるようにする解放を最低限に抑えてもそれなりに時間を食ってしまうってのも原因かもね。
でもこの「最低限」はまだまだ切り詰めれるとは思ってるので、頑張るよ!
サルベージ装備を作るアイテムを狙うのとは大きくかけ離れた攻略だけど、そっとしといてw

記事にも書いたように、ギア全部やれた場合とやれない場合のボスの差は経験済みw
むしろホーミング受けた方がいいんじゃないかっていう意見も出てきてるくらいだなー。

次の遺構に向けて頑張るぜぃ!
ちょろ 2008/08/17(Sun)19:09:01 コメントの編集
     
              
 
無題
バフボス討伐おめ!
自分の時は、2人フレいたけど、それ以外は毎回メンツが変わる野良でずーっと通ってたから、勝てるまでは上手くいかなくて毎週凹んでた(;´д⊂)
なので、勝てた時の喜びは凄く良く分かる!

…勝てても目当ての物が出るまですごく時間がかかるけど(ノ∀`)
たるまじ 2008/08/18(Mon)11:46:27 コメントの編集
     
              
 
無題
ありがとぉ!
野良で通い続けるのも根性いるねぇ。
毎回1から説明しなおしってのもハゲそう…。
ちょろ 2008/08/18(Mon)18:39:44 コメントの編集
     
            
           
  
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

FF11-漂流者
神の声
  • 第六百七十五話:書くよりログイン
    ちょろ(11/13)
  • 第六百七十五話:書くよりログイン
    どら(07/27)
  • 第六百七十四話:表示しない、という選択
    tokiwa(12/19)
  • 第六百七十四話:表示しない、という選択
    次郎(11/19)
  • 第六百七十三話:鋭利すぎる杖
    Kag(11/16)
  • 第六百七十三話:鋭利すぎる杖
    次郎(11/15)
  • 第六百七十二話:ギルドひきこもごも
    次郎(11/10)
  • 第六百七十一話:激闘!カッターズクライ
    Bafo(11/07)
  • 第六百七十一話:激闘!カッターズクライ
    白蘭(11/06)
  • 第六百七十一話:激闘!カッターズクライ
    third(11/05)
リンクについて
当Blogはリンクフリーです。

リンクしてくれた場合、報告してくれるとすごくウレシいです!
報告はコメント、非公開コメント共に大歓迎ですが、極度の照れ屋さんはメールフォームがサイドバーの一番下にあるので是非ご利用ください。
秘密の儲け話も大歓迎(*'-')

↓はバナーです。ご自由にお持ち帰りください!

チョロのヴァナ・ディール漂流記 チョロのヴァナ・ディール漂流記 チョロのヴァナ・ディール漂流記 チョロのヴァナ・ディール漂流記

Special Thanks!
ミスラ吟遊詩人日記:ヨーデル様
バナー作成有難うございました。
TBP


Powered by BlogPeople















チョロにメール
ブログ内検索
コミュニティサイトリンク
  
       
+++ Powered By 忍者ブログ +++
Copyright (C) チョロのヴァナ・ディール⇔エオルゼア漂流記 ++ Template Designed BY (C) Pavloba
+++ 忍者ブログ [PR]
 +++