忍者ブログ   
HOME ∥∥ admin
  元FF11アレクサンダー⇒シヴァで活動するLS『LittleBrownJug』所属・Choro(シヴァではChoroc)の不定期更新日記です。 2013年9月より、FF14フェンリルサーバー「ChoroCalico」でのプレイ日記になりました。
                       
   
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   
   
   
                       
   
明け方、1人、また1人と力尽きて寝ていく中、Porojr、Choro、Gyabanの3人が残る事がよくある。

そういう時「行った事ないアサルト行こうぜー」という展開になる事がこれまた多い。今回のソレが『イルルシ掃海作戦』だった。

イルルシ環礁の座礁船の残骸を、コルセアが密かに集めている、との密告があった。
故に皇国軍工兵隊では作業用オートマトンを用い、これらの残骸の解体を試みる。
アサルト要員は現地の指示に従い、掃海作業を幇助せよ。



マトンを使って解体?!意味わからん!こういう意味わからんのが大好き!!!

早速コレに3人で突撃。

入ってみると、NPCが。話しかけるとマトンが登場。NPCに話しかけた人についてくる。カワイィじゃないか…(*´д`*)

船スタートだったのでフィールドに出てみると、インプがいる。インプかぁ〜うざいなぁ。見破り…。

イルルシ掃海作戦070217-2で、解体ってなにを?と思って見回すと、木が崩れている場所があった。近づくとマトンが自動的になんかしゃべって解体作業を開始。ひとりでモクモクと「ドスッ!バキッ!」という音を立てている。


一緒に解体できるのかと思いきや、タゲれない。解体はマトンにしか出来ないんだな〜と思ってインプの掃除をすることに。

インプをしばいていると、後ろでマトンの声がした。セリフはハッキリ覚えてないけど

「ピーピー!マスターなんちゃらを喪失。新しいマスターを登録してください。」

というような事を言っている。なんなの!解体が終わったんか?

ビックリして近寄ると

「新しいマスター登録してください。カウントダウン5…4…3…2…1。マスター登録なかったから帰る!」

みたいな事を言って消えやがった(;゜д゜)

しかもカウントダウンはぇええぇぇぇぇよ!5から1まで数えるなら最低でも5秒は待てよ!カウント5するのに2秒なかったんちゃうか?!待つ気ないやん!

という訳でもう1回最初のNPCに話しかけて新しいマトンを貰ってきた。開始地点から全く進んでなかったので近くて助かった…。

こうして解体場所を見つけてマトンをしかけて、その間にインプを倒していたんだけど、どうやら近くにいればマスター登録は切れない様子。作業が終わると近くにきてジっとしている。
カワイィじゃないか…(*´д`*)

そして3つ目くらいの解体場所でマトンに作業をさせつつインプを倒していると…

「あれ?あのカニなに?」
「あんなのどこにいた?」


突然カニが登場してマトンを殴っている。慌ててスタンや挑発をいれるものの、タゲが剥がれない!ここで、マトンにケアルをかけれる事が判明。でもここにたどり着くまでまったく休憩せずに突き進んでいたので、チョロのMP全然ないし!

イルルシ掃海作戦070217-1元々インプリンクでフラフラだった所にカニ追加。マトンはカニにぶっ殺されて、そのままずるずる全滅。なんなのあのカニ?この木の所に住んでたんか?家壊されそうになって怒ってんの?



イルルシ掃海作戦070217-3ほんで何でもいいけど、全滅地点とカニ、めっちゃ近い…。

C「お、起きてみていい…?」
G「わし起きるわー!」



起きた瞬間襲ってくるカニ。アタリマエか…。しかしさすがガルカ!殴られても奇跡的に生き残り、その隙に空蝉を唱える事に成功!そのままダッシュで遠くへ走り去ってくれた。

その間に急いで起きてPorojrをトラクタ&蘇生。無事に復活できたのはいいけど…。マトンがいない…(´;ω;`)

C「ハゲ、マトン連れてきて(*'-')」
G「う、うん…」


衰弱のままNPCの元へ突き進むGyaban。どういうミラクルを使ったのかは知らないけど、NPC直前まで生きたままたどり着く⇒おそらく安全な場所で1回死⇒起きてマトンゲット。なんと素晴らしい…。死に慣れるって恐ろしい…。

こうしてマトンを再びゲットしたわけだけど、さっきのカニの住みかまでに当然インプがリポップしている。
どうやって連れてこようか…(・_・;)

と思っていたら、Gyabanがさっきのカニの住みかに反対側から登場。マップを理解していないチョロには考えられない行動だが、GJすぎる!

再びマトンに解体作業をさせながら、こっちはカニを退治。さっきのカニにはリベンジ成功!

このときもめっちゃ早いカウントダウンが始まったけど、神速で話しかけると「新しいマスターを登録しました」と言われた。話しかけるのは誰でもいいらしい。なんせ解体が終わった時に元のマスターが側にいるか、新しいマスターが話しかける必要がある様子。

そして次の解体現場へ行ったのだけど、ここでもまたカニポップ!カニ生息しすぎ!一体解体現場はいくつあるんだろう…。結局時間切れで敗退となってしまった。


しかし、面白い!こういう仕掛けというか、ただ殲滅するだけじゃないアサルトが楽しい♪インプが見破りで、カニからタゲをはがす事もできなくて、解体作業も手伝えないとなると、3人では厳しいアサルトなのかなぁ?この日はチケットが1枚しかなかったのでリベンジが出来なかったのがめっちゃ悔しかった。


次回のリベンジは、マトンをカニから守るためにも赤で行こうかな…とか思いながら、今日のチョロ・ログアウト。
PR
   
   
            
この記事にコメントする
   
name
title
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
  
          
 
無題
こんばんわw!

私もこの一風変わったアサルトとか好きですね〜!
一回やるともうめったに二度とやらなくなるのが残念です;;

ちなみに解体作業やってるところで戦闘になったとき、
敵にガ系魔法うつと範囲でマトンが攻撃してる残骸にもダメージ入るので、早くおわらせられますよw
やんぼう URL 2007/02/25(Sun)21:41:41 コメントの編集
     
              
 
無題
やんぼうさん、こんばんわ!

なるほど、ガ系を撃つと解体作業を手伝えるんですね。
あのカニにはホント参ってたので、次回は思いっきりガ系撃ってやることにします!
ちょろ URL 2007/02/27(Tue)19:17:53 コメントの編集
     
            
         
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
   
        
  
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

FF11-漂流者
神の声
  • 第六百七十五話:書くよりログイン
    ちょろ(11/13)
  • 第六百七十五話:書くよりログイン
    どら(07/27)
  • 第六百七十四話:表示しない、という選択
    tokiwa(12/19)
  • 第六百七十四話:表示しない、という選択
    次郎(11/19)
  • 第六百七十三話:鋭利すぎる杖
    Kag(11/16)
  • 第六百七十三話:鋭利すぎる杖
    次郎(11/15)
  • 第六百七十二話:ギルドひきこもごも
    次郎(11/10)
  • 第六百七十一話:激闘!カッターズクライ
    Bafo(11/07)
  • 第六百七十一話:激闘!カッターズクライ
    白蘭(11/06)
  • 第六百七十一話:激闘!カッターズクライ
    third(11/05)
リンクについて
当Blogはリンクフリーです。

リンクしてくれた場合、報告してくれるとすごくウレシいです!
報告はコメント、非公開コメント共に大歓迎ですが、極度の照れ屋さんはメールフォームがサイドバーの一番下にあるので是非ご利用ください。
秘密の儲け話も大歓迎(*'-')

↓はバナーです。ご自由にお持ち帰りください!

チョロのヴァナ・ディール漂流記 チョロのヴァナ・ディール漂流記 チョロのヴァナ・ディール漂流記 チョロのヴァナ・ディール漂流記

Special Thanks!
ミスラ吟遊詩人日記:ヨーデル様
バナー作成有難うございました。
TBP


Powered by BlogPeople















チョロにメール
ブログ内検索
コミュニティサイトリンク
  
       
+++ Powered By 忍者ブログ +++
Copyright (C) チョロのヴァナ・ディール⇔エオルゼア漂流記 ++ Template Designed BY (C) Pavloba
+++ 忍者ブログ [PR]
 +++