忍者ブログ   
HOME ∥∥ admin
  元FF11アレクサンダー⇒シヴァで活動するLS『LittleBrownJug』所属・Choro(シヴァではChoroc)の不定期更新日記です。 2013年9月より、FF14フェンリルサーバー「ChoroCalico」でのプレイ日記になりました。
                       
   
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   
   
   
                       
   
PM(プロマシアミッション)第三章最終段落に関する日記です。

0時くらいからPM進めようか〜、と前日にObsidianが企画してくれていたPMソ・ジヤBCに参加するためにログインした。

大体約束は全て口約束なのがLBJ。予定していたメンバーの半分がまだ来ていない。きていない場合余裕でほっとくのもLBJ。なんとなくメンツが揃ったら行こうか、という感じになっていた。

40制限なので装備を整えてリストを見ると、Bibbyが明らかにアットワ溝地に向かっている。さては・・・・・

この、今日行こうとしているソ・ジヤのBCに行くためにクリアしておかなくてはトリガーの一つに、アットワ溝地での登山がある。時間制限つきで山頂に玉を届けるこの登山が・・・・超クセ者なのだ。チョロも自分がやったときはDekuの後ろをひたすらついていった・・・はずが何故かはぐれて軽く5時間はDekuを拘束し、泣きながら登ったという思い出の場所である。

Bibbyもずいぶん前に登山に挑戦していたけど

B「登山きらい」

と言い放って挫折していた。

B「迷うとかな、そんなんはどうでもええねん。あの黒い霧で前に進まれへんのが許されへんねん」

明らかに言い訳だが、そんなBibbyが登山に向かっている様子なので、経験者のチョロとしてちょっと邪魔しに助けに行くことにした。

自分がやったときはDekuにまかせっきりだったので、ハッキリ言って全然道は知らない。でも登山口がどんな感じなのかだけはわかっているのでそれだけでも教えよう、と前回マップにマーカーした『tozan』のマーカーに向かって適当に歩いていたら

奇跡的に登山口に辿り着いた!

C「ビビー、ここやで〜」
B「うん、ずっとこの辺ウロついてる」
C「ここから登るねn」

スタスタスタスタ・・・・・


さっさと登山を始めるBibby。なんじゃい、登山口知ってるんじゃんよ!まぁ、いい・・・かすかな記憶を頼りについていこう。

途中、黒い霧に出くわした。

C「落ちるよ〜」
B「えっ」

フフフフフ・・・・やっと助けに来た感じになってきた!

C「消えない霧のところは落ちるねん〜」

進んでいくと木を1本渡してある橋についた。

B「この橋はじめて・・・」
C「せやろせやろ。」
B「ファミ通にのってる説明の意味がわかってきたーーー」

ファミ通のオマケについていたミッション情報を見ていたらしいのだけど、全然意味がわからなかったらしい。意味がわかったBibbyは記憶がウロ覚えなチョロを尻目にスタスタ歩いていく。

B「ここから時計周りらしい」
C「せやけど道ないで?」
B「ほんまや・・・・」

いきなりファミ通のオマケの情報が行き詰って困っているとブラクロを着た黒タルが歩いてきた。迷いのない感じで進んでいる。

C「アイツついていこう」
B「アイツ慣れとるな」

あまりにも迷いのない歩きのせいで途中で黒タルを見失ったが、もう頂上は目前に見えていた。途中からまたファミ通の情報も正しくなってきたらしく、二人はとうとう山頂に到着した。

C「やったーーーー!!!」
B「お〜〜やったーーー!」

山頂にタゲれるところがあって、そこをタゲったらイベント発生で登山完了である。
タゲれるところでBibbyを見ていると

B「間に合わなんだ」
C「えっ?」
B「だって途中で玉粉々なったもん」
C「先言えや・・・・」
B「入り口でタルに貰ったアイテムだけ渡しといた」
C「それなんか別のクエちゃうの・・・」


ズサーーーーっと山肌を滑り降りて玉を取り直し、今度は確実に山頂へ持っていけたようである。実はこのとき3人PTでPorojrも登山をしていたのだけど、中の人がベロベロの状態で同じ所で何度も道を踏み外しいつまでも登ることが出来なかった。

という訳でギリギリで登山に成功したBibbyと、1時ごろに寝坊して慌ててログインしてきたBaphometを入れてソ・ジヤへ。

途中の道はBaphometが知っていて危なげなくBCへ。

Obsidian(狩)
Deku(忍)
Baphomet(狩)
Gapuel(黒)
Bibby(赤)
Choro(白)


というメンバーで挑むことにした。0時ごろからやろうかと言っていた予定なのに、すでに3時前という何時もどおりのグダグダっぷりだった。

なにやらこのBCは戦闘中に足場が落ちていくらしく、作戦会議では、落ちる位置がわかっていないメンバー(つまりチョロ)にそれをいかにわからせるか、で時間を食った。地面のタイルを利用したり、キーボードのテンキーを例にしたりしてなんとか理解はした。

D「チョロ、ファミ通のオマケ本持ってるやろ?」

といわれて、慌ててそれを探したけど、それを見ても、自分が最初にいる位置がわからないことにはなんともいえない。とにかくみんなについていこう・・・・と内心で決めて突撃することにした。

PMはイベントが面白い。FFのミッションのイベントは全部好きだけど、コミカルあり、シリアスあり、のこのPMは今までで一番スキかも。じっくりイベントを見てからいざ!

Choroは引き寄せられた!

えっ、えっ、全然わからん。目の前をBaphometが走り去っていく。敵がいる。後衛の位置はどこだ・・・・?

慌ててBibbyとGapuelを探すと、二人とも近くにいた。すぐに近くに行ってひたすら回復と状態異常を治した。下にはクモ?ダニ?の敵がウジャウジャいて、落ちたらひとたまりもない感じだった。狩人二人と黒の攻撃でかなりのスピードで敵のHPが削れて行く。だけど味方のHPもかなりのスピードで削れて行く。印ケアルガ・・・印ケアルガ・・・・う〜〜間に合わない!!!

C「女神です。こんちわーーーーー('∇')」

前に走っていって女神発動。当然タゲがくるわけで、はがれまち。ジっと耐える。ブリストが剥がれる。ジっと耐える。

B「イーーーーゴーーーー」

Baphometのイーグルアイでタゲが剥がれ、すぐに後衛の位置に戻った。ここで床が落ちて下に落ちるくらいの大技を見せたかったが、あいにく笑いの神は舞い降りてこなかった。

そこからは2hアビの連発だった。チョロの左で魔力の泉が発動し、右で連続魔が発動する様子はちょっとカッコよかった。しかしSSを撮る余裕はナシ。やられる前にやれ、の猛攻撃で敵は崩れ落ちた!

実際、ソ・ジヤ内部とBCは意外なほど余裕だった。情報が出きっているから、情報ナシのドキドキ感と引き換えに作戦会議ができる、という感じだった。一番きつかったのはBCに行くための登山だった!!マチガイナイ!

イベントが進むのは楽しいし、これでタブナジアのOPや競売が使えるようになるらしい。OP大好きチョロとしてはウレシイ限りである。アル・タユという新エリアも実装されたことだし、その時いるメンバーでミッションを手伝いあいながら早くみんなで新エリアに行きたいな、と思った。

タブナジアに行ったら新しいイベントが見れてとても面白いらしいのだけど、眠さに負けて今日のチョロ・イベント見ないでログアウト。
PR
   
   
            
この記事にコメントする
   
name
title
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
  
          
 
無題
いいなぁいいなぁ!
hydrargyrum URL 2005/03/02(Wed)23:36:00 コメントの編集
     
              
 
無題
まだ回線おかしいのかい・・・?MHGやってるならナルっちがそういうの超詳しいから相談してみーー!
Choro-LBJ URL 2005/03/03(Thu)02:12:00 コメントの編集
     
              
 
無題
回線には問題ないと思う。
MHGは問題なく繋がってるし、POLにもつながるから。
ただ、オンライン認証だけがなんでかエラーでてインストールできてない状況でございます。
hydrargyrum URL 2005/03/03(Thu)12:57:00 コメントの編集
     
            
         
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
   
        
  
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

FF11-漂流者
神の声
  • 第六百七十五話:書くよりログイン
    ちょろ(11/13)
  • 第六百七十五話:書くよりログイン
    どら(07/27)
  • 第六百七十四話:表示しない、という選択
    tokiwa(12/19)
  • 第六百七十四話:表示しない、という選択
    次郎(11/19)
  • 第六百七十三話:鋭利すぎる杖
    Kag(11/16)
  • 第六百七十三話:鋭利すぎる杖
    次郎(11/15)
  • 第六百七十二話:ギルドひきこもごも
    次郎(11/10)
  • 第六百七十一話:激闘!カッターズクライ
    Bafo(11/07)
  • 第六百七十一話:激闘!カッターズクライ
    白蘭(11/06)
  • 第六百七十一話:激闘!カッターズクライ
    third(11/05)
リンクについて
当Blogはリンクフリーです。

リンクしてくれた場合、報告してくれるとすごくウレシいです!
報告はコメント、非公開コメント共に大歓迎ですが、極度の照れ屋さんはメールフォームがサイドバーの一番下にあるので是非ご利用ください。
秘密の儲け話も大歓迎(*'-')

↓はバナーです。ご自由にお持ち帰りください!

チョロのヴァナ・ディール漂流記 チョロのヴァナ・ディール漂流記 チョロのヴァナ・ディール漂流記 チョロのヴァナ・ディール漂流記

Special Thanks!
ミスラ吟遊詩人日記:ヨーデル様
バナー作成有難うございました。
TBP


Powered by BlogPeople















チョロにメール
ブログ内検索
コミュニティサイトリンク
  
       
+++ Powered By 忍者ブログ +++
Copyright (C) チョロのヴァナ・ディール⇔エオルゼア漂流記 ++ Template Designed BY (C) Pavloba
+++ 忍者ブログ [PR]
 +++