忍者ブログ   
HOME ∥∥ admin
  元FF11アレクサンダー⇒シヴァで活動するLS『LittleBrownJug』所属・Choro(シヴァではChoroc)の不定期更新日記です。 2013年9月より、FF14フェンリルサーバー「ChoroCalico」でのプレイ日記になりました。
                       
   
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   
   
   
                       
   
死者0で帰還したことは一度もない、という呪われた場所、アラパゴ暗礁域。

ZNMが実装されてからは、行けば最低5000、多ければ数万という経験値のロストを免れないアラパゴ暗礁域。

ここのZNMは今までに、金歯のホネ、リルアプカルの2つをやったワケだけど、今回3つ目の【法悦のザリクル】にトライした。
敵の種類は汁じい(クトゥルブ)である。
*クトゥルブは、HPが多いけど、与ダメももれなく2倍と言う事で、脳汁ヒャッホイになれることから、【汁じい】と呼ばれている。

この日も案の定???に到着するまでに大惨事。
しかもラミアNo.19がポップしてしまい、蘇生作業に向かった後衛を巻き込んで本番前にまずは全滅…。
ホント相性が悪いエリアだ!!

ラミア19-080615-3.jpg


ちなみに金歯の記事に書き忘れたけど、金歯との戦いでもラミアNo.19はポップした。
ちょうどチョロたちが着替えに戻っている間にポップしたらしい。
現地マラソン部隊が崩れてしまった原因は、No.19にもあったんだな…。


そして???の場所には雑魚汁じいが何匹かたむろしていて、近くに通路はあるものの、すぐ奥にも敵が控えている。
生命感知が近くに多く点在するから、マラソンが難しそうだな、というのが始める前に思っていた事だった。

この日の構成ははっきり覚えていないけれど、ナイト盾だったことだけはハッキリ覚えている。
ナイトのタクちゃんが、悲惨な目にあったことだけは…ハッキリ…覚えている…(´;ω;`)

まず、悲劇の始まりは、コイツの叫び声がオモシロ過ぎる事だった。

「フォーーーーッゥ」
「フォーーーーッゥ」
「フォーーーーッゥ」

「ちょwwwwwwwwwww」
「マイコーじゃないか」
「どんだけ元気なじーさんだ」


ZNMフォー080615-2.jpg


みんな爆笑しながら戦っていたんだけど、こいつの攻撃がなんせ痛い痛い!

「こ、これは…」
「蝉盾がよかったか!!!」


戦い始めてから気付いたけど、もうやっちゃってんだからしょうがない。
後衛は必死でタクちゃんを守りながら汁じいの叫び声を聞いていた。

「こいつのトリガーアイテム、【メロー11号の抜け殻】なんやで…」
「……」
「ブルセラショップ ラミア 下着あります」
「洗濯してません、脱ぎたてですぅ♪」
「フェチ爺…」


こんな話をしたからか、しないからか、汁じいは一刀両断をやたらと連発。
WSのはずなのに、この連発っぷりはどうだ!
オートリゲインでもついてるの???

この一刀両断もめっちゃくちゃ痛くて、しかもタゲがフラフラになる。
攻撃の何かにヘイトリセットがありそうなくらいタゲが固まらない。
いや、みんな死にまくりだから、そりゃヘイトも定まらないか…。

ZNMフォー080615-1.jpg


洞窟の表にはすでに雑魚汁じいがポップしているので、マラソンはできない。
洞窟の中の岩場を使ってグルグルするしかないか?!
しかし後半になると、範囲HP吸収の技を使ってきた。
衰弱でこれをくらうとひとたまりもない。
みんなリレで起きては、満足に休む場所も時間もなく、ただただ全力を尽くしていたのだけど…。

自分はみた…。
精霊をうつ自分を颯爽とかばってくれたタクちゃんが、一刀両断で息絶えたその後ろにぼんやり浮かぶ影を……。

「ぎゃーーーーーーーー」
「また沸いたーーーーー!!!!!!」


ラミア19-080615-2.jpg


本日2回目のNo.19のお出ましである。
向こうも向こうで、まさか同じ相手だとは思っていなかった事だろう。
すでに全滅寸前だったアラを次々に殺して、No.19は去っていった。

しかーーし!
我々は諦めなーーーい!!!
リレイズで起きる~~~!
何回でも起きてやるんじゃーーーー!!!!

諦めるにはもったいなすぎるくらい汁じいのHPが削れている。
どうしてもなんとかしたい!
勝ちたい!!!

POP地点に戻りかけていた汁じいを、Porojrが得意の(?)衰弱影縫いでキープし、奥にダッシュ!
いつもこの方法で残りのメンバーの回復時間を稼いでいるのだーいるのだああああ!!!

Porojr「あああああああああああああああ」

生命感知でPorojr、あえなく没。

「ここはマラソン厳しすぎる!!w」
「なんちゅうキツい場所だ…」
「っていうか、アッーーーーー!!!」


ラミア19-080615-1.jpg


本日3回目の……。

な、なによあんた!!
沸かそうとして必死になってた時は出てきてくれなかったくせに!!
なんで今日に限ってそんな簡単に出て来んのさ!

この3回目のNo.19登場で、一行は完全に息の根を止められた。
そして汁じい、消失…。

チクショーーー!!!!!!

汁じい対策より、No.19対策の方が大事なんじゃないか…と思いつつ、今日のチョロ・ログアウト。
PR
   
   
            
この記事にコメントする
   
name
title
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
  
          
 
無題
ラミアさん、ブルセラに売りにきたんでしょうかね。
買い取ってくれないから、うらめしや~って何度も来た感じですかのぅ(´ε`*)

全滅しちゃってガックリなんでしょうが、汁じいネタに爆笑しっぱなしでしたwww
【ごめんなさい】【ごめんなさい】
次郎 2008/06/25(Wed)20:44:51 コメントの編集
     
              
 
無題
いやいや、爆笑しながらの全滅なので問題ないです(´∀`)
次郎さんとこでも、今後は「汁じい」で統一お願いします!
ちょろ 2008/06/26(Thu)18:21:51 コメントの編集
     
              
 
無題
はじめまして!
楽しく読ませてもらってます^^

らみあNo19ですが、確かビシージ行軍中(ラミア)に
ザリクル沸くところでPCが死ぬとPCの上にNMが沸く仕様だったと思います。
行軍中でなくても沸いたかもしれませんが・・・
死なないように戦わないと阿鼻叫喚ですね、、
では、ちょっと古い日記にコメ残し失礼しました!
らお 2008/06/28(Sat)12:04:08 コメントの編集
     
              
 
無題
はじめまして!

丁度昨日またコイツに挑戦しまして…。
無事撃破することができました!
蝉があるとウソのように楽な相手でした。

で、現地に行くまでに死者多数で、またNo.19に出会ってしまいましたw
ビシージ行軍中ではなかったので、No.19とビシージ行軍には関連性はないようです~。
アラパゴへ遊びに行く際は気をつけてくださいね!
ちょろ 2008/06/29(Sun)18:41:34 コメントの編集
     
            
           
  
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

FF11-漂流者
神の声
  • 第六百七十五話:書くよりログイン
    ちょろ(11/13)
  • 第六百七十五話:書くよりログイン
    どら(07/27)
  • 第六百七十四話:表示しない、という選択
    tokiwa(12/19)
  • 第六百七十四話:表示しない、という選択
    次郎(11/19)
  • 第六百七十三話:鋭利すぎる杖
    Kag(11/16)
  • 第六百七十三話:鋭利すぎる杖
    次郎(11/15)
  • 第六百七十二話:ギルドひきこもごも
    次郎(11/10)
  • 第六百七十一話:激闘!カッターズクライ
    Bafo(11/07)
  • 第六百七十一話:激闘!カッターズクライ
    白蘭(11/06)
  • 第六百七十一話:激闘!カッターズクライ
    third(11/05)
リンクについて
当Blogはリンクフリーです。

リンクしてくれた場合、報告してくれるとすごくウレシいです!
報告はコメント、非公開コメント共に大歓迎ですが、極度の照れ屋さんはメールフォームがサイドバーの一番下にあるので是非ご利用ください。
秘密の儲け話も大歓迎(*'-')

↓はバナーです。ご自由にお持ち帰りください!

チョロのヴァナ・ディール漂流記 チョロのヴァナ・ディール漂流記 チョロのヴァナ・ディール漂流記 チョロのヴァナ・ディール漂流記

Special Thanks!
ミスラ吟遊詩人日記:ヨーデル様
バナー作成有難うございました。
TBP


Powered by BlogPeople















チョロにメール
ブログ内検索
コミュニティサイトリンク
  
       
+++ Powered By 忍者ブログ +++
Copyright (C) チョロのヴァナ・ディール⇔エオルゼア漂流記 ++ Template Designed BY (C) Pavloba
+++ 忍者ブログ [PR]
 +++