忍者ブログ   
HOME ∥∥ admin
  元FF11アレクサンダー⇒シヴァで活動するLS『LittleBrownJug』所属・Choro(シヴァではChoroc)の不定期更新日記です。 2013年9月より、FF14フェンリルサーバー「ChoroCalico」でのプレイ日記になりました。
                       
   
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   
   
   
                       
   
先日オンゾゾでタコNMから奪い取ったクラーケンクラブを、LSみんなで楽しんだ後サーチコメントで売りに出したところ、すぐに買い手がついた。申し込んできたのは「以前偶然クラーケンクラブを入手する機会があって、うれしくて99,999,999Gのカンストバザーしていたら普通に買われてしまったんです・・・。よく考えたらクラーケンクラブの相場は1億を超えている時もあったから、買われて当たり前だったんですけど、カンストバザー=捨て防止、というか売れる、という意識がなくてうっかりしてました。それで買い戻すチャンスを狙っていたんです。」というタルタルさんだった。

バタリアで無事に交換を終えたあと、タルタルさんはさっそく装備してウレシそうにそこいらのゴブを張り倒していた。なんだか普通の人に売れてよかったなーと思った。(普通じゃない人ってどんなだ・・・?)

そしてその99,999,999Gをあの日のメンバーで分けたのだ!つまり1人1000万以上なのだ!
早速クジャクの護符を競売から落とすBaphomet。
さらに500万の借金を上乗せしてクリークスパイルを買うBati。
ブリガン+1出品ないよー!と調子乗りすぎのGyaban。
ケタが多すぎてどうしていいかわからずひとまず所持金を見てニヤける事にした、というCogito。
将来のモンク用装備を競売で眺めつつ、とりあえず何か買いたくて赤用のワイズブラコーニを買うChoro。
ずっと持っていた免罪符をとうとう解除だ、とヘカトンの呪い装備を合成して割れるDeku。
みんな思い思いの行動に出ていた中、緊張の面持ちでタブナジアの街に向かうメンバーがいた。Porojr・ガルカ・吟遊詩人である。

ガラパス装備が出たとき、早速知り合いの骨職人に頼んで真っ先に合成してもらい全身カニで暴れていたPorojr、吟遊詩人。

裁縫の腕でためたお金でダスク装備を揃え、「どうしても詩人には見えないな」といつも言われていたPorojr、吟遊詩人。

「あ、ポロたんウィズインしたおー^^;」の合言葉で詩人のくせにとんでもないスピリッツウィズインのダメージをたたき出して喜んでいたPorojr、吟遊詩人。

「詩人さんサポ変えないんですか・・?」とレベルあげPTで言われ「あ、すいません。変えるの忘れてました。」と返事してサポシからサポ侍に変えていたPorojr、吟遊詩人。

魔道士のレベルは全て10以下、サポ白?それなんですか?そんなLSきっての脳筋詩人でありLBJのリーダーでもある彼が、今回初めて詩人らしい、そして詩人の憧れの「シャイルマンティル」を得るためにタブナジアへ走ったのである。

実装からしばらくは、「ヴリトラ」という一般人ではとても倒す事のできないNMからしか材料がドロップしない、という事で、一生手の届かないアイテム感が漂っていた。その後、タブナジアの店で800万Gで販売している謎のサブリガを雷合成で分解すると材料が取れる、という事がわかり吟遊詩人達は盛り上がっていたのだ。

でも800万、それだけで既に普通は手が届かない金額。Porojrが今までコツコツお金を貯めて買ってきた装備を全て売ればなんとか800万は作れるものの、分解というのはどんなにスキルがあっても3分の1は割れる、という恐ろしい合成なのだ。Porojrは

P「そんな必死でお金作ってやっても、俺、絶対割れるもん・・・」

と情けない声を出して今までずっと尻込みしていたのだ。でも、今回飛び込んできた1000万はいわば「予定外の収入」「あぶく銭」「ヒャッホイこづかい」なのだ。たとえ割れてもあの日のタコをなかったことにすれば今まで通りの生活が出来るのだ。他に特に欲しいものもないと言うし、今やらなくていつやるのか!こうしてPorojrは意を決して白いサブリガを買いに行ったのだ。

Porojrは裁縫職人なので、サブリガの分解は自分の仕事である。成功すればNQでカシミア糸3本(これがシャイルの材料となる)HQで光布、割れたらサブリガロスト、という恐怖の合成。みんなが見学に集まっていた。Porojrのリアルテンションはちょっと異常で、昨今ないくらい口数が多かった。

これが白サブリガ。今でこそカシミアを入手するためのアイテムだが、それが分かるまではこのグラのためだけに欲しがるサブリメンの憧れアイテムであったという。


この分解さえ乗り切れば、後はスキル依存の合成。もちろんスキル依存の合成だって運が悪ければいくら高スキルでも割れるけれど、一律3分の1割れるのとは大違いである。

いざ!!

ゴゴゴゴゴゴゴ・・・・・・・・・・・・・・


キターーーーヨーーーー

その場にいたメンバー全員が99%割れると思っていた、そして本人も覚悟していた分解、なんと成功!!!!そしてその後も快進撃は続き、



無事に織物を完成することが出来たのだ。

そして次の日、お友達の彫金職人さんと彫金ギルドで待ち合わせ。「方向は?時間は?指定ない?」と高額商品の依頼らしい質問をしてくれる職人さんに「全てまかせる!!!!」と告げ、最後の製品化への合成開始。そして・・・・・・・・・・


何と、ストレート割れなしでシャイルマンティルが完成したのだ。

Porojrは本当にウレシそうで、見ているこっちもウレシくなった。
他の裁縫職人さんの話を聞くと

「私も1回目ストレートで成功して、こりゃいける!と思って調子のって何度もやったらその後10回連続割れ・・・・・・・(⊃д⊂)」という恐ろしい話も聞いてしまった。

分解が1回目で成功したのは本当に運が良かったんだな〜。見た目が良くて性能もいい、という装備は中々ない。吟遊詩人のシャイル装備はその類稀な装備のうちの1つなのだ。

ガルカは装備が大きくて目立つ。腰の装飾をなびかせてPorojrはウレシそうに街を歩いていた。

最初に実装された4装束のうちの1つとして登場した詩人のシャイル胴。他の装束に比べて難易度はダントツの厳しさだった。半ば諦めていたこの装備、今回ハタから見ていても本当に勇気を出したな、と思うし無事に完成して本当によかった!

腰についているシャラシャラした装飾が気に入ったのか、下半身丸出しで街を歩くPorojrと他人のフリをしながら、今日のチョロ・ログアウト。
PR
   
   
            
この記事にコメントする
   
name
title
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
  
        
         
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
   
        
  
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

FF11-漂流者
神の声
  • 第六百七十五話:書くよりログイン
    ちょろ(11/13)
  • 第六百七十五話:書くよりログイン
    どら(07/27)
  • 第六百七十四話:表示しない、という選択
    tokiwa(12/19)
  • 第六百七十四話:表示しない、という選択
    次郎(11/19)
  • 第六百七十三話:鋭利すぎる杖
    Kag(11/16)
  • 第六百七十三話:鋭利すぎる杖
    次郎(11/15)
  • 第六百七十二話:ギルドひきこもごも
    次郎(11/10)
  • 第六百七十一話:激闘!カッターズクライ
    Bafo(11/07)
  • 第六百七十一話:激闘!カッターズクライ
    白蘭(11/06)
  • 第六百七十一話:激闘!カッターズクライ
    third(11/05)
リンクについて
当Blogはリンクフリーです。

リンクしてくれた場合、報告してくれるとすごくウレシいです!
報告はコメント、非公開コメント共に大歓迎ですが、極度の照れ屋さんはメールフォームがサイドバーの一番下にあるので是非ご利用ください。
秘密の儲け話も大歓迎(*'-')

↓はバナーです。ご自由にお持ち帰りください!

チョロのヴァナ・ディール漂流記 チョロのヴァナ・ディール漂流記 チョロのヴァナ・ディール漂流記 チョロのヴァナ・ディール漂流記

Special Thanks!
ミスラ吟遊詩人日記:ヨーデル様
バナー作成有難うございました。
TBP


Powered by BlogPeople















チョロにメール
ブログ内検索
コミュニティサイトリンク
  
       
+++ Powered By 忍者ブログ +++
Copyright (C) チョロのヴァナ・ディール⇔エオルゼア漂流記 ++ Template Designed BY (C) Pavloba
+++ 忍者ブログ [PR]
 +++