忍者ブログ   
HOME ∥∥ admin
  元FF11アレクサンダー⇒シヴァで活動するLS『LittleBrownJug』所属・Choro(シヴァではChoroc)の不定期更新日記です。 2013年9月より、FF14フェンリルサーバー「ChoroCalico」でのプレイ日記になりました。
                       
   
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   
   
   
                       
   
先日の予告の日、予告どおり深夜3時に24時間のスーパーへ突撃。

カボチャ…カボチャはどこだと小走りで探すも、1/4カットになったカボチャばかり(´;ω;`)
こんなところで躓くのかっ!!とキレかけのチョロの目に飛び込んできたのは、ガラッガラのカゴの中にポツンと1つだけ売れ残っていた坊ちゃんカボチャだった。

坊ちゃんカボチャをご存知か?



一個の重さが500gくらいのちいさなかぼちゃです。
普通のかぼちゃの半分以下のサイズながら味はピカ一坊。
さらに坊ちゃんかぼちゃはビタミンA効力が普通のかぼちゃの3~4倍といわれ糖質とタンパク質も多いので、甘くてホクホクです。
普通のかぼちゃでこのサイズなら市場では取り扱ってくれないでしょうが坊ちゃん南瓜はおいしいで有名なため市場よりも高い値段で取引されることもしばしば。
引用:野菜果物辞典

「高い値段で取引されることもしばしば」
まさにその通り…ワンタイムパスとほぼ同等の直径のくせに350円もしやがった。
ビタミンA効力を全く必要としないこの局面で、歯軋りしながらお金を払い、帰宅。
Porojrに「何がはじまったん…」と呆れられながら作業を始めた。




まずは紙に絵を描く。
絵柄はFF11に関係のあるものでなくてはならない、というのが応募条件の1つ。
予告通り、コレだ。




これが何なのかは見ればわかると思うので説明は省こう。
最初ボールペンで書いたけど、彫る部分がわかりやすいように太いペンでなぞってみた。
深夜4時に機転の利くチョロ。

そして公式のアドバイスページにあったとおり、それをカッターで切り抜いてみた。




この時点で、チョロの犯している重大なミスに気づいた人はパンプキンカービングのプロだろう。
自分はこの時点で「割と順調」と思っていたのだ。
最初これの5倍程度の紙いっぱいに絵を書いてしまい、明らかにカボチャに収まりきらず書き直した以外はかなり順調だった。

さて、これを彫るためにカボチャに写さなくてはいけない。
公式ではスプレーを吹きかけたりしていたが、そんなものはないので、カボチャにあててボールペンでフチをなぞった。




さて、彫る道具である。
彫刻刀は当然のように売っていなかった。
家にあるのはカッター。
そして包丁。

我が家の包丁は、引越しで北海道を離れる友達が一昨年くれた5本セットだ。
コンビニのポイントで当たったという、良いのか悪いのかわからない包丁セットで、無駄にパンきり包丁などがついている。
その中に用途が全くわからない包丁が1本あったのだ。
普段まったく使わないその包丁が、細いしギザギザしているし、なんとなくカボチャ彫りに向いている気がした。

その包丁の写真を今から撮るのが面倒だから、包丁に書いてある名前でググったら見事にみつかった。

この包丁セットなのだ。

◆中村孝明・包丁5本セット
http://www.rakuten.co.jp/get/450717/533746/450813/

まさに一番下の包丁。
・トマトナイフ・全長 222mm
やわらかい物切りに…また夏みかん、グレープフルーツ切りにも便利です。

どうやら『トマトナイフ』だったらしい。
たった今知った…。
しかし、グレープフルーツがOKなら、カボチャも問題なかろう。
結果オーライである。

こうして、カッターとトマトナイフでチョロのパンプキンカービングは始まった。
恐れていたくりぬき作業は、ヘタの部分を丸く外したら、あとはやわらかいタネを出すだけの作業で、拍子抜けするほど簡単だった。

あとは書いたボールペンに沿って彫るだけ!




フチをなぞり、それに沿って輪郭が太くなるように彫り進めたチョロは、途中で若干の違和感を感じながらも、その違和感を無視して作業を進めていた。

我が家の遮光カーテンの性能がショボいという事の暴露と共に説明すると、早くしないと外が明るくなっちゃって火を灯した写真が撮れないからだ!
(明るいところで撮影したものと、部屋を暗くして灯している写真、両方を送るのが条件のうちの1つ。)
500番以内に入りたいから、1秒でも早く完成させて写真を撮って送りたい。

坊ちゃんカボチャしかなかったとき、「小さくてお手軽っぽい」とも感じていたのだけど、それは大間違い!
小さいから全てが細かくてやりづらい…(・_・;)


彫り始めてしばらくしたところで、チョロはとうとう重大なミスに気がついた。
↑の写真をもう一度みてみてほしい。




メインの輪郭を彫って、胴体に光の通る穴をいくつかあけようとしている事がこの下書きからわかるとおもうが、このままフチを彫りきったら、胴体部分空中やん!!!
ボッカリ穴があくだけやん!

そう、この下絵は引力のある地球上では完成させることができない下絵だったのだ。
この後のチョロの奇跡のパンプキンカービング(大げさ)の様子は残念ながらお送りする事ができない。
*理由は後述。

1つだけいえるのは、最終的には1つのカボチャを彫り終えて、既に応募済み、という事だけだ。




完成したのは午前8時過ぎ。
外は完全に朝。
光の入らない廊下で無理やり撮影。
家にキャンドルがなかったので、爪楊枝に火をつけてカボチャに突っ込むという暴挙で点灯状態の撮影もクリアした。

イベント名は『2009 Pumpkin Carving Contest (Japanese)』だったので、去年は欧米のみで行われたこのイベントを日本でも受け付けるんだろうと勝手に解釈して、画像添付の他に長ったらしい意気込みまで書いてメールを送信した。

そして翌日、ドキドキしながらメールチェックをすると、返事が来ていた。
Re: 2009 Pumpkin Carving Contest (Japanese)への応募です。

Please submit photos as .rar or .zip, thank you!
訳)圧縮形式はrarかzipで送ってね、よろぴこー。

…………。
たしかに自分はlzhで送った。
しかし、別に解凍できるやろ!!
1つのソフトでlzhだってzipだって解凍できるやん!
ほんで英語かよ!
メール受け取るの日本部署ちゃうんかーーい。
しかもメアドgmail(フリメ)かよ!

この返事の1文の下には、自分が書いた必死のアピール文章が長々と引用されたままになっていて、ますます哀愁が漂った。

そしてzipで送りなおした20分後、やっと応募が受理された。
Re: 2009 Pumpkin Carving Contest (Japanese)への応募です。

Arigatou Choro! Your pumpkin is Entry #043!
訳)応募アリガト!キミのカボチャはエントリー43番だよ!

(;゜ロ゜)…。
43…。
いや、プ様もめっちゃ番号若かったって書いてたし、コメントくださったハヅキさんも、いつの応募のものだったのかはわからないけど番号が2桁だったと教えてくれてはいた。

でも、日が迫ってきているし、そろそろ殺到する頃かと思っていたんだ。
だから寝ないで彫ったのに!!!
こんな事なら翌日に普通のサイズのカボチャでやっても間に合ったんじゃ…。

失った睡眠時間を恨めしく思いながらも、500番以内はゲット!
目的は果たせたのでまずはホっとしていると、またメールが1通届いた。
Re: 2009 Pumpkin Carving Contest (Japanese)への応募です。

Sorry: Google translation:(訳:グーグル翻訳使ってるから~ゴメーンネ)

後は、コンテストを超えてくださいまで、すべての写真を表示しないでください。

自分は長ったらしいアピール文の最後に、応募したカボチャの写真をブログで公開していいかどうか質問していたのだ。

あの長ったらしいアピール文章をわざわざ翻訳にかけて、ちょっと文法おかしいながらも日本語で返事してくれたんだな、と思うと、gmailな事も圧縮形式の対応の固さも許せるというものだろう。

これに参加したブログ記事が、どうして写真がなかったりモザイクだったりするのかがこれでよくわかった。

なので自分もモザイクで。




後は発表を待つだけ!

もう間に合わないと思っている人。
今からでも500名以内には間違いなく間に合うと思います。

そして、かぼちゃランタンを作ったのは初めてだったけど、めっちゃ楽しかった!
この機会に初体験してみるの、オススメします!

ボールペンで字を書いて、火をつけた爪楊枝を中にぶっこんだカボチャを、食べる気満々でラップして冷蔵庫に入れながら、今日のチョロ・ログアウト。
PR
   
   
            
この記事にコメントする
   
name
title
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
  
          
 
無題
ごめん、画伯の画力が凄すぎて、だいたいコレかなって思うのはあるんだけど、それが正解かどうか分からないんだ…。

モザイクかかったカボチャが何かグロく見えるのは気のせい?(ノ∀`)
たるまじろ 2009/10/19(Mon)13:28:20 コメントの編集
     
              
 
無題
さすがの応募総数だけあって、なんか対応も人間の血が通ってる感じですね^^
きっと、思い出深い家具がもらえるでしょうね。
どなたかが書かれているように、変な賞をもらって家具以外が当選しなければw

その場合は、英語で頑張って交渉してくださいね~
masa 2009/10/19(Mon)13:49:25 コメントの編集
     
              
 
無題
ちょろさんの記事読んで私もやってみようとカボチャ探しに行ったけど、やっぱ大きいのは高いから150円のちっこいやつ買ってきました。

でも、めんどくてまだやってない・・・・。
まだ間に合いそうだからがんばるかな。
あし子 2009/10/19(Mon)17:50:36 コメントの編集
     
              
 
無題
勢いがないと作れないんだなって実感しつつ読みました
最後のほうで楽しかったってあったから、なんだかわたしもやりたくなりました
台所にあるかぼちゃを勝手に使ったら母上に怒られるでしょうか‥‥
あむこ 2009/10/19(Mon)19:30:49 コメントの編集
     
              
 
無題
◆たるまじさん。
天才の絵って、そういうもんですよね。
仕方ないです…。

モザイクかぼちゃがグロいって、一体何を想像したんすか!

◆masaさん
もらえる予定の家具は既に公開されているのが若干ワクワク感半減ですが、楽しみです!

なんか不安になってもう一度イベントサイトをみてみたけど、賞をもらっても先着エントリー家具は重複してもらえるはず…っ!

あ、賞とれるの前提で話してごめんなさい^^

◆あしこ
間に合う間に合う!
絶対間に合う!!!!

って、150円って安いなオイ。
しかしちっこいのは余計にムズいとあれほど言ったのに…っ!

◆あむこさん
勢い…は確かに大切ですね!
でもホント楽しいですよ~。

お母さんきっと怒りません。
だって彫っても別に食べれるし!
ちょろ 2009/10/19(Mon)20:25:20 コメントの編集
     
              
 
爪楊枝で噴いた
応募ご苦労様でした\(^o^)/

しかしくり抜いたんですね〜。カボチャの皮が光を遮ってるので、中をごりごり
して外もごりごりすると削るだけで光って絵になったんですけどね・・・。

ちなみに小さいカボチャの場合中にランプを入れづらいと思うので、後ろ半分か
1/3くらいスパッとカットしても良いと思います。
どうせ取るのは彫った正面だけだし〜。

私の所に来たメールと文面が違う辺り、テンプレートじゃなくて手書きなんですね。
いやぁ主催者様おつかれさまですって感じで(`ω´)

ちなみに私は英文と日本語両方でメール書いてJPGのまま3MBの(マテ)ファイルを
送りつけたので1回のメールのやり取りで終わりでした。

是非1位の闇王フィギュアをゲットしてくれるよう祈ってます。
私は3位の大きなかぼちゃ家具を貰いますんで^^^
Daichanpu 2009/10/20(Tue)00:30:38 コメントの編集
     
              
 
無題
3MBwwwwwwww

そう…。
表面削るだけでも光るんだって知ったのは、完成後でした…。

削るだけでいいなら、あの下絵のままでもいけたのに!!
カービングサイトの過去の作品を先にじっくりみれば、そのことに気づいたんでしょうけど、もう勢いだけで突っ走ったので「くりぬく!貫通!」しか頭にありませんでした(´∀`)

後ろをカットか…。
そんな事今の今まで思いつきもしなかった!

プ様の作品、めっちゃすごそうだったから、きっとグランプリですね!
私は3位で十分なんです^^^^
ちょろ 2009/10/20(Tue)18:13:14 コメントの編集
     
              
 
初めまして。
いつも楽しく拝見するだけでしたが、
今回の記事でわたくしも一念発起してしまいました('Д')

いくら探してもでかいかぼちゃすらなく
同じ坊ちゃんかぼちゃになりまして、
また同じく知識がなく勢いで彫りましたら
丁寧に1周彫ってしまって上下分断という憂き目にあいつつ
3パターン彫っちゃいました('∇')

まだ返事が来ず締め切り間に合うのか心配ですが
準優秀賞は【私のもの】!!!????
ふぉそ@らむー 2009/10/24(Sat)19:41:26 コメントの編集
     
              
 
連投すみませn
応募サイトちゃんと見たら
エントリーされたかぼちゃの写真が
ばっちり載っていたのですね('Д')

見ちゃった・・・おろb(ry
ふぉそ@らむー 2009/10/24(Sat)20:00:52 コメントの編集
     
              
 
カボチャコンテストお疲れ様でした!
初めまして、こんにちは。
以前からブログ拝見させて頂いてたのですが此度チョロさんのカボチャの記事を見て、触発されて私もカボチャってしまったのでコメントさせて頂きます。

公式にて発表されてましたね~!
予想以上にエントリーが多くてビックリしました。
そしてチョロさんのオロボンを真っ先に探しました(´∀`)気になっていたもので。
固い市販カボチャであそこまで彫り込めるのがすごいです…!
凶悪な目付きがたまりません(´v`)
トップ25は残念ながら逃してしまわれましたが(私のタマネギタルタルさんも…(ノ∀`))目指すは闇の王フィギュアです!よね!

乱文な上に長くなってしまって申し訳ありませんでした。
これからもコソリと応援しています。ブログ頑張って下さい~!
通りすがりのタルタル 2009/10/29(Thu)02:00:38 コメントの編集
     
              
 
無題
◆ふぉそ@らむーさん
1週間家をあけておりまして、大変お返事が遅くなってしまいました!

帰ってきたら公式に発表とかされててびっくり。
ふぉそさんも応募したんですね~。
今からじっくり探しにいきますよ!

上下分裂、やりましたか…。
あれ、パンプキンカービングの説明サイトに書いておいてほしいですよね!w

◆通りすがりのタルタルさん
カボチャりましたか~!
参加することに意義がありますからね…ね…。

久しぶりに家に帰ってメールをチェックしたら、私のカボチャがTOP25を逃したという信じられないメールがきていてびっくりしましたよ。

私がダメならどいつがOKなんじゃい!と公式を見に行って、レベルの高さに唖然としました(・_・;)
ていうか、カボチャを貫通させて彫ってる人の少なさにもびっくり。
表面を削るだけ、で十分なんですね…。

お名前がわかりませんが、タマネギタルタルということで、今から探しにいきます(´∀`)

これからもコソリとじゃなくぜひぜひコメントで突っ込みいれてください!
ちょろ 2009/10/30(Fri)19:19:48 コメントの編集
     
              
 
こ、これだったのか(;゜0゜)
見てしまった....

ttp://ffxi.allakhazam.com/wiki/09PCC_Orobon

骨じじぃ 2009/11/05(Thu)23:48:14 コメントの編集
     
              
 
無題
そうです!
今日の記事に、天才エピソード収録してます(´∀`)
ちょろ 2009/11/06(Fri)00:29:01 コメントの編集
     
            
           
  
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

FF11-漂流者
神の声
  • 第六百七十五話:書くよりログイン
    ちょろ(11/13)
  • 第六百七十五話:書くよりログイン
    どら(07/27)
  • 第六百七十四話:表示しない、という選択
    tokiwa(12/19)
  • 第六百七十四話:表示しない、という選択
    次郎(11/19)
  • 第六百七十三話:鋭利すぎる杖
    Kag(11/16)
  • 第六百七十三話:鋭利すぎる杖
    次郎(11/15)
  • 第六百七十二話:ギルドひきこもごも
    次郎(11/10)
  • 第六百七十一話:激闘!カッターズクライ
    Bafo(11/07)
  • 第六百七十一話:激闘!カッターズクライ
    白蘭(11/06)
  • 第六百七十一話:激闘!カッターズクライ
    third(11/05)
リンクについて
当Blogはリンクフリーです。

リンクしてくれた場合、報告してくれるとすごくウレシいです!
報告はコメント、非公開コメント共に大歓迎ですが、極度の照れ屋さんはメールフォームがサイドバーの一番下にあるので是非ご利用ください。
秘密の儲け話も大歓迎(*'-')

↓はバナーです。ご自由にお持ち帰りください!

チョロのヴァナ・ディール漂流記 チョロのヴァナ・ディール漂流記 チョロのヴァナ・ディール漂流記 チョロのヴァナ・ディール漂流記

Special Thanks!
ミスラ吟遊詩人日記:ヨーデル様
バナー作成有難うございました。
TBP


Powered by BlogPeople















チョロにメール
ブログ内検索
コミュニティサイトリンク
  
       
+++ Powered By 忍者ブログ +++
Copyright (C) チョロのヴァナ・ディール⇔エオルゼア漂流記 ++ Template Designed BY (C) Pavloba
+++ 忍者ブログ [PR]
 +++