忍者ブログ   
HOME ∥∥ admin
  元FF11アレクサンダー⇒シヴァで活動するLS『LittleBrownJug』所属・Choro(シヴァではChoroc)の不定期更新日記です。 2013年9月より、FF14フェンリルサーバー「ChoroCalico」でのプレイ日記になりました。
                       
   
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   
   
   
                       
   
プロマシアミッション4章開放エリア:『礼拝堂』とタブナジア地下壕クエスト『失われた料理』『神の御許に』に関する日記です。

前回熱い熱い戦いの末メンテでリベンジお預けを食らったPM『猛き者たちよ』のリベンジを行った。日程を決めて、各自前回で必要だと感じた薬品を準備した。チョロも自分の薬品を持った後のカバンの空きはオルデール鍾乳洞にこもって取ってきたモルつるで作ったハイポで埋め尽くし、準備万端でBCへ挑んだ。

前は足止めを多用した作戦だったが、今回は限界まで押せ押せのイケイケで挑んだ。そして、驚くほどのスピードで2PT両方が勝利することができたのだ!それでも準備した薬品のほとんどは使いきり、何度もピンチが訪れる熱い戦いであったのは間違いない。前回の戦いがあってこその今回の作戦だったし、とても良い思い出がまた一つ増えた。


このBCをクリアすると行けるようになるエリアがある。それが礼拝堂だ。BCを終えてからストーリーを進め、元気なメンバーは無言で礼拝堂へ向かっていた。マップもなければ次にそこで何をしたらミッションで頼まれた事をクリアする事が出来るのかもサッパリわからないまま探検である。出会う敵は全て殺しながら迷いまくりで進んでいった。

そこは切実にマップが欲しくなるダンジョンだった。本当に入り組んでいて行き止まりばかり。しかも曜日でマップが変わるらしい、なんて情報も飛び込んできて、0時近くでドアのようなモノが近くにあると「みんなドアくぐっておいて!」と分断されるのを恐れたりしていた。

一人、また一人とオネムでメンバーが消えていった。そしてとうとう敵を殲滅しながらは進めない人数になったのでスニークをかけて進んでいった。もう出口には戻れないくらい適当に進んでいくと、明らかにおかしい通路があった。ホネがズラーっと並んで見張っているのだ。


「まさか見破るとか・・・?」
「誰か試して」

Porojrがずんずん進むと、無反応。なんだ〜通れるじゃん〜!チョロも後を追って進んでいった。この頃にはPT内各自好き勝手に探索していたのでGyabanとはもう2度と会えないくらい離れてしまっていた。そしてこの通路の先にあるドアを開けてみると・・・・

タタタ、タウロs

アッと思った時にはもう誰かが絡まれていた。必死で戦ってPorojr1名の死亡で何とか勝利。後ろの見張りっぽいホネが生命感知で襲ってくるかと思ったけど、結構近いのにこなかった。よかった・・・・。そして中に入ると、間違いなく普通の敵じゃない風貌の人がいた。

P「教授だ!」

そう、まさに教壇に立つ教授のよう。めちゃくちゃ見破りそう・・・・

「見破るよね?」
「誰か試して・・・」

颯爽と近寄るBaphomet。絡まれない。

B「大丈夫ですね〜」

Keremetの攻撃⇒Porojrに○○のダメージ!

P「うそつきーーー!」
B「えーーー?!」
P「あ、違うわ。SS撮ってる間にスニ切れてたwwwwwww」
B「wwwwww」
P「この近さじゃレイズで起きても生命きついな〜。あ、でもチョロトラクタあるか」

テメェ、こっちはトラクタどころじゃねぇよーー!!!!!

PorojrがKeremetという教授に絡まれた瞬間、ドアからさっきの通路に並んでいたホネ達が教授を慕う生徒のようにワラワラワラ・・・・と飛び込んできたのだ!そして全てこちらへ向かってくる。あいつらは通路を守っているフリして教授の親衛隊だったのだ!教授にBaphometの影縫いが入るが他が多すぎてそれどころではない!

B「逃げて!デジョン!」

Choroの連続魔!
Choroはデジョンをとなえt・・・
ChoroはAzren Kuguzaに倒された・・・・。

連続魔デジョンを失敗するチョロ。カッコ悪・・・。


他の2名も逃げ切れるわけもなくそのまま全員そこで殺された。いやはや、きっとこれがミッションを進める敵のような気もするがなんというやっかいな敵なんだろう。いつか対決する日が楽しみである。

全員死ぬと教授はさっさと元の位置へ戻り、生徒達も定位置へ向かって戻っていった。

教授「はい、今日の授業は『命の大切さ』についてです」


こうしてこの日、チョロ達は礼拝堂で礼拝を終えたのだ。いつも通りめちゃくちゃ長いが、ここまでが今日の日記の前フリである。

その日チョロはいつもお気に入りで見ているとあるFFのBlog日記で見た情報を実行してみよう、と思い立ってログインした。それは・・・

・タブナジアクエストの失われた料理、は礼拝堂に行けるならソロでクリアできる。

というモノだった。なにやらそのBlogには「礼拝堂は曜日を選べば移動がスニのみでいける」という情報が書いてあった。チョロにはその意味がわからなかった。曜日によっては視覚感知の敵が出没する、という事なのかな・・・?とりあえずそのBlogで「スニのみでいける」と書いてあった曜日を選んで行ってみよう、と思ったのだ。

ちなみにこのクエストは1週間おきに受けれる複数回クエストで報酬はミラテテ様(最高1400くらいの経験値がもらえる)である。もしソロで出来るならとても気楽に週1回経験値を少し稼ぐ事が出来て素敵でしょ?

というわけで緊急時に連続魔デジョンで逃げれる赤/黒で礼拝堂へ特攻した。マップなどモチロンない!チョロが見たそのFFBlog日記からリンクしている別の日記にもこの礼拝堂ソロミラテテゲットの日記があって、そこには「手書きでもなんとなくマップがあるのは便利」と書いてあった。そしてその日記には風曜日と闇曜日のモロ手書きのマップの写真がアップしてあった。それを見習ってチョロも歩きながらマップを書いていこう、と思い立ったのだ。いわゆるマッピングというやつである!(カッコイイ)

メモを準備して雷曜日にいざ突撃!ソロでこういう探検をするなんてチョロは滅多にないので興奮しすぎて全身AFで来ていた。50制限なので当然全裸に。仕方ないのでフナ釣りでそのまま持っていたフィッシャー装備を来て歩き出す。

するといきなりステゴタウロス(インビジ見破る敵)がいる。前回探検した時にもタウロスはいたけど、うーむ・・・「移動はスニだけで行ける」というのはその曜日にはタウロスがいないんじゃなくてタウロスを華麗にスリ抜けるウォーキングは当然の技術としたものだったのか・・・。


どうしようどうしよう・・・・後ろを向いている隙に近くまでダッシュ!あ!曲がれる道がある、曲がるぅぅ!!!こうしてタウロスはなんとかクリア。だけどまっすぐ行く道はタウロスがいるから絶対ソロでは行けないなぁ・・・。

ここからは曲がり角のたびにカメラを回してタウロスチェックをしながら進んでいった。でもスニの敵しかいなかった。最初は少し歩いて分かれ道にきたら片方を選んでマップを書いていったけど、途中から怖すぎてすっかり書くのを忘れていた。それくらい敵がウジャウジャである。

適当に歩くと、前回の探検で見かけた図書室のような部屋がたくさんあってフォモルタイプの敵がわんさかいる場所についた。探検中にここで???を発見し、Baphometが調べると「タブナジアの料理書」が取れたのだ。そしてそれこそがまさに『失われた料理』のクリアアイテムなのである。最初のタウロスさえ避けれたら結構アッサリたどり着いた。これはホントソロで行ける!とニヤニヤしながらBaohometが取った場所を探すも???がない。ない!他の部屋にもない!!!

その後あちこちスニで歩いて4つの図書室を見つけたけど、全部の部屋にないないないー!スニが切れそうになるたびに心臓がバクバク。そしてとうとう教授の生徒達の通路を横目で見ながら前回行った記憶がない見慣れない場所まで来てしまった。でもその先にも図書室が2つほどあった。でもそこにも???がないない、ないよーー!

そして歩き回っている時に、Treasure Chestを発見した。LSで報告してみると、なんと一度礼拝堂へ行くとタブナジアで新しくクエが発生して、それはこの箱を開けるクエストで報酬はここの地図だと言うではないか!開けたい!開けたいがカギがない!

「後でシーフwithスケルトンキーで来るか・・・」

なんて事を考えながらクエストの???を探し続けた。そしてとうとう雷曜日が終わりそうになってきた。マップが変わる・・・どう変わるのか知らないけど変わるらしい!スニだけで移動できなくなるって別の敵が出るの?怖い、怖いーーー!

そしてダメ元で最初に調べた図書室へもう一度戻ってみると、なんとそこに???があったのだ。時間で動いているのかなぁ?絶対さっきも同じ場所を調べたはずだけどな・・と思いながらチョロはとうとう「タブナジアの料理書」をゲットした。

かなり心臓に悪いが確かにソロで出来る。これはウレシイぞー!デジョンしてから再びタブナジアの町に戻って無事クリア。ミラテテ様ゲット!暗黒騎士でそれを使用してホっと一息ついたチョロの頭によぎったのは

「あの箱あけたいな・・・地図ほしいなぁ」

という気持ちだった。あのダンジョンは切実にマップが欲しい!手書きでマッピングしたけれど、途中で興奮して書くのを忘れてしまったし、今なら適当でも図書室まで行ければ箱がある位置もわかるし、欲しいよー!

意を決したチョロはシーフに着替えて競売でスケルトンキーを3本購入。(失敗した時のため)箱を開けに行く決意を固めた。しかし・・・しかし曜日が変わっている。FFBlogに「スニだけで移動できる」と書いてある曜日ではなくなっているのだ。

ビジの敵が出ているのか・・・?マップはどう変わっているんだろう・・・?様々な疑問と恐怖があったけど、一応サポ白でインスニを出来るようにして、プリズムパウダーとサイレントオイルもバッチリ持って、最悪は絶対回避でデジョンして逃げよう、と脱出グッズも持って挑む事にした。

入り口から入ってスニをかけて、タウロスを華麗にかわして曲がり角を曲がって・・・・さっきと同じ道を進む。う〜ん、なにも変わってないなぁ。適当に歩いて図書室さえ見つけれたらあの箱まで行けそうだ!と、思ったら・・・

道がないっ!!!!!!

さっきまであった道がなくなってる。正確には道が壁になってる!別の道から進むにはタウロスを越えなくてはいけない。なるほど、「スニだけで移動できる」っていうのは「タウロスを避けれる道の先の道が開放されている」っていう意味だったのかぁ。

理解したチョロはそこから朝ごはんを食べ、曜日が変わって道が出来てから箱へ向かった。エリアにはチョロしかおらず、無事にTreasure Chestを開ける事ができた。カギはこのエリアのとてとてクラスが落とすらしい。カギを入手しなくても箱があけれるシーフ最高!ヘタレでも誘われる横ダマ時代に60まであげておいて良かった!横ダマ、今もう一度ありがとう(*´_ゝ`)

無事に町へ戻ってクエを受けるNPCに中身を渡した。この時もう一騒ぎあったのだけど、LSメンバーの軽やかなヘルプにより事なきを得た。詳細はここでは伏せておこう。クエストをやれば必ずブチあたる最後の難関である。カギを取るのも開けるのも大変な作業なので、ヒントを1つ。「箱を開けた時には座標をチェックしておきましょう」


こうしてチョロは一人大冒険の末、マップも入手し毎週ミラテテを取れる事も確定した。スニのかけなおしはドキドキだし事故死もあり得るけど、ソロで気楽に出来るのがウレシイ。

今度ミッションで礼拝堂へ行く時はみんなを引率できるかな?と楽しみにしながら今日のチョロ・ログアウト。





チョロが参考にしたBlogからのリンクの日記のマネっ子をして、途中までだけどチョロが自分の足で歩いて手書きでマッピングしたマップを公開しておきます。雷曜日の途中までのマップ。参考になれば幸いです。参考に・・・なればね・・・・(´・ω・`)
PR
   
   
            
この記事にコメントする
   
name
title
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
  
          
 
無題
マッピング俺も昔はよくやりました
FFXIでマッピングしたのは忍者AFのイフ釜、海蛇、クフタルの3箇所
ですね、当時はカギ取ってハコ開けて地図取ってって作業に一苦労する
レベルだったし何より地図書いてるの楽しかったです。
そりゃ地図開けばハコ沸く場所に印つけれるし自分がどこにいるかも
瞬時にわかっちゃう便利な地図があるし書く必要もないですけど
まさに手探りって感じがして凄く楽しかった覚えがあります。
なんつーかえーっと
良い意味でチョロさんはゲーマーだと思うって事ッス
あと俺は「え〜?」こんなヘナチョコな伸ばし方はしません!
沽券に関わるので反論  ´д`
バフォ 2005/05/12(Thu)02:39:00 コメントの編集
     
              
 
無題
マプー参考にさせてもらおうと、ココを開き、万全の体制でトツニュー('Д')b
手書きmapを確認しつつ、さぁ行くどー!と思ったらもうチンでました。
どうやらmap見てる間にコントローラ引っ掛けてたらしくて、タウロス君に
特攻していた模様。タウロス君曰く、('Д')<お前はもうチンでいりゅっ!
ですが、2度目のトツニューで成功!同じところにあった〜!カンシャー
赤の他人ですg(ry 2005/05/18(Wed)18:59:00 コメントの編集
     
              
 
無題
(;゜ロ゜)・・・・
この手書きマップが本当に人の役にたつなんて驚きと感動でいっぱいです!この手書きマップ、???がある図書室(?)まで到達してないんだけど、よくわかりましたね・・(・_・;)
ちなみに小さい点で「ステゴ」って書いてあるのがタウルスがいるとこデス・・・・。
Choro-LBJ URL 2005/05/19(Thu)01:25:00 コメントの編集
     
              
 
無題
mapを見て迷路っぽいところを抜けてプラプラしてたら箱があったんでs
ところで…
ステゴ って書いてあったんですか!
「プギュ」って何だろう…。って思ってました【ごめんなさい。】
そして「Pugyu」ってmapに書いちゃったyp
赤の他人ですg(ry 2005/05/23(Mon)10:40:00 コメントの編集
     
            
         
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
   
        
  
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

FF11-漂流者
神の声
  • 第六百七十五話:書くよりログイン
    ちょろ(11/13)
  • 第六百七十五話:書くよりログイン
    どら(07/27)
  • 第六百七十四話:表示しない、という選択
    tokiwa(12/19)
  • 第六百七十四話:表示しない、という選択
    次郎(11/19)
  • 第六百七十三話:鋭利すぎる杖
    Kag(11/16)
  • 第六百七十三話:鋭利すぎる杖
    次郎(11/15)
  • 第六百七十二話:ギルドひきこもごも
    次郎(11/10)
  • 第六百七十一話:激闘!カッターズクライ
    Bafo(11/07)
  • 第六百七十一話:激闘!カッターズクライ
    白蘭(11/06)
  • 第六百七十一話:激闘!カッターズクライ
    third(11/05)
リンクについて
当Blogはリンクフリーです。

リンクしてくれた場合、報告してくれるとすごくウレシいです!
報告はコメント、非公開コメント共に大歓迎ですが、極度の照れ屋さんはメールフォームがサイドバーの一番下にあるので是非ご利用ください。
秘密の儲け話も大歓迎(*'-')

↓はバナーです。ご自由にお持ち帰りください!

チョロのヴァナ・ディール漂流記 チョロのヴァナ・ディール漂流記 チョロのヴァナ・ディール漂流記 チョロのヴァナ・ディール漂流記

Special Thanks!
ミスラ吟遊詩人日記:ヨーデル様
バナー作成有難うございました。
TBP


Powered by BlogPeople















チョロにメール
ブログ内検索
コミュニティサイトリンク
  
       
+++ Powered By 忍者ブログ +++
Copyright (C) チョロのヴァナ・ディール⇔エオルゼア漂流記 ++ Template Designed BY (C) Pavloba
+++ 忍者ブログ [PR]
 +++