忍者ブログ   
HOME ∥∥ admin
  元FF11アレクサンダー⇒シヴァで活動するLS『LittleBrownJug』所属・Choro(シヴァではChoroc)の不定期更新日記です。 2013年9月より、FF14フェンリルサーバー「ChoroCalico」でのプレイ日記になりました。
                       
   
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   
   
   
                       
   
LBJバリスタ担当AjimaruによってLSメッセが記入された。

12/17 21:30、忘年会バリスタ開催します。60制限サポあり。ただしサポ忍は禁止。ル・ルデの庭集合。

以前やって大盛況だった箱庭バリスタ。今年の忘年会に最適。当日用事を済ませてから慌ててログインしたのは21:15。22:00箱庭占有とのことだったので慌てて準備してむかった。

チョロのジョブはシーフ。バリスタでは黒は多彩で姑息な攻撃が出来て中々面白いのだけど、ペトラを盗むのが大好きなチョロはいつもシーフで参戦。

MCのAjimaruからチーム分けのリーダーが発表された。

Chappie&ChoroチームとBibby&Porojrチームである。Ajimaruから事前に

A「個人的にタイマンで殺りたい相手はいますか?」

というアンケートがLS会話でなされたときに

C「Porojr」
「リアルでやれ・・・」

という会話をした記憶があるのでチョロとPorojrが別チームになっているのは分かるが、Bibbyとはどうして離されたんだろう。玄武相手に合計89くらいのダメージを叩き出したChoroとBibbyの最強合体技『サンダー7』が強すぎるからか?それともまさかBibbyが殺りたい相手にちょろを選んだんじゃないだろうな・・・(・_・;) あ、Chappieを選んだのか。納得。

ちょろとBibbyがランダムをして勝った方から順番にドラフト形式で人を獲得していった。

最初に選んだのは吟遊詩人のMiguel

C「リレイズで生き返ったらペトラ失わないんだぞー!ヒムヌスのすごさを思い知るがいい!HAHAHAHA!!!」

「60制限」
「ヒムヌスまだ使えないよ・・・」
C「あ・・・・・・・・・・・・」

ま、まぁいい!ヒムヌス以外でも吟遊といえばバリスタの花形ジョブ。作戦通り!

こうしてお互い選んでいったのだが、次に選ぼうとしていた人をBibbyに取られる、というのが続き、相手チームは黒2獣2がいる、という何やら凶悪なチームになってしまった。

こちらはというと回復魔法をデフォで持つのはKiryu(ナ)のみ、という超脳筋。バリスタは初めて、というHeesa(シーフで参戦)にバリスタの仕組みを軽く説明しつつ、遅刻組みを待つ間にお試しバリスタが始まった。


チョロたちはグリフィンチーム。バリスタ開始の合図と同時に南に基地を作る事にした。

さぁ!姿が消えている準備時間の間に南に移動だ!あれ・・・・・・・?あれ????

「リアリーーー!」
「お〜〜〜い!」

いきなり0になるRiarisのHP。よそ見していたのかなんなのか、準備時間が終わった瞬間周りが敵だらけだったらしい。いきなり相手にゲートブリーチの権利を与えてしまった。

バリスタの本来のゲーム形式は地中からペトラという石を掘ってそれをRookというゴールにシュートして、その数を競う、というゲームなのだけど、LBJで箱庭バリスタをするといつも様子が違ってくる。ペトラをシュートする、という目的に全く興味のない人が多々いるのだ!

とりあえず初めてバリスタをする人に掘るとペトラや薬品が掘れるという事などの基本事項を伝えて、あとは特攻!このお試しバリスタで大体みんな様子を掴んだようだった。

そして遅刻組みを入れて本戦開始!相手チームは黒が2人もいるのでたびたびどこかからスリプガが飛んでくる。でもまぁ、スリプガなんてちぃ〜っとも怖くないもんね!だって毒薬常時飲んでるし('Д')

スリプルを使えるジョブ、というのは得てして自分が寝かされる事になれていないもので、相手の黒たちはララバイで面白いように寝る。そこを上手に作戦を立ててやっつければいいのだが・・・・・

「ちょ、集まれって!」
「歌を聴けーーー!!!ヽ(`Д´)ノ」
「ララバイで止めるから影縫いでさらに足止めして一気にやっちまおう」

色々作戦を唱える者もいるのだけど、「おっけー!」と口では返事しながら脳汁を垂れ流して勝手に特攻している人のほうが圧倒的に多い。ので、しとめきれない・・・。

ちょろはというと、今日は何故かペトラの掘れる機会が多く、やたら溜め込むのだけど中々ゲートブリーチになれない、というもどかしい状況が続いていた。そんな中敵に囲まれて弱っているBibby発見!!!早速駆け寄った。

もうだめだと判断して逃げるBibby。シーフに背を向けるなんて愚か者め!!!偶然貯まっていたTPでダンシングエッジをぶちかましてまんまと殺してやった。Bibbyと出会ってから苦節3年(?)転がったBibbyの死体の真上で腹を抱えて笑ってやった。

無事にゲートブリーチになったチョロは、別の場所でTakachiをリンチしている仲間を発見。1人でタイマンではシーフは勝てないので、リンチ現場は大好き。コソっとまぎれてボコボコ殴ってその場を離れてRookを探しに行く事にした。

ボコっ!Rookどこだ?ボコツ!あ、なんかRook探すコマンドあったな。ボコッ!北のほうか〜よし、向かうか。ボコッ!

さっきからボコボコなんなの・・・・・・・・・・・・?



振 り 返 る と キ ノ コ が い た 。 (;゜ロ゜)

ずっとくっついてきて殴られていたのだ。一体だれのキノコなんだ!とんずらはリキャストがまだだし・・・キノコの強さがどんなもんか知らないけど、とりあえず仲間の所に逃げよう・・・

キノコはサイレスガスの構え。

サイレスガス、知ってるぞ。巣のレベル上げ時代には後衛に絶対にあててはいけない、と前衛たちが敵の向きに神経質になっていたあの技じゃないk・・・・・・・・・・・・

Choroはキノコに倒された・・・・。

な・・・・・・・・・・・・・・・・・っ!!!ペ、ペ、ペトラ返せーーーー!!!!!ヽ(`Д´)ノ

1人でひっそりキノコに殺されたチョロは、むなしさと悲しさと孤独感に包まれながら、この恥さらしな死に方を誰にも悟られまい、とPTには一言も発さずこっそり起き上がった・・・。

その後はペトラなんてなんぼのもんじゃい!とTPをコソコソ貯めては弱っている人に不意ダンスをぶち込みに行く、という行為で爽快感を得ていた。そうこしているうちにフとペトラの数を見てみると・・・

一桁vs50個(くらい)

すげーボロ負けしてんじゃん!!!そういえば仲間からRookの場所を尋ねる会話は一切ない。みんな脳汁出しすぎ!!!

こうしている間に1回戦が終わった。そしてさらに遅れて来た人を加えて2回戦!

今回は体力の薬と巨人の薬を掘り当ててHPが1500を超えていた。こんなHPになったことはないのでかなりホクホクで走り回っていたら・・・・

Bobu「俺のHPやべーーーーーw」

モンクのBobuが叫んでいる。見てみるとなんとHP3668。彼も巨人の薬を掘り当てた様子。ちょっとしたNMクラスのHPになっている。こりゃ削っても削っても死なないなぁ!味方でよかった・・・。そう思いながら坂をかけあがると・・・・壮絶な戦いをしているガルカ2人組がいた。

遠隔攻撃で暗黒のChappieを追い詰めているPorojr。近接ができないと辛い暗黒のChappieは逃げることに決めたようで坂を駆け上がっていた。それを容赦なく追うPorojr。そして・・・・・坂の上にいたのはBobu。ChappieとBobuはおなじチームである。リアル隣から「げ・・・・・・・・・・・」という声が漏れていた。

P「無理!!無理やって!ボブっちは無理!!!」

ボコボコボコボコ・・・・・・・・・・


モンクの壮絶な殴りと暗黒のWSであっという間にPorojr撃沈。

B「ナイス」

ガルカ2人組みは頷きあい去っていった。

Rookが見つからないままペトラを8個も溜め込み、オマケに運良くゲートブリーチになっていたチョロは必死で人ごみを避けてRookを探していた。するとどこからともなく・・・

Bibbyはバインドを唱えた。

??!!!

いきなり動けなくなるチョロ。どこからともなくBibby登場。くっそー!こうなったらタイマンしてやる!

ダメ元でスリプルボルトを撃ってみたが全然効かない。いざとなったら逃げようと思いながら抜刀。ところがストンスキンのせいで全然ダメージが通らない。

こりゃいかん・・・逃げよう・・・ずらだ。とんずらだ!あれ・・・

いつのまにかヘヴィ食らってる!チクショー!!!!

そのままBibbyに魔法と物理でなすすべもなく倒されてしまった。さっきの仕返しをしてまんまと去っていくBibby。ぐやじいぃぃぃぃー!

こうしてチョロが思い切り楽しんでいる間にも、初体験のHeesaが「これはおもろいなーw」と言いながら絶対回避を発動して魔法で殺されていたり、全然まとまらず歌をかけれないMiguelがキレていたり、誰も来そうにない洞窟の前でトイレにいって帰って来たら死んでたり、とみんな本当に楽しそうに遊んでいた。このSSの少なさが、チョロの脳汁の噴出っぷりを物語っている。

あっという間に45分が過ぎて2回戦終了。グリフィンチームはまたもやペトラの数大差でボロ負け。やっている最中はみんなペトラのことどうでもよさそうだったのに、いざ負けたエフェクトが出ると悔しさが襲ってきた様子だった。

もっとやるにはもう1度箱庭を占有しないといけない状態だったのだけど、次に占有しようとしている人が待っていたらしく、次の占有権は得る事が出来なかった。残念だったけど、みんな存分に楽しんで忘年会は大成功に終わった。主催のAjimaru、ありがとう!

脳汁が沸騰して冷めやらぬ一同はそのままハクタクツアーに向かい、LBJのトンガリーズがまた増えた。

来年も楽しいヴァナライフがおくれますように(*'-')バージョンアップでソロが辛くなった礼拝堂ミラテテ取りで新しく配置されたタウロスに苦戦しつつ、今日のチョロ・ログアウト。
PR
   
   
            
この記事にコメントする
   
name
title
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
  
          
 
無題
うちのトリュフちゃんがご迷惑かけたようでw
サイレスガス出た時には画面前でちょっと笑っちゃいました( ̄ー ̄)
Leevy URL 2005/12/22(Thu)00:59:00 コメントの編集
     
              
 
無題
お、お、オマエのかー!!!ヽ(`Д´)ノ
Choro-LBJ URL 2005/12/22(Thu)03:24:00 コメントの編集
     
              
 
無題
お 面白そう〜
時間が合えば参加したかったけどLS違うし無理だったかな
あのGの付くハゲ倒したいよーーw
あと同じ白としてガル白さんとも・・・・・やりたーーい
Cの人 2005/12/23(Fri)08:45:00 コメントの編集
     
              
 
無題
でしょでしょ!
普通のバリスタも楽しいけど、箱庭はまた別の楽しさがあるね〜!
あのガル白さんは、バリスタでは黒だけど(´∀`)んで、黒のくせになかなか死ねへんで・・・
Choro-LBJ URL 2005/12/25(Sun)03:35:00 コメントの編集
     
            
         
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
   
        
  
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

FF11-漂流者
神の声
  • 第六百七十五話:書くよりログイン
    ちょろ(11/13)
  • 第六百七十五話:書くよりログイン
    どら(07/27)
  • 第六百七十四話:表示しない、という選択
    tokiwa(12/19)
  • 第六百七十四話:表示しない、という選択
    次郎(11/19)
  • 第六百七十三話:鋭利すぎる杖
    Kag(11/16)
  • 第六百七十三話:鋭利すぎる杖
    次郎(11/15)
  • 第六百七十二話:ギルドひきこもごも
    次郎(11/10)
  • 第六百七十一話:激闘!カッターズクライ
    Bafo(11/07)
  • 第六百七十一話:激闘!カッターズクライ
    白蘭(11/06)
  • 第六百七十一話:激闘!カッターズクライ
    third(11/05)
リンクについて
当Blogはリンクフリーです。

リンクしてくれた場合、報告してくれるとすごくウレシいです!
報告はコメント、非公開コメント共に大歓迎ですが、極度の照れ屋さんはメールフォームがサイドバーの一番下にあるので是非ご利用ください。
秘密の儲け話も大歓迎(*'-')

↓はバナーです。ご自由にお持ち帰りください!

チョロのヴァナ・ディール漂流記 チョロのヴァナ・ディール漂流記 チョロのヴァナ・ディール漂流記 チョロのヴァナ・ディール漂流記

Special Thanks!
ミスラ吟遊詩人日記:ヨーデル様
バナー作成有難うございました。
TBP


Powered by BlogPeople















チョロにメール
ブログ内検索
コミュニティサイトリンク
  
       
+++ Powered By 忍者ブログ +++
Copyright (C) チョロのヴァナ・ディール⇔エオルゼア漂流記 ++ Template Designed BY (C) Pavloba
+++ 忍者ブログ [PR]
 +++