忍者ブログ   
HOME ∥∥ admin
  元FF11アレクサンダー⇒シヴァで活動するLS『LittleBrownJug』所属・Choro(シヴァではChoroc)の不定期更新日記です。 2013年9月より、FF14フェンリルサーバー「ChoroCalico」でのプレイ日記になりました。
                       
   
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   
   
   
                       
   
レイズ1の経験値バックが25%から50%になる、という超神パッチが行われた!

新しいバージョンアップがあって、まずやることといったら新エリア探索!これにつきる。

という訳で早速追加されたエリアに出向いてみるものの・・・

えと、水族館ですか?
らみあ2


という感じで謎のワープとタゲれるポイントがあるだけ・・・

敵もいなけりゃものめずらしい装置もない、という事で早々に引き上げてきた。そしてその後、レベルあげ+メリポ稼ぎ+メンバーのワープ解放も兼ねてアラパゴへ出向いた時に事件は起こった。

アラパゴといえば安全に歩こうと思えばインスニが必須のエリア。でも、十中八九「俺は行く!もう行くぞ!」と勝手に飛び出す脳筋が出るのがアラパゴなのだ。

この日アラパゴへ入ると、古鏡がやたらといた。そしてそれを守っているNMも。でも古鏡を倒してもNMはシカトだったり、そうかと思うと突然回り込んで襲ってきたり、と謎の動きを見せていた。

「あいつバイトじゃね?」
「やる気ねーなーw」


などと会話しながら歩いていて、脳筋Porojrがいつも通り絡まれて死んだ時に不意にメッセージが流れたのだ。

怪しい気配がする。

この時はこのメッセージにあまり気を止めた人はいなかった。Tokiwaが

T「怪しい気配って・・・これポロさんの事ですか!」

等と冗談ぽく言っていただけだった。

そしてその後、エリアを一気に駆け抜けようとした脳筋Batiがあっけなく死亡して大リンクになった時に再びそのメッセージが出たのだ。

その時の状況といえば、生命感知であれよあれよという間にものすごい大リンク。リレイズで起きたらさらに追加、という感じでめちゃくちゃな状態になっていた。その時誰かが見つけたのだ。

「ちょ、ラミアNo.19って誰?」
「うお・・ほんとだ、なんだこれ」


その場には元々エリアに配置されているホネ、おっさん、ラミア等の敵がリンクしていた。それらに混じって「Lamia No.19」というモンスターが現れてホネを召還していたのだ。

「誰だこれーーーー」

とみんなで叫びながらも、その他の敵も多すぎて結局全滅してNo.19は消えてしまった。

「あれはなんだったんだ・・・・?」

そう思いながら再度ワープ開放に向かって進むと、一定の条件で

あやしい気配がする

というログがでる。

一度No.19を見てしまった一同はポップ条件が気になって仕方ない!その時Aoyが公式で見かけた情報を持ってきた。

A「大規模な戦闘が行われた後、1人戦場に現れ、1体1体兵士の亡骸を杖で触っていた、って公式に書いてある〜」

Lamia No.19とは、皇国手配書にある敵であり、公式発表されているNMだったのだ。そしてアオイの言った情報をみんなで分析してみた。

「大規模な戦闘?」
「つまりリンクだよね」
「兵士の亡骸?」
「つまり死ねばいいってことだよね」
「1体1体触ったってことは・・」
「死体は複数・・?」
「なにこれ、俺らにしか沸かせられないNMってこと?w」


こうして大自殺大会が始まった。

「トキワ、ちょっと死んでみて」

躊躇なく死ぬTokiwa

「あれ、さっきアジが死んでログでたのここじゃないよね?」
「ちょっと場所悪いね」
「起きてあっちでもっかい死んで〜」
「トラクタで引けばいいでしょ!!」
「(^_^)」


エリア近くの門で死体を放置。

「NM沸かないね〜」
「じゃ、私たちあっちでレベルあげしてくるから沸いたら呼んでね^^」
「よーし、あげいくかー」
「殺す!!!!!!」


死体に「殺す」と言われてもプ〜だが、とりあえずTokiwaの死体を囲んでガヤガヤしてみるものの一向にNo.19は現れない。

「やっぱ死体1つじゃ足りないか・・・」

もう一人死んでみる。

ログでない。

「死体、足りなくね?」
「やべーリレゴル@1」
「俺もう新品なくなった・・」
「あ、待って、検証するならリレあるうちに自分死にたい」
「なにこの自発的な死亡」


こうして死体を重ねていくと5体目で

あやしい気配がする

のログが出た。

ラミア1


「死体5つが条件??」
「でもNM沸かないね」
「エリアで19番目の死で出るとか?」




色々な憶測が飛び交い、何回も死んで見て、さらに5体の死体がある状態でリンクさせてみたり、色々な検証をしてみたけど、結局No.19は現れず・・・

いたずらに1万くらい経験をロストするだけの祭りとなった。

公式の手配書をみてみると

「彼女の捕捉は至難であろうが」

という文字が。ホントに至難だわ!!

その後、

「ビシージでNo.8みたわ」
「そういえば○○でNo.18がいた」


等、ラミアのナンバー○○、の目撃情報が多発していた。その中でも公式に手配書が出ているくらいだからNo.19は特別なNMなのかなぁ?もしかしてLBJはとっても珍しいNMに出会ったのだろうか?

でも、なんとなくまたアラパゴで普通に遊んでいたら会えるような気がするのは私だけ?大体死体だらけで遊んでいるからなぁ・・・

どうでもいいけど、「経験稼ぎに行こうぜー」という呼びかけで出向いたはずなのに、レベル75がさらに遠ざかる結果となったのはなんでだ!あ、いつも通りか・・・

新しい黒の魔法、古代2まで後経験値55000!(レベル75到達まで現在@15000強+保険1万くらいは欲しい+古代2必要メリポ3万)遠いよーーーー!

赤のメリポ魔法も魅力的だし、精霊スキルやカテゴリー1もまだまだ足りてない。でもログインしてつい遊びに行っちゃう先は大体経験値が減る場所・・・いやー困った!

経験値が減る一方のライフスタイルに、どうやって経験値が増える要素を盛り込んでいこうかと思案しながら、今日のチョロ・ログアウト。
PR
   
   
            
この記事にコメントする
   
name
title
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
  
          
 
無題
はじめまして。TBPよりたどりつきました。
ラミアNo.19について興味深い内容が書かれた記事をよませていただきました。ありがとうございました。
記事にリンクさせていただきましたので、報告にあがりました。
Diudiu URL 2006/07/30(Sun)17:29:22 コメントの編集
     
              
 
はじめまして!
ブログに遊びに行かせていただきましたが、文中にリンクしてもらっちゃってて光栄です!

検証、というよりただの自殺ですが・・・(・_・;)

ありがとうございました〜!
ちょろ URL 2006/07/30(Sun)21:15:02 コメントの編集
     
            
         
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
   
        
  
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

FF11-漂流者
神の声
  • 第六百七十五話:書くよりログイン
    ちょろ(11/13)
  • 第六百七十五話:書くよりログイン
    どら(07/27)
  • 第六百七十四話:表示しない、という選択
    tokiwa(12/19)
  • 第六百七十四話:表示しない、という選択
    次郎(11/19)
  • 第六百七十三話:鋭利すぎる杖
    Kag(11/16)
  • 第六百七十三話:鋭利すぎる杖
    次郎(11/15)
  • 第六百七十二話:ギルドひきこもごも
    次郎(11/10)
  • 第六百七十一話:激闘!カッターズクライ
    Bafo(11/07)
  • 第六百七十一話:激闘!カッターズクライ
    白蘭(11/06)
  • 第六百七十一話:激闘!カッターズクライ
    third(11/05)
リンクについて
当Blogはリンクフリーです。

リンクしてくれた場合、報告してくれるとすごくウレシいです!
報告はコメント、非公開コメント共に大歓迎ですが、極度の照れ屋さんはメールフォームがサイドバーの一番下にあるので是非ご利用ください。
秘密の儲け話も大歓迎(*'-')

↓はバナーです。ご自由にお持ち帰りください!

チョロのヴァナ・ディール漂流記 チョロのヴァナ・ディール漂流記 チョロのヴァナ・ディール漂流記 チョロのヴァナ・ディール漂流記

Special Thanks!
ミスラ吟遊詩人日記:ヨーデル様
バナー作成有難うございました。
TBP


Powered by BlogPeople















チョロにメール
ブログ内検索
コミュニティサイトリンク
  
       
+++ Powered By 忍者ブログ +++
Copyright (C) チョロのヴァナ・ディール⇔エオルゼア漂流記 ++ Template Designed BY (C) Pavloba
+++ 忍者ブログ [PR]
 +++